Welcome to EverybodyWiki ! Nuvola apps kgpg.png Log in or create an account to improve, watchlist or create an article like a company page or a bio (yours ?)...

田中智大 (研究者)

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

スクリプトエラー: モジュール「Message box」はありません。

田中 智大
人物情報
生誕 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
死没 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都大学工学部地球工学科卒業
同大学院工学研究科修士課程社会基盤工学専攻
同大学大学院工学研究科博士後期課程社会基盤工学専攻
学問
活動地域 京都大学
研究分野 水工水理学
都市基盤エンジニアリングの研究
博士課程
指導教員
市川温
学位 助教
学会 土木学会
水文・水資源学会
日本計算工学会
主な受賞歴 土木学会論文奨励賞[1]
「降雨の時空間分布の違いが浸水被害額に与える影響の分析」(共作 水文・水資源学会、2015年度 研究発表会 優秀ポスター賞(金賞))
「京都市周辺域の浸水被害確率マップの作成」(共作 水文・ 水資源学会、2016年度研究発表会優秀ポスター賞(金賞))
テンプレートを表示

田中 智大(たなか ともひろ、1989年 - )は、日本の研究者。専門は水工水理学。京都大学助教[2]。都市基盤エンジニアリング論[3]。河川砂防技術研究者。河川による浸水被害防御の研究。

経歴・人物[編集]

大分県生まれ[4]。高田中学校を経て、福岡県豊前市立角田中学校卒業。2008年福岡県立京都高等学校卒業。2012年京都大学工学部地球工学科を卒業し、同年、同大学院工学研究科修士課程社会基盤工学専攻、同大学院工学研究科博士後期課程社会基盤工学専攻。同大学助教。同大学地球環境学堂情報セキュリティ委員会委員である[5]。水利環境工学研究室所属。京都大学にて水理実験講義を担当。

研究・発表[編集]

2015年、河川砂防技術研究開発・市川温京都大学大学院工学研究科社会基盤工学専攻准教授代表、田中智大、萬和明にて、〈京都市周辺域の浸水被害確率マップの推定〉について研究発表[6]

論文[編集]

  • 「降雨継続時間に応じた総降雨量の条件付き確率分布関数による総合確率法の改良」(共著 土木学会論文集、2015年)
  • 「気候変動による淀川流域における洪水リスク評価の取組みについて」(共著 日本気象学会2015年度秋季大会、2015年)
  • 「福島県口太川流域における放射性物質の移行のモデル化と再現について」(共著 土木学会論文集、2013年)
  • 「最大クラス台風を想定した淀川流域における洪水流出シミュレーション」(共著 土木学会論文集、2016年)
  • 「地表水流れの数値解析技術に関する分野横断的視点から見た特徴と最前線」(共著 水文・水資源学会誌、2017年)
  • 「ローカルスケールの気候変動影響評価に向けたJRA-55降水量に対する統計的補正手法の検討」(共著 土木学会論文集、2017年)
  • 「最前線の水文・水資源学 ~WACCA世代の挑戦~」(共著 水文・水資源学会誌31(6)    2018年)
  • 「浸水被害確率マップ作成手法の開発と宅地かさ上げによる便益評価への応用」(共著 土木学会論文集, B1(水工学)74(4) I_1477-I_1482   2018年)

出典[編集]

脚注・ヘルプ[編集]

外部リンク[編集]


This article "田中智大 (研究者)" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:田中智大 (研究者).


Farm-Fresh comment add.png You have to Sign in or create an account to comment this article !<comment-streams/>