握手 (井上ひさし)

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found握手』(あくしゅ)は井上ひさしの小説である。作者である井上の実体験が元になっていると言われているが、証明されていない。また、短編小説集「ナイン」の中のひとつで、光村図書の『中3国語』に収録されている。

あらすじ[編集]

物語は東京の上野にある西洋料理店(精養軒)で、主人公である「わたし」がかつての恩師である「ルロイ修道士」と待ち合わせるところから始まる。「わたし」は中学3年の秋から高校卒業までの間、ルロイが園長を務める児童養護施設で過ごしていた。ルロイは故郷であるカナダへ帰国する前に、かつての教え子たちに挨拶をして回っているという。

ルロイはかつて施設の子供たちの間で、「握手をすると二、三日は鉛筆も握れなくなる」と恐れられるほどの力強い握手をすることで知られていたが、久々の再会で差し出された握手には既にその力強さはなかった。

ルロイはかつての園児たちの近況を語り、「わたし」に対してかつて平手打ちしたことを謝罪した。「わたし」は高校2年の冬、園長から配給された靴下や下着を闇市に売り、園内の鶏舎にいたニワトリを勝手に売りさばくなどして工面した費用で、仙台にあった施設から無断で抜け出して、東京で映画鑑賞と観劇をし、施設に帰ったところでルロイの平手打ちを食らっていた。

「わたし」は、ルロイが自身の注文したプレーンオムレツに対し切る動作をするだけで、全く口にしようとしないところを見て、この挨拶回りが死期を悟ったルロイの「この世のいとまごい」であると気付く。

案の定、ルロイ修道士は仙台の修道院でこの世を去った。葬式で「わたし」はルロイ修道士の体が腫瘍の巣になっていたことを知り、無意識にルロイの癖であった指言葉をしてしまう。それは「お前は悪い子だ」を意味する指言葉だった。

登場人物[編集]

わたし
「わたし」とは作者井上ひさし本人である。実際、作者である井上は養護施設の天使園光が丘天使園(現在のラ・サール・ホーム)に入園した記録がある。小説の中でわたしは映画を見に行ったと言う事が記されていたが、これも本当に作者である井上の経験談だったと言う。
ルロイ修道士
「ルロイ修道士」にはモデルがおり、ジュール園長と呼ばれる。小説の中では歓迎の印として握手をしていたが実際のジュール園長は顔の髭をゴシゴシして歓迎しており、ヒゲ地獄と呼ばれていた。ジュール園長は教え子たちが園や寮を卒業してからも交流をもった。殆どの教え子の結婚式に出席し、新居を訪ねる事もあった。また、教え子たちも園長を訪ね、奥さんや子供達を紹介した。小説では仙台の修道院で亡くなったと書いてあるが実際のジュール園長は地元のカナダで亡くなった。
上川 一雄(かみかわ かずお)
ある春の朝に天使園の正門の前に捨てられていた歴史を持つ。今は市営バスの運転手でルロイ修道士への感謝の気持ちか停留所でもないのに天使園の正門前にバスを止める男性。
監督官
大日本帝国憲法を話してルロイ修道士の左の人差し指を木槌で叩き潰した。

背景[編集]

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 時代背景は小説の途中で「大日本帝国の七曜表は月月火水木金金」と記され、ルロイ修道士との会話で戦争が始まって日本で仕方なく過ごしたと言うことも記されている。よって第二次世界大戦後と言える。また、決定的な証拠として最初に「第二次世界大戦直前の昭和十五年の春」と書いてあるため前の記述は第二次世界大戦後の会話と考えられる。

時間は始まりの食事する時は朝、または夜と推測される。理由は最初に「店の中は気の毒になるくらい空いている」と記述されているため、昼はないと思われる。

日時は月曜日であり、最初に上野動物園がお休みと書かれている。上野動物園の月曜日は休日である。

最初と最後の一節に「葉桜が終わる頃」と書いてあるため季節は春の終わり頃である。

指言葉の意味[編集]

「握手」には色々な指言葉が登場する。その一覧である。

  • 「右の人差し指をぴんと立てた。指の先は天井を指してぶるぶる細かく震えている。」
    • 意味は「こら」「よく聞きなさい」
  • 「わたしは右の親指をぴんと立てた」
    • 意味は「わかった」「よし」「最高だ」
  • 「両手の人差し指をせわしく交差させ、打ち付けている姿」
    • 意味は「お前は悪い子だ」
  • 「右の人指し指に中指をからめて掲げた」
    • 意味は「幸運を祈る」「しっかりおやり」

べからず集[編集]

  • べからず集とは作中で生徒たちが注意事項を書いたものである。
    • ルロイ修道士は生徒たちに恐れられていた、握手をすると支障が出るだの、喋らないとルロイ修道士が怖くなるだの、注意事項が沢山載っている。これは生徒たちがルロイ修道士に腰を引いているのだろう。しかし、それは裏の顔であって、実際の表の顔はルロイ修道士の事を愛しているのだ。自分を捨てた家族よりも、ルロイ修道士が好きだった。表では仲良く遊んだり、映画を見たり楽しい人生を過ごした。悲しい時や泣きたい時はルロイ修道士と一緒に泣いた。嬉しいときはルロイ修道士と一緒に笑った。嬉しい顔や悲しい顔は必ずするのに怒った顔は絶対にしない。しかし平手打ちが待っている。しかしそれが良いのかもしれない、ルロイ修道士が怒ると生徒は表の顔が裏の顔に変わるが、ルロイ修道士が楽しんだり嬉しかったりすると生徒は当たり前のように表の顔を続けるのだ。
  1. 朝のうちに弁当を使うべからず。
    • 見つかると、次の日の弁当がもらえなくなるから
  2. 朝晩の食事は静かに食うべからず。
    • ルロイ先生は、園児が賑やかに食事しているのを見るのが好きだから
  3. 洗濯場の手伝いは断るべからず。
    • 洗濯場主任のマイケル先生は気前がいいから、きっとバター付きパンをくれるぞ。
  4. "ルロイ先生とうっかり握手をすべからず。"
    • 二、三日鉛筆が握れなくなってもしらないよ。

べからず集は子供の考え出したものであるため、たいしたものではないが、皆(井上ひさしを含める天使園の生徒たち)を守ってきた。

主人公である「わたし」はこの注意事項を無視して平手打ちをされた。しかしそれは愛がこもった平手打ちだと考えられる。実際のルロイ修道士が本当に平手打ちをする人かはわからないが、たとえしていたとしてもそれは愛がある証拠だと思われる。        

なお、マイケル先生の詳細は不明。

用語[編集]

指言葉
ルロイ修道士が発言以外で会話するための指で使う言葉(種類の説明は#指言葉の意味を参照)
浅草
東京にある観光地、江戸からの歴史がある。
有楽町
東京にある地名
天使園
わたし(井上ひさし)がいた養護施設

参考文献[編集]

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

  • ナイン
  • 井上ひさし「握手」『国語3』村上豊 絵、光村図書出版、2019年2月5日(原著2016年2月)。全国書誌番号:モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。22769080モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-4-89528-779-1モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。NCID BB21031273モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。OCLC 948970776。ASIN 4895287793

外部リンク[編集]


This article "握手 (井上ひさし)" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:握手 (井上ひさし).