田島英三

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


田島英三
生誕 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
死没 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
墓地 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
市民権 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 原子物理学
放射線影響学
原子力安全学
研究機関 理化学研究所
エンリコ・フェルミ研究所
立教大学
原子放射線の影響に関する国連科学委員会
原子力安全委員会
日米原爆線量再評価検討委員会
国際放射線防護委員会
原子力安全研究協会
出身校 東京文理科大学
博士課程
指導教員
東京教育大学
影響を
受けた人物
仁科芳雄
三木武夫
主な受賞歴 旭日重光章
配偶者 あり
子供 2
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

田島 英三(たじま えいぞう、1913年(大正2年) 4月28日 - 1998年(平成10年) 10月10日)は、日本の物理学者。日本における「放射線影響」の概念の普及に貢献した。

人物[編集]

理化学研究所で仁科芳雄に師事。原子物理学の専門家として、第二次世界大戦時に理化学研究所でニ号研究の一環としてウランの基礎データに関する研究を行った。空襲による理研被災後は島田にある海軍技術研究所の分室でマグネトロンの研究を行った。学術研究会議による「原子爆弾災害調査特別委員会」の一員として広島原爆[1]と長崎原爆の被災直後の被災地を調査した。GHQの命令により理化学研究所のサイクロトロンは撤去されたが、その際にGHQの要請でその切断の順序の指示を行った。

終戦直後に、大学の先輩でフランスのキュリー研究所に留学していた湯浅年子の忠告でアメリカでの研究を決めた。エンリコ・フェルミ研究所ではシンクロ・サイクロトロンの建設の真空部門を担当した。敗戦後、GHQ科学顧問のH.C.ケリーから仁科芳雄に渡されたアメリカの原爆研究に関する資料「スマイス報告書」の共同翻訳を1950年岩波書店から出版した[2][3]

ビキニ事件をうけて設置された日米放射能会議[4]と日本学術会議の「放射線影響調査特別委員会」に参加した。日本が国連に加盟する前に国連の科学委員会に所属した。1959年、日本放射線影響学会の立ち上げの発起人に加わった[5]。1963年、アメリカの原子力潜水艦日本寄港に反対する日本学術会議の勧告を支持する声明に名を連ねた[6]

この間に原子力委員会の専門部会に多く参加し[7]、東海村地区の原子力施設立地に関して、放射能の異常大量放出を想定した施設設計を勧告した。原子力委員会委員として、原子力政策の安全政策を中心的に議論する「安全会議」の設置を提案したが、後に委員を辞任した[要出典]

1974年に全国漁業協同組合連合会からの要請で原子力船むつの放射線漏れの調査・説明を行った。この事件をうけて1975年原子力行政懇談会という諮問機関が設置され、これに参加し、中間報告書と最終答申を三木首相に提出した[8]

新設された原子力安全委員会委員としてアメリカ合衆国原子力規制委員会などを表敬訪問を行った。米国科学アカデミーにフレデリック・ザイツを委員長とする線量再評価委員会が設置された。これに協力する形で日本にも「原爆による線量の評価検討委員会」が設置され、その委員長に就任した。両委員会は共同ワークショップを開催し、『日米原爆線量再評価検討委員会報告書』を発表して[9]従来のT65Dにかえて新しい計算方法DS86[10]の有効性を確認した。これを受け、放影研や国連科学委員会がやり直した解析結果を次々に発表した[11]。また、「訪ソ原子力安全調査団」の団長としてチェルノブイリ原子力発電所事故の最初期の現地調査を行った。

著書[編集]

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

脚注[編集]

出典[編集]

  1. 廃虚にフィルムを回す ―原爆被災記録映画の軌跡 廃虚の街に入る”. 広島平和記念資料館. 2020年10月10日閲覧。
  2. 原子爆弾の完成 : スマイス報告”. 国立国会図書館. 2021年3月25日閲覧。
  3. 原子爆彈の完成 : スマイス報告”. 横浜国立大学. 2021年3月25日閲覧。
  4. 三宅泰雄, 田島英三「日米放射能会議」『RADIOISOTOPES』第3巻第2号、日本アイソトープ協会、1954年、 8-18頁、 doi:10.3769/radioisotopes.3.2_8モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISSN 0033-8303モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。NAID 130004381305
  5. 歴代役員一覧”. 日本放射線影響学会. 2020年10月11日閲覧。
  6. ヒロシマの記録1963 3月”. 中日新聞ヒロシマ平和メディアセンター. 2020年11月2日閲覧。
  7. 放射能対策本部について”. 国立国会図書館. 2020年10月12日閲覧。
  8. 原子力行政体制の改革、強化に関する意見”. 原子力委員会. 2020年10月13日閲覧。
  9. 広島および長崎における原子爆弾 放射線の日米共同再評価(DS86)”. 日米共同研究機関 公益財団法人放射線影響研究所. 2020年10月13日閲覧。
  10. 1986年線量推定方式(DS86)”. 日米共同研究機関 公益財団法人放射線影響研究所. 2020年10月12日閲覧。
  11. 田島英三「日米原爆線量再評価検討委員会報告書について」『日本原子力学会誌』第29巻第8号、日本原子力学会、1987年、 690-701頁、 doi:10.3327/jaesj.29.690モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISSN 0004-7120モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。NAID 1300039097512020年11月11日閲覧。

参考文献[編集]

  • 田島英三 (1995). ある原子物理学者の生涯. 東京: 新人物往来社. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 4-404-02208-5 

関連項目[編集]

  • サイクロトロン
  • 日本の原子爆弾開発
  • 日本の原子力政策
  • 国際原子力機関
  • エンリコ・フェルミ
  • ロルフ・マキシミリアン・シーベルト


Lua エラー モジュール:Authority_control 内、423 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)


This article "田島英三" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:田島英三.