Welcome to EverybodyWiki 😃 ! Nuvola apps kgpg.png Log in or ➕👤 create an account to improve, watchlist or create an article like a 🏭 company page or a 👨👩 bio (yours ?)...

加納陽之助

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

日本の旗 日本の政治家
加納 陽之助
かのう ようのすけ
生年月日 (1980-07-19) 1980年7月19日(41歳)
出生地 日本の旗 兵庫県
出身校 東京大学工学部卒業
麻布中学校・高等学校卒業
前職 国家公務員(国土交通省)
所属政党 自由民主党
親族 竹本直一(義父・元内閣府特命担当大臣)
公式サイト 加納陽之助(かのう ようのすけ)公式サイト
テンプレートを表示

加納 陽之助(かのう ようのすけ、1980年〈昭和55年〉7月19日 - )は、日本の政治活動家、元国土交通省官僚。自由民主党所属。 。


吉田松陰の妹文と小田村伊之助(楫取素彦)の来孫[1][2]

来歴[編集]

兵庫県姫路市生まれ[1]。東京大学工学部卒業後、国土交通省へ入省[1]。国土交通省では、都市、鉄道、道路、不動産市場、復興の分野で国の基盤となる制度作りやプロジェクトに携わる。在任期間中、東日本大震災宮城県対策本部、近畿運輸局のほか、奈良県に出向。

東日本大震災宮城県対策本部では、震災発生直後にヘリで仙台に向かい、運輸部門の担当として、余震が続く中、応急対応、復旧に取り組む。

近畿運輸局では、鉄道プロジェクトの形成や交通弱者対策に現場で取り組む。

奈良県では、都市部・山間部のまちづくりプロジェクトやスマート技術の地域への導入に取り組む。在任期間中、近鉄のホールディングス化、大阪市交通局の民営化、なにわ筋線、大阪モノレール、北大阪急行延伸、府内の各コミュニティバスなど多くの大阪のプロジェクトに携わる[1]

2021年、第49回衆議院選選挙が迫る中、大阪15区の自民党地域支部から出馬要請を受ける。大阪15区は義父の竹本直一が現職(当時)であったが、高齢批判のなか、地元の一部は竹本の勇退と世代交代を望んでいた。勇退の進言にかかわらず、竹本は出馬に意欲を見せていたため、加納は国土交通省を退職し退路を断って義父の説得にあたり、最終的に竹本は加納の熱意と前代未聞の親子対決を避けることを理由に引退を表明する[3][4]。竹本引退後の公認候補者に関しては、世襲への批判もあり、自民党大阪府連は通常の選考委員による選定ではなく、異例の選挙区内の党員投票で公正に決定することとし、党員投票の結果、加納が多数票を獲得して自民党公認候補者となった[5]。 キャッチフレーズは”まちづくりのプロフェッショナル”。

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • 選挙区

外部リンク[編集]

Lua エラー モジュール:Authority_control 内、423 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)


This article "加納陽之助" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:加納陽之助.