Welcome to EverybodyWiki 😃 ! Nuvola apps kgpg.png Log in or ➕👤 create an account to improve, watchlist or create an article like a 🏭 company page or a 👨👩 bio (yours ?)...

スマートファーマー

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

スマートファーマーとは[編集]

スマートファーマーとは、渡邊智之氏の造語であり、“かっこよくて”、“稼げて”、“感動のある”「新3K 農業」を実現する次世代農業生産者のことである。

スマートファーマーに必要な知識として、生産、経営、 ICT 、データ分析スキルなどがあげられる。これらのスキルを活用することで、自身の組織の状況を改善し、効率化や高付加価値化を図ることができる。

スマートファーマーの条件[編集]

  1. 気候や土壌や作物の状態と市況を意識するだけではなく、顧客との契約納期を必ず守る。
  2. 病気や害虫の発生のリスクにもいち早く対応し、歩留まりの向上、生産ロスを減らす努力をしている。
  3. センサー等から蓄積されたさまざまなデータを分析し、自身ならではの生産方法を裏付け、生育手法の明文化(マニュアル)をすることで、各種リスクを回避した採算性の良い農業を実現している。
  4. コスト意識を常に持ち、生産期間中に積み上がるコストを日々管理し、なんらかのミスや事故によりコストが跳ね上がる事があってもスピーディーにリカバリを行い、リスクを最低限に抑えることができる。
  5. 多くの従業員を雇うことにより、地方で雇用を生んで地域活性化・地方創生に貢献している。心身に障害を抱えている方も多く採用し、ロボットなどを活用することで健常者と同じ以上の作業効率で仕事ができる職場を作りあげる努力をしている。
  6. 地域で取れた農業生産物は、その地域でなるべく消費できるような工夫をし、それと並行して、遠方からの観光客を呼び込むような工夫をしている。
  7. 未来の日本の人々のことも考え、最大限環境に配慮した農業を実施している。

スマートファーマーの課題[編集]

現在の農業生産は100人いれば100通りの農業といわれるほど、多様な生産方式が取られている。ある1人の農業者向けに作ったソリューションは、別な農業者には全く当てはまらないということが多々発生してしまう。

それぞれの生産方式に適した仕組みを開発する事は、ICTソリューションを開発する企業にとって、高いハードルとなっている。また、スマートファーマーには生産知識以外に経営、 ICT 、データ分析スキルが求められ、多様な知識を有する人材の不足も懸念されている。

「スマートファーマー」の育成[編集]

農業高等学校や大学の農学部、農業大学校では、農業生産物の生産にかかわることや農学の専門的な知識は学んでも、経営に関するカリキュラムは充分とはいえない状況にある。その結果、いざ就農してみると、多くのことを学ばなければならない必要性を知ることとなる。

その中でも農業大学校は、比較的就農を意識した学びになっているとはいえ、実際のカリキュラムは従来型の農業に就くことを前提に進められており、近年増えつつある大規模で従業員を雇うような農業など、様々な社会情勢を反映した教えになっていないのが実情である。

今後、農業生産者の大幅減により大規模化が進む農業経営組織には、生産技術だけではなく、経営やマーケティング、その他起業に必要なスキルとICT および各種データ分析といったスキルも身につけた次世代の農業生産者(スマートファーマー)が必要となる。


出典・参考文献[編集]



This article "スマートファーマー" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:スマートファーマー.