種村匠刀

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 種村 匠刀(たねむら しょうとう、1947年 - )は、玄武館世界忍法武芸連盟(げんぶかんにんぽうぶげいれんめい)を創設した古武道家。

相伝[編集]

略歴・人物[編集]

1947年、埼玉県松伏町に生まれる。法政大学法律学科卒業、元警視庁警察学校教官。 9歳の時より、小野派一刀流の父親種村貞恒及び岳父山崎覚之助並びに多くの宗家・師範に就いて武道の修行を積み、22歳で免許皆伝。現在までに20数流派の古武道の免許皆伝を受け、宗家又は師家となる。 古武道としての忍法を集大成し、真の武道芸術としての忍法武芸を教導する組織として「玄武館世界忍法武芸連盟」を組織した。また古武道としての古流柔術を集大成し、真の古伝柔術を教導する組織として「国際柔術連盟」を組織し、かつ日本の伝統文化である古流武術を保存・発展・育成する機関として 「日本古武道世界連盟」を組織した。夫々の会長・宗家・宗師・館長として国内外に数多くの門人と支部道場を有する。

著作物[編集]

外部リンク[編集]


This article "種村匠刀" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:種村匠刀.