巨乳悪戯

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

巨乳悪戯
ジャンル 成人漫画
漫画
作者 板場広し
出版社 ジーオーティー
巻数 単行本 全1巻
話数 全13話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

巨乳悪戯』(きょにゅういたずら)は、板場広しによる日本の漫画短編集。2014年12月12日に単行本が発売された。

愛され妻[編集]

ストーリー[編集]

登場人物[編集]

桜井姫奈
女課長。
桜井英一郎
姫奈の夫。主夫をしている。
桜井真斗
姫奈と英一郎の息子。

勝ち気な社長は実はM…!?[編集]

ストーリー[編集]

登場人物[編集]

進藤

玄関開けたら2分で親子丼[編集]

ストーリー[編集]

登場人物[編集]

ママとクリスマス[編集]

ストーリー[編集]

登場人物[編集]

義姉の胸[編集]

ストーリー[編集]

登場人物[編集]

ある専業主婦におこったこと・・・[編集]

ストーリー[編集]

登場人物[編集]

不満だらけの奥さん[編集]

ストーリー[編集]

登場人物[編集]

ナイ職[編集]

ストーリー[編集]

登場人物[編集]

サービス満点CMMドットコム[編集]

ストーリー[編集]

登場人物[編集]

チーフは不機嫌[編集]

ストーリー[編集]

矢作は普通にシフトに入ったにも関わらず、チーフの古谷から「5分前には入りなさい!」と怒られていた。とりあえずは同僚のおかげで、やりすごすことが出来たものの、怒らせてしまったということで矢作はビクビクし、同僚に相談するが、同僚からは「優しいし、気が利く」という評価を聞き、現に客の前で仕事をしている古谷は非常に愛想がよく、部下が事情から休憩の時間をずらしてほしいという都合にもちゃんと合わせて良好な人間関係を築いていたが、それだけに矢作は自分に何故あそこまで当たってくるのかと悩んでしまう。先ほどの休憩の都合から、古谷は休憩室に入るが、そこには同じく休憩していた矢作がいた。矢作は気まずさから出ていこうとするが「出ていく必要はないでしょう」と古谷に止められて、とりあえずその場に居座るものの、話すことがなく非常に気まずくなってしまう。そこで矢作から話しかけようとするが、矢作はあまりの気まずさと緊張から「チーフはおっぱいが大きいですね」と完全にセクハラ発言をしてしまい、矢作もまずいとは思いながらも「実物はどうなっているんですか?」とさらに話を続けてしまうが、古谷のほうも気まずさを感じて話を取り繕うと思っていたのか「だったら見てみる?」と話に乗り、古谷は制服のボタンを外し、ブラジャー姿を見せるものの、冷静になった矢作から「やっぱりいいです」と言われる。しかし、「自分から見たいといったのでしょう」とムキになった古谷はそのまま矢作に近づき、誘惑し、胸に関する感想を求める。矢作は適当な誉め言葉で場を収めようとしたが「それでは評価にならない」と言って触るように促し、矢作は古谷の両胸を思いきり揉む。矢作は後に引けなくなった感じになりながらも揉み続けながら、古谷のブラジャーをずらして乳首を出現させる、古谷に「何カップあるんですか?」と次第に興味を持ち、古谷も恥ずかしいと思いながらも質問に答えるなどで乗り気になりながらも、互いに引けないといわんばかりに挑発的な言動で主導権を握らせないようにするが、矢作は古谷の左胸にしゃぶりつき、古谷も声をあげてしまう。古谷は突如の責めに下手に出てしまいながらも「だれがそこまでしていいって言ったの?」と矢作に言い、矢作も気まずさを感じたが、古谷は大人の余裕をアピールするために「まっ、いいけど」と言ってしまい、それを「胸を吸われるのが好きだから許したのかな?」と解釈した矢作は、また古谷の左胸を吸い、しかも最初のときよりも強く吸った。あまりにも成すがままにされた古谷は「ここまでされたらチーフとしての立場と威厳がなくなる」と思い、今度は自分が仕返しで辱めてやるとも考え、矢作のペニスを取り出し、シックスナインで間近で見る態勢をとる。古谷は矢作のペニスを間近で見たことで興奮しながらフェラをしたものの、逆に古谷の股間を間近でみた矢作も興奮してクンニをし、古谷は驚きながらも、気持ちよさから怒らず、そして二人は絶頂を迎える。矢作はやり終えたと思い、冷静になり、仕事に戻ろうとするが古谷は「ここまできたら、もっとやろう」と促し、これを聞いた矢作もその気になり、古谷とキスをしながら挿入をし、有頂天になり、主導権を握ったと思った矢作は前から古谷の大きい胸が気になっていたことを告白し、古谷の両乳首をしゃぶりながら、「それを謝ってください」と言い、真に受けた古谷は本当に謝ってしまう。矢作は古谷の立場を尊重しながらも「今回だけですよ」と優位に立ちながらキスをし、古谷も「中に出して」と懇願して、二人は性も根も尽き果てる。実は今回の事は二人の仲を良くなるようにと同僚たちが計画したものであり、休憩室から出てきた二人が赤面していたのを見て、失敗したかと思っていたが、実際には大成功であった。矢作も陰謀であったことがわかったものの、同僚からチーフとどうなったかと聞かれたさいには「やはりチーフはおっぱいが大きいです」と言い、同僚たちは「それはみんなしっている」と呆れて、このエピソードの話は終わる。

登場人物[編集]

矢作
ファミレスで働く青年。
古谷あゆみ
矢作が勤務しているファミレスの女性チーフ。長髪で額の上を真ん中で分けた髪型の美人でJカップはあると自負する巨乳。

オナニー少女盗撮される[編集]

ストーリー[編集]

登場人物[編集]

学校の猥談[編集]

ストーリー[編集]

登場人物[編集]

イベント前夜[編集]

ストーリー[編集]

登場人物[編集]

書誌情報[編集]

  • 板場広志 『巨乳悪戯』 ジーオーティー、全1巻、2014年12月12日発売 ISBN 978-4-86084-937-5

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

外部リンク[編集]


This article "巨乳悪戯" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:巨乳悪戯.