Welcome to EverybodyWiki 😃 ! Nuvola apps kgpg.png Log in or ➕👤 create an account to improve, watchlist or create an article like a 🏭 company page or a 👨👩 bio (yours ?)...

花村実葉

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

スクリプトエラー: モジュール「Message box」はありません。 花村 実葉(はなむら みは、1955年 - )は日本の小説家であり画家。本名は立本友子。鹿児島県生まれ、静岡県育ち。

東京の青山のカフェ


経歴 [編集]

幼い頃から絵を得意とする。一歳半で母が家を出て、幼稚園に上がるまでは祖父母に育てられる。父親の再婚と共に鹿児島から静岡に引越し、新しい母親が出来るがその母は小学三年生の時、病気で他界。父親は半年後に見合いで再婚し、三人目の母の下で育つ。屈折した少女時代を過ごす。商業高校を卒業し美術系短期大学を卒業してから、グラフィックデザイン・インテリアデザインなどの仕事に携わる。

24歳で結婚し、普通に子育てをして男の子二人を育てる。子供の頃から作文が苦手だったが、43歳の時に大学の社会人聴講生となり、論文を書いたのがキッカケで文章に目覚める。2005年5月に「フーコー短編集・下」に収められた短編「不思議な鏡(正・続)」が書籍になった最初の小説。静岡県から49歳で上京し、シナリオセンターにてシナリオの勉強、小説講座にて、小説の書き方を学び、後に小説「仮想の楽園」を2009年に自費出版する。その3年前2006年、「仮想の楽園」を執筆中に夫が他界。小説「仮想の楽園」は”環境問題を社会に知ってもらうために書いた”と本人は語っている。2006年から楽天ブログを始め、2007年からブログにて即興で読み切りの物語を書くことを思いつき書き始める。初期に書いていた即興小説の、”蝶々が大陸を旅する物語”は「ことばの無い国」として31話を27話にまとめ、電子書籍として英語版「A Butterfly's Journey in a Wordless Country」として2014年に出版。日本語版「ことばの無い国」を2015年に出版。その後、「猫屋太郎店」を電子書籍で出版。ペンネームは現在は花村実葉としているが、単行本の小説「仮想の楽園」の頃は花村美葉をペンネームにしていた。

小説[編集]

  • 2005年05月 「不思議な鏡、続・不思議な鏡」(フーコー短編集 下)星雲社(発売)
  • 2009年05月 「仮想の楽園」」星雲社(発売)
  • 2014年11月 「A Butterfly's Journey in a Wordless Country」TOMOTOMOSHA(Kindle ダイレクト・パブリッシング)
  • 2015年11月 「ことばの無い国」TOMOTOMOSHA(Kindle ダイレクト・パブリッシング)
  • 2015年05月 「猫屋太郎店」(Kindle ダイレクト・パブリッシング)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]


This article "花村実葉" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:花村実葉.