西洋介

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


日本の旗 日本の政治家
西 洋介
にし ようすけ
生年月日 (1976-05-12) 1976年5月12日(46歳)
出生地 日本の旗 鹿児島県鹿児島市
出身校 鹿児島大学卒業
現職 鹿児島市議会議員
所属政党 自由民主党
公式サイト 西洋介オフィシャルサイト

日本の旗 鹿児島市旗 鹿児島市議会議員
在任期間 2020年4月29日 - 現職
テンプレートを表示

西 洋介(にし ようすけ、1976年5月12日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の鹿児島市議会議員(1期)。

来歴[編集]

  • 鹿児島市立草牟田小学校、鹿児島市立城西中学校、鹿児島県立鶴丸高等学校、鹿児島大学法文学部卒業。
  • 鶴丸高校2年次に8.6水害を経験、3年次に発生した阪神淡路大震災を報道等で見て、その震災対策担当大臣を務めた小里貞利衆議院議員を尊敬するようになる。
  • 野村證券株式会社の勤務を経て、衆議院議員小里貞利の秘書となる。2006年に行政書士登録。小里貞利代議士の引退後に事務所を退職し、2007年の鹿児島県議会議員選挙に立候補するも落選。2011年より学校法人原田学園に勤務し、法務部長、こども事業部長などを務め、教育福祉の現場において経験を積む。
  • 2020年の鹿児島市議会議員選挙に自由民主党公認候補として立候補し、当選。

人物[編集]

  • 小学校では運動が苦手で、逆上がりができず、同級生が放課後に特訓をしてくれた。
  • 幼い頃から歴史好きであり、特に日本史が好きである。
  • 高校時代は生徒会長を務め[1]、母校の修学旅行実現に向けて活動した。
  • 中学から高校まで陸上部で駅伝をしていた。
  • 趣味はランニングと料理である。
  • 議員になる前から地域のゴミ拾いをしながら、道路や公園などを見て回っている。
  • 好きな女優は長澤まさみである。
  • 「遠くのディズニーランドやUSJより地元の公園が子どもたちの一番の遊園地だ!」と発言しているのは、自分自身が大人になるまでディズニーランドにも行ったことがなかった経験から。
  • 子どもができずに悩んでいたことがある。

政策・主張[編集]

人としての信条[編集]

  • 声を聞き、汗をかく。
  • 次世代に何を引き継げるかが大切である。
  • 寛容でありつつも,決断する勇気が重要である。
  • 科学的、統計的な根拠を大切にする。
  • 生きてるだけで丸儲け。

政治家としての信条[編集]

  • 政治の究極目標は世界平和である。
  • 個人の多様性を尊重し,寛容を重視しつつも、権利の濫用は抑制し、最大多数の最大幸福を実現するための公共の福祉との調和を基本とする。
  • 謙虚に誠実に頑張っている人たちが幸せになれる人が幸せになれる社会を実現する。
  • わが国や郷土の伝統的な文化を大切にする。
  • 教育福祉を実施し、国民の生命財産を守り、産業を奨励することが政治の根幹である。
  • 自助・互助を基本とし、無駄遣いのない政治を行う。

政策[編集]

  • 子どもたちにとってより良い社会とは何かという視点からの政策を重視する。
  • 教育福祉、危機管理、産業、観光、消防防災など各種政策分野においても、将来の担い手である子どもたちにとって良い政策は社会全体にとって有益だとのスタンス
  • 市議会での個人質疑に関しては、教育福祉分野での質疑が多い。
  • 待機児童問題や虐待防止、確保発達障害児支援などの少子化*子育て支援政策
  • いじめ防止や基礎学力向上、ICT推進など教育政策
  • 桜島の大規模噴火を想定した広域避難対策などの危機管理政策
  • 身近な公園の維持整備拡充対策など

脚注[編集]

外部リンク[編集]

  • スクリプトエラー: モジュール「Official website」はありません。


This article "西洋介" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:西洋介.