女性少女愛運動

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 女性少女愛運動(じょせいしょうじょあいうんどう)は、女性による少女愛(female girllove) を肯定的に訴え、社会的承認を求める運動。主にヨーロッパに存在する。女性少女愛はこの場合、成人女性と未成年少女との恋愛を指す。少女愛レズビアン、レズビアン児童性愛、女性ペドフィリアという呼称も。

歴史[編集]

この「運動」の発端は60年代の性革命にある。これによって家父長制からの子供の開放、性的統制からの子供の解放、子供の社会的・経済的権力の増大が強調された。なかでも子供の性的自由は、性革命の重要な要素であった。

1970年に『性の政治学』を発表してフェミニズム(ラディカル・フェミニズム)の思想的パイオニアとなったケイト・ミレットも、搾取ならざる世代間恋愛の存在に肯定的であった。ミレットはこの問題がいつのまにか男性主導の「成人男性が子供とセックスする権利」にすり替わっていることを批判し、女性の世代間恋愛に注意を向けた。そして子供の解放は、子供の権利の問題であって、子供への性的アクセスの権利ではないと言っている。

宣言[編集]

これらの先駆者によって女性少女愛という存在が意味を持たされているものの、運動といえるほどはっきりとした思想の形を宣言したのは、80年代末のアナキズム系フェミニストによってである。80年代ドイツにはいくつもの都市に「解放区」が存在したが、そのなかでもベルリンを拠点に、様々な世代の女性・少女たちが形成する「カナルラッテと自称したグループのアナキズム系コンミューンが、子供の権利を強く主張した。この子供の権利には、大人との恋愛の自由が含まれる。そして1989年「ドブネズミ宣言」を出して、児童性愛の正当性と権利を訴えた。

児童性愛者の人権宣言とも言える「ドブネズミ宣言」は、以下のようなもの。

「女性児童性愛とは、少女と成人女性の間の、性的満足を含む自由意志による恋愛である。それは他者に対する支配の形式ではない。なぜならそれは、子供を支配し所有する必要などない生の形式だからである」
…「強姦する父」を攻撃するだけでなく、母親的権力と子供の家庭への囲い込みを批判しなければ家父長制を批判したことにはならない。児童性愛は、母性だけが子供と生きる唯一の許された形であるという事態を防ぐ、われわれにとってただひとつの手段である。
「子供の開放なくして女性の解放はない。満足のいくセクシュアリティは、レズビアンと子供のセクシュアリティという抑圧されたテーマを論じることなしには、そしてまた肉体領域、セクシュアリティ、精神的愛情の境界、性的なものと非性的なもの、年齢差、労働といった境界を廃止することなしに、達成されることはない」。
…虐待された児童に対する、パターナリスティックで権威的な「保護」政策や、児童相談所・施設・精神療法・刑務所でのセクシュアリティ禁止政策は批判されるべきである。保護施設の指導者たちや他のフェミニストによる、モラル強要は拒否される。子供のセクショアリティについて、子供に必ずノーといわせる教育や、その種の児童政策は、大人や国家の防衛にすぎない。
「…「渓流」(被虐待少女保護施設)の運営女性たち、「エマ」(有名なラディカル・フェミニスト系雑誌)のジャーナリストやほかの活動家が、同意にもとづく関係と強制にもとづく関係を一緒くたにしてしまうことによって、われわれは犠牲者になっている。」
「われわれをコントロールしようという教育者による援助など要らない。そうではなく、われわれはただ子供たちと共に生きたいのである。」

これにたいし、フェミニストで、家庭内虐待の研究者(「強姦する父」の著作が有名)、そしてドイツ・レズビアン週間の主催者のひとり、バルバラ・カーフェマンは「何がここではラディカルなのか?レズビアンと児童性愛」を書いて反論し、大人と子供の対等な関係は不可能であるとして、彼女らを拒否した。同時にレズビアン週間と活動から「ファシスト・レズビアンとドブネズミ・グループは排除される」という決定がなされている。すでに児童性愛への社会的圧力と嫌悪は非常に激しく、彼女たちはフェミニズムやレズビアンの世界でもほぼ完全に排斥された異端者にとどまった。その後に開かれたレズビアン集団の連帯運動でも、児童性愛を掲げるグループはたいてい排除されている。

協会[編集]

フェミニズム系の運動とは直接の関係はないが、2001年にはヨーロッパ(オランダ)を拠点に国際女性少女愛協会が設立され、成人・少女間恋愛のサポートや、子供の権力強化(エンパワメント)、自由意思にもとづく世代間恋愛の自由、フェミニズムやゲイ運動との協力を訴えている。2005年現在ネット上の会員サイト「バタフライ・キッス」を運営して活動を続けている。そのサイトでは、会員による少女愛の体験や、少女愛に関わる政治や思想や文学についての議論が中心になっている。

関連項目[編集]

関連文献[編集]

  • KAVEMANN, Barbara : Was heisst hier radikal? - Die Lesben und die Pädophilie, in:Blattgold, 3/1989

外部リンク[編集]

その他、類似の運動のリンクとして、

  • ASFAR子供の権利と自由のための団体。性交同意年齢の廃止。性に関する説明なき同意と理解に基づく同意の区別。
  • The Cool Page For Queer Teensクイア(同性愛や性同一障害など)のティーンのためのサイト。

スクリプトエラー: モジュール「navbox/former」はありません。


This article "女性少女愛運動" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:女性少女愛運動.