Welcome to EverybodyWiki 😃 ! Nuvola apps kgpg.png Log in or ➕👤 create an account to improve, watchlist or create an article like a 🏭 company page or a 👨👩 bio (yours ?)...

大西恒樹

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


スクリプトエラー: モジュール「Message box」はありません。 大西 恒樹(おおにし つねき、1964年2月29日)は日本の政治家、思想家。政治団体フェア党代表。

来歴[編集]

東京都荒川区南千住出身、私立巣鴨学園中学、高校を経て上智大学外国語学部英語学科に入学。在学中に米国シアトル大学へ政治力学専攻で留学。

1986年、大学卒業後、JPモルガン銀行(現JPモルガン・チェース)銀行入行。資金部為替ディーラー。

1991年バンカース・トラスト銀行(現ドイツ銀行)に入行。

1996年株式会社インフォマニア設立、同代表取締役。

2004年、横浜市青葉区にナポリピッツァの店「ピッツェリア・マルターノ」をオープン。約1年半ほど自らピッツァを焼いていた。

2011年政治団体設立後、団体名をフェア党に改称、同代表。


活動[編集]

国政選挙[編集]

2017年第48回衆議院選挙に神奈川8区から出馬。5518票で落選。

2019年第25回参議院選挙にれいわ新選組公認として比例区で出馬。山本太郎、蓮池透に次ぐ19,842票で落選。

2021年第49回衆議院選挙に神奈川4区から立候補表明

命の選別発言と除名[編集]

2020年7月3日に自身のYouTubeチャンネルでのライブ配信[1]での「命の選別」発言が問題となり、7月16日にれいわ新選組から除名処分を受けた。

党内から障害者に対する優生思想の持ち主と糾弾されたが、障害者に対する発言は一言も行っていない。動画の発言の主旨は、新型コロナに対する政策やその他の政策において、高齢者の命を守るために若者たちの時間と労力をどこまで費やせばいいのか冷静な議論と選択が必要というものだったが、「選別」という言葉を使ったため、各方面から批判を浴びた。

7月17日に開いた自身の会見で謝罪を撤回、改めて主旨説明を行った[2]

主張[編集]

借金でお金を発行する信用創造が世界の問題の根源であると主張し、誰の借金でもないお金を政府が発行する「政府通貨」(政府紙幣)の発行を主張。[3]


日本経済の停滞の最大の原因は1985年のプラザ合意以降の失策にあると主張。[4]


インフラは本来民営化すべきではなく、再公営化を主張する。[5]


消費税はゼロが当たり前とする。[6]


著書では土地の公有化も具体的に主張している。[7]


著書[編集]

  • 『希望~日本から世界を変えよう』自費出版 2013
  • 『私が総理大臣ならこうする』白順社 2018


脚注[編集]

  1. 「正しさ依存症」とそれを生み出す教育について(Live配信2020/7/3)-YouTube
  2. 大西つねき記者会見中継(Live配信2020/7/17)-YouTube
  3. 大西つねき「私が総理大臣ならこうする」(白順社)P90
  4. 大西つねき「私が総理大臣ならこうする」(白順社)P32
  5. 大西つねき「私が総理大臣ならこうする」(白順社)P126
  6. 大西つねき「私が総理大臣ならこうする」(白順社)P132
  7. 大西つねき「私が総理大臣ならこうする」(白順社)P173


外部リンク[編集]


This article "大西恒樹" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:大西恒樹.

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。