墨田区女子中学生暴行事件

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 墨田区女子中学生暴行事件(すみだくじょしちゅうがくせいぼうこうじけん)とは、2008年6月に発生した東京都墨田区の高校に通う男子生徒が主犯格となり、同区に住む女子中学生に対し、暴行などのいじめを加えた事件である。

概要[編集]

男子生徒は下校途中に被害者の女子中学生とぶつかって鞄を水たまりに落としたことに激怒し、女子中学生の首を掴んで人目のつかない裏露地に移動させると、鞄で思い切り女子生徒を殴った。それでも怒りが収まらなかった男子生徒は、その日野球部の先輩から預かっていた金属バットで激しい暴行を加え、金属バットを現場に捨てその場を去った。事件を報じた週刊新潮の記事によれば、男子生徒がバットを現場に残したのは先輩に罪をなすりつける意図があったという。

女子生徒は頬骨や肋骨など10本以上の骨を骨折した。男子生徒は事件の翌日退学処分となった。夕刊フジによれば、男子生徒は少年院へと送られたというが、詳細は後はっきりしていない。

事件後の経緯[編集]

被害者の女子生徒は事件の2日後に遺書を書いて自殺した。女子生徒の両親によれば、加害者の父親は「うちの息子に手を出したらただでは済まんぞ」「原因を作ったのはあんたらの娘だ」と恫喝しており、これも自殺の一因になったと話している。

出典[編集]

  • 週刊新潮
  • 夕刊フジ
  • 朝日放送「ムーブ!」(バットを用いた少年犯罪の例として取り上げられた)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

  • 少年犯罪
  • 児童虐待
  • 性的虐待
  • 性的いじめ


This article "墨田区女子中学生暴行事件" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:墨田区女子中学生暴行事件.