Welcome to EverybodyWiki 😃 ! Nuvola apps kgpg.png Log in or ➕👤 create an account to improve, watchlist or create an article like a 🏭 company page or a 👨👩 bio (yours ?)...

渡邊智之

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

スクリプトエラー: モジュール「Message box」はありません。

わたなべともゆき
渡邊智之
生誕 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
失踪 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
死没 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
墓地 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
職業 スマートアグリエバンジェリスト
代表作 「スマート農業のすすめ~次世代農業人【スマートファーマー】の心得~」

渡邊智之(わたなべともゆき)は、農林水産業を情報技術で“かっこよくて”、“稼げて”、“感動のある”「新 3K 農業」を提唱している人物。

昨今、日本の農業には、就農者の高齢化や後継者不足などさまざまな問題が山積している。このような課題を打開すべく注目を集めているのが、ICTやIoTを活用したスマート農業である。

同氏はスマートアグリエバンジェリストとして、農業コンサルタントをはじめ(情報システム部門が存在しない組織が大部分を占める一次産業分野におけるITをツールとした課題解決、顧客の真のニーズ・ウォンツの抽出からワークスタイル提案、データ分析までの一貫した経営の意思決定支援)、さまざまな講演活動や記事執筆にて、スマート農業の普及・発展、またスマートファーマーの育成に尽力している。

来歴[編集]

2008 年、宮崎県の都城市で農業法人を営んでいる有限会社新福青果(設立:1987 年6 月(1995 年農業生産法人))の新福秀秋代表取締役社長(当時)と出会う。もともと民間企業に勤めていた新福氏は、もっと効率的に農業ができないかと試行錯誤を繰り返していた。

富士通株式会社で新規事業創造にかかわっていた渡邊智之氏は、この課題をICTの力で解決すべく、何度も新福氏のもとを訪れ、農業に関する課題をヒアリングする。

しかし、最先端のICT で何ができるかについて不明な農家の方に意見を求めても真の答えを得られることはなかった。そこで、なにが農業にとって必要なのかを自身で身を持って学ぶため、実際に農業現場に飛び込み農業体験をとおして農業、農家の課題を学ぶ。

所属・肩書[編集]

一般社団法人日本農業情報システム協会(JAISA)代表理事、スマートアグリコンサルタンツ合同会社(SAC) 代表/CEO、総務省 地域情報化アドバイザー[1]

経歴[編集]

1993年大手IT企業に入社。宅内交換機、宅内電話機の開発に従事、その後事業企画部門へ異動し、医療・動物医療・農業に関するイノベーション創造に深く関与。主に各種センサーによる生育関連データ蓄積及び作業記録アプリ等、「スマート農業」関連ソリューションの開発を主導。その際、自分自身が農業現場の実情を知る必要があると考え、実際に農業法人に飛び込み農業を学んだ。

2012年から2015年まで農林水産省で「スマート農業」推進担当として政府の「スマート農業」関連戦略策定や現場の普及促進に努める。その経験から慶應義塾大学SFC研究所の研究員として「スマート農業」関連の研究にも関わり、農林水産省や自治体の「スマート農業」に関する会議にも有識者や座長としても参画している。

2014年、ICTやIoT、AIなど「スマート農業」の利活用促進、次世代農業人材の育成を目的とした業界団体、日本農業情報システム協会(略称JAISA)を設立し、代表理事に就任(2019年一般社団法人化)。

2018年、スマートアグリコンサルタンツ設立、代表/CEOに就任。

受賞歴[編集]

  • 2008年 Interop Tokyo 2008 Best of Show Awardグランプリ
  • 2015年 リンクドオープンデータチャレンジ2014アイデア部門 優秀賞
  • 農林水産省 優秀職員賞
  • 朝活勉強会【霞が関ばたけ】アワード
  • 2016年 リンクドオープンデータチャレンジ2015 LOD推進賞
  • 2017年 RESASアプリコンテスト「ソフトバンク・テクノロジー賞」
  • 2018年 大地の力コンペ 「未来農業シーズ賞」
  • 2019年 大地の力コンペ 「未来農業シーズ賞」

アグリデータ・サイエンティストとは[編集]

農業生産を最適化するために必要なデータの分析を実行し、意思決定者をサポートする職務またはそれを行う人のことです。

統計解析やITのスキルに加えて、ビジネスや生産知識など幅広い知識が求められます。

求められるスキル

アグリデータサイエンティストには、大別して・データサイエンス力・データエンジニアリング力・農業知識の3つが求められる。

  • データサイエンス力:情報処理、人工知能、統計学などの情報科学系に知恵を理解し、使う力
  • データエンジニアリング力:データサイエンスを意味のある形に使えるようにし、実装、運用できるようにする力
  • 農業生産知識:農作物の生産、品質管理する知識

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. AGRI, SMART. “渡邊智之 | 農業とITの未来メディア「SMART AGRI(スマートアグリ)」” (日本語). SMART AGRI(スマートアグリ). 2020年6月30日閲覧。

著作・執筆活動[編集]

  • 『スマート農業のすすめ~次世代農業人(スマートファーマー)の心得~』(2018年、産業開発機構)
  • 『渡邊智之のスマート農業コラム』(SMART AGRI:連載中)
  • 『スマート農業バイブル~「見える化」で切り拓く経営&育成改革』,巻頭言を執筆(2017 年5、産業開発機構)
  • 『日本の未来100 年年表』,農業の未来の章「スマート農業」を執筆( 2017 年、洋泉社)
  • 『“人工知能”の導入による生産性、効率性の向上、新製品開発への活用』第17章 人工知能の農業への活用を執筆(2018 年、技術情報協会)
  • 『スマート農業バイブル PartII―「データドリブン」で日本の農業を魅力あるものに』,巻頭言を執筆(2018 年、産業開発機構)
  • 『人と仕事の未来2019-2028』アグリカルチャの章を執筆(2018 年、日経BP 総研 ビジョナリー経営ラボ)
  • 『スマート農業360』創刊企画、巻頭言を執筆(2019、産業開発機構)

外部リンク[編集]


This article "渡邊智之" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:渡邊智之.

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。