東海道型放送

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 東海道型放送(とうかいどうがたほうそう)とは、日本の鉄道駅で使用されている、自動放送のタイプ(声)の一つについて、鉄道ファンが使用する通称である。

主に、CTCが導入されている路線で使用されている。

解説[編集]

かつて、東日本旅客鉄道東海道本線で多く使用されていたことからこの名がつけられたものの、ATOSなど他の放送タイプに置き換えられ、現在では首都圏の一部駅・路線を余り除き聞かれなくなった。西日本旅客鉄道でも盛んに使われていたが、SUNTRAS放送とよばれる独自システム導入により、西日本からはほぼ無くなった。なお声優は変わっていない(一部区間のみ) 2022年現在、装置の老朽化による旭型・巌根型などへの置き換えが進み、使用駅は大幅に減少している。 担当アナウンサーは男声が村山明、女声がよしいけいこ。東北地方から近畿地方までの非常に広い範囲で使用されている。

ATOSの放送に比べ、接近メロディのバリエーションが富んでいて、不自然な発音・表現の少なさからか鉄道ファンの間では人気がある。

主な使用箇所[編集]

  • 東日本旅客鉄道
    • 相模線
    • 成田空港駅
    • 空港第2ビル駅
  • 西日本旅客鉄道
    • 東海道本線・山陽本線

脚注[編集]

<!=- ==外部リンク== -->


This article "東海道型放送" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:東海道型放送.