華道表現派

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 華道表現派(かどうひょうげんは)は華道(いけばな)の流派のひとつ。自由化を主体としている。京都市を中心に活動をおこなっている。福知山支部、北海道支部、パリ支部がある。

沿革[編集]

大正末期に江畑裕之(えばたひろゆき)が創設し、初代家元となる。江畑は形式からの自由を志向し[1]、表現派16形式を主体とした自由化を考案した。江畑に親族の後継者がなかったため、門下の榎本華峰が2代目家元を継承。華峰は1981年(昭和56年)6月に「第2回いけばな褒章」を受章した。4代目家元(当代)の小山幸容は、榎本華峰の孫である。小山は2008年5月に家元を継承、オランダ人講師からフラワーデザインを学んだ人物で、華道家としての活動のほかフラワーデザイナーとしても活動している[2]

理念と技法[編集]

既成の形式や概念にとらわれることなく、感動を素直に表現することを大切にする。「一花真情を表し 一華自然を現す」を理念としている。「表現派16形式」は自由花の形態で日本語での花形名と共にアルファベットでの表記が存在する。他に「生花」と、小山幸容が考案した「新映華」などがある。

脚注[編集]

  1. 西沢伊津子「いけばな 家元はいま13 榎本華峰」『京都新聞』2002年2月18日付朝刊7面。
  2. 「華道表現派四世 小山幸容新家元に聞く」『京都新聞』2008年6月2日付朝刊15面。

外部リンク[編集]


This article "華道表現派" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:華道表現派.