蔡英文の博士の学位をめぐる不正の疑い

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

蔡英文の博士の学位をめぐる不正の疑いとは、現在の中華民国総統蔡英文はロンドン・スクール・オブ・エコノミクス (LSE)で博士の学位を取得としていた経歴は虚偽ではないか、またそれをめぐて質問と調査に関連する問題。

概要[編集]

2019年5月以来、中華民国の大統領として再選を求めている蔡英文は、再び彼の論文について質問され、広範な疑いを引き起こしています。 5月20日に、国立台湾大学法学名誉教授である賀德芬は 、「蔡英文大統領への懇願」と題した記者会見を開き、 ロンドン経済政治学 (LSE)で蔡英文の博士論文を見つけることができないと述べました 。 8月29日、賀德芬は記者会見を再度開催し、 林環牆氏(米国ノースカロライナ州ノースカロライナ大学経済学部准教授)による独立報告書を発表し、この報告によってLSE Libraryは36年前から今まで蔡英文の博士論文を受け取ったことは一度もありません。 蔡英文は、2019年6月28日にいたって、この論文をファックスでLSEに送り返しました[1]


脚注[編集]


This article "蔡英文の博士の学位をめぐる不正の疑い" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:蔡英文の博士の学位をめぐる不正の疑い.