国際女性少女愛協会

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

国際女性少女愛協会(The International Female Girllovers Collective、略称IFgLC)は、女性による少女愛を肯定する女性少女愛運動の団体。

2001年に設立された。年少の少女を愛するレズビアン女性の団体で、拠点はヨーロッパ、おそらくオランダ。主催者・会員数などは不明。公式サイトは、バタフライ・キッス(外部リンク参照)。

運動の目的は自由意志にもとづく(成人)女性と少女の間の恋愛を社会的・法律的に承認させることで、その目標のために、女性・少女間恋愛への理解と援助を打ち立てること、世論への啓蒙、同性愛やフェミニズムなどの解放運動との協力、性的偏見や抑圧からの個人の解放へのサポートを行うとしている。さらに、児童の社会的・経済的・政治的権力の強化や自由意志によるパートナー選択権の尊重を主張し、法的には性交同意年齢への反対などの立場をとる。この活動の源流は様々で、その一部にレズビアン運動やフェミニズムも含む。

女性少女愛(female girllove)は肯定的な言い方で、女性児童性愛(female pedophilia),レズビアン児童性愛(lesbian pedophilia)などと呼ばれる事もあり、キリスト教根本主義、キリスト教右派などの宗教保守派から激しい攻撃を浴びている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

スクリプトエラー: モジュール「navbox/former」はありません。


This article "国際女性少女愛協会" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:国際女性少女愛協会.