2020年扶桑町長選挙

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


2020年扶桑町長選挙
2016年 ←
2020年4月21日 (2020-04-21)
→ 2024年

投票率 38.25%
  鯖瀬武肖像.png Gray - replace this image male.svg
候補者 鯖瀬武 千田勝隆
政党 無所属 無所属
得票数 5,656 4,984

選挙前町長

千田勝隆
無所属

選出町長

鯖瀬武
無所属

2020年扶桑町長選挙(2020ねんふそうちょうちょうせんきょ)は、日本の地方自治体である扶桑町の執行機関である扶桑町長を選出するために行われた選挙で、2020年(令和2年)4月26日に投開票[1]

概要[編集]

現職の千田勝隆の任期満了に伴う選挙。

この選挙は、改正された公職選挙法において、選挙権が20歳から18歳に引き下げられてから、初の扶桑町での町長選となる。

各候補の動き[編集]

2020年(令和2年)3月25日に扶桑町中央公民館2階講堂で開かれた立候補予定者説明会に姿を見せたのは千田勝隆の陣営のみで、この時点では選挙はなく、現職の千田が無投票当選するものとみられていた。しかし、4月2日、町長選のため扶桑町役場を3月31日付で早期退職した鯖瀬武が立候補を表明。2期目を目指す現職の千田と無所属新人の鯖瀬による一騎打ちの選挙が始まることとなった。自民党・公明党は2期目を目指す千田に推薦を出した。一方、扶桑町役場で総務部長を務めた鯖瀬は、役場での知名度は十分だったが、町全体に広く認知されている訳ではないため、立候補を表明してから投票日までの僅か24日間でどれだけ知名度を伸ばせるかが課題となった。

新型コロナウイルス感染症[編集]

鯖瀬事務所に掲げられていた新型コロナウイルス感染症対策の看板

2020年4月、日本は新型コロナウイルス感染症による所謂コロナ禍に見舞われていた。また、4月14日には扶桑町でも新型コロナウイルス感染症の感染者が発生した[2]。これにより両候補は新型コロナウイルス感染症対策に細心の注意を払いながら選挙戦を進めることとなった。人との接触を最大限抑えるため、立会演説会や決起集会は開かれず、出陣式の規模も縮小されるなど、異例の選挙戦となった。

選挙データ[編集]

  • 選挙事由:任期満了
  • 告示日:2020年4月21日

投票日[編集]

  • 2020年4月26日

選挙の争点[編集]

  • 1期4年の千田町政の是非
  • 児童館建設費用の見直し

千田が「スーパー児童館なんです」[3]と語り、2016年の初当選時からの念願であった多機能児童センター(仮称)だが、鯖瀬は建設費だけで6億円という豪華さを疑問視[4]。「削れるところは削って見直しをかけ、お母さん方、お子さん方が楽しく過ごせる、そういった児童館建設を目指してまいります」と述べ[5]、計画の見直しを示唆した。

立候補者[編集]

候補者名
(読みかた)
年齢 党派 推薦・支持 現新 肩書きと代表的経歴 公式サイト
鯖瀬武
(さばせ たけし)
59 無所属 元扶桑町役場総務部長 鯖瀬武
千田勝隆
(せんだ かつたか)
66 無所属 自民党・公明党 推薦 扶桑町長
元千田プロパン(有)代表取締役
千田勝隆

選挙結果[編集]

2020年扶桑町長選挙投票先

  鯖瀬武 (53.16%)
  千田勝隆 (46.84%)

新人・鯖瀬が現職の千田を破り、初当選を果たした[6]。投票率は38.25%で、新型コロナウイルス感染症感染拡大と、扶桑町議会議員選挙が定数を超えず無投票になったことで、前回比-17.99ポイントと大きく下回った。

開票結果は下記の通り。

※当日有権者数:28,140人 最終投票率:38.25%(前回比:-17.99%)

順位 候補者名 党派 新現元 得票数 得票率 惜敗率
1 鯖瀬武
(当選)
無所属 5,656 53.16% ----
2 千田勝隆 無所属 4,984 46.84%
投票総数 10,640 100.00%

出典[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]

スクリプトエラー: モジュール「navbox/former」はありません。


This article "2020年扶桑町長選挙" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:2020年扶桑町長選挙.