鈴木麻理子

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索
日本の旗 日本の政治家
鈴木 麻理子
すずき まりこ
生年月日 1984年10月??
出生地 日本の旗 日本東京都町田市
出身校 アイダホ大学
前職 経営コンサルタント
現職 次世代独立国際研究所主宰
所属政党 自由党
公式サイト 鈴木まりこ 何度でもやり直せる社会の実現!
テンプレートを表示

鈴木 麻理子(すずき まりこ、1984年10月 - )は、日本の政治家。選挙では、名前を平仮名にした「鈴木まりこ」表記を用いる。次世代独立国際研究所主宰。自由党衆議院京都府第5区総支部長。京都府舞鶴市在住。

略歴[編集]

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found [1][2][3]

  • 1984年10月に東京都町田市生まれ。
  • 1985年5月 生後7ヶ月で父の仕事先であるロサンゼルスへ渡る。
  • 1989年 帰国。
  • 1991年4月 東京都武蔵野市立大野田小学校。
  • 1995年9月 カナダブリティッシュコロンビア州サレーに転居。公立ジェッシー・リー・エレメンタリースクール入学。その後、公立レイ・シェパード・エレメンタリースクールへ転校。
  • 1997年4月 セミアムセカンダリスクール(中学校)入学。
  • 2000年3月 カナダから東京都町田市立金井中学校に編入後卒業。
  • 2003年3月 東京都立国際高等学校国際学科卒業。
  • 2003年8月 アメリカアイダホ州モスコーのアイダホ大学入学。
  • 2006年12月 アイダホ大学卒業。
  • 2007年 株式会社GABAに入社。
  • 2009年 家族の介護の問題のため株式会社GABAを退職。派遣社員、契約社員として勤務する。
  • 2015年 コンサルタントとして独立。成功に近づく習慣化のバイブル、7つの習慣と大原式メソッド[4]を用いて、私生活からビジネスまで幅広い分野でコンサルをしている。
  • 2016年 第24回参議院議員通常選挙東京選挙区において日本のこころを大切にする党(当時)より公認され立候補[5]するも落選[6]
  • 2016年7月 東京都知事選で日本のこころを大切にする党推薦の増田寛也候補を支持できず、無所属の小池百合子候補を支持した結果、党より離党勧告を受け離党。
  • 2017年5月 自由党の小沢一郎代表に直訴して入党し、次期衆議院議員選挙で公認候補予定者として自由党衆議院京都府第5区総支部長に就任[7]
  • 2017年10月 第48回衆議院議員総選挙京都府第5区より立候補するも落選[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]


This article "鈴木麻理子" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:鈴木麻理子.