マリオ・マルセル・クジェル

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索



マリオ・マルセル・クジェル
Mario Marcel Cullell
Ministro de Hacienda Mario Marcel Cullell (2022).jpg
2022年のマリオ・マルセル・クジェル
生年月日 (1959-10-22) 1959年10月22日(62歳)
出身校 チリ大学、ケンブリッジ大学
配偶者 Melania Albornoz Castillo
テンプレートを表示

マリオ・マルセル・クジェルMario Marcel Cullell,サンティアゴ、 1959年10月22日) [1]は、チリの経済学者、商業エンジニア、学術関係者。。 2022年3月11日より、ガブリエル・ボリッチ政権下で同国の財務大臣を務めている。

以前は、2016年12月から2022年1月までチリ中央銀行総裁を務めていました。社会党(PS)を自認しているが、社会党に登録したことはない。 [2] [3]中道左派のConcertación de Partidos por la Democracia(1990-2010)政権の側近で、リカルド・ラゴス大統領政権では予算局長(Dipres)を務め、構造黒字ルールの設計に重要な役割を果たす。 [4]

幼少期[編集]

1959年、Mario Marcel AhumadaとNuria Cullell Camarosの子としてサンティアゴ・デ・チレで生まれる。首都にある国立ホセ・ミゲル・カレラ総合学院で初等・中等教育を受けていた。 [5]その後、チリ大学で商業工学を学び(1977〜1981年)、クラスで一番優秀な学生として卒業した。 [6]その後、経済学の修士課程で学び[7]、その後、英国ケンブリッジ大学で同分野の博士号を取得したが、取得には至らなかった。 [2] [8]

家族で初めて大卒の学位を取得した。1937年9月18日、母親と祖父母がスペイン内戦から逃れて船でチリに到着した。両親は、経済的に家計を助けるために、勉強することをあきらめざるを得なかった。1970年代初め、父親が小さな電気器具の会社を始めた。 [6]

1979年、大学在学中にシンクタンク「シープラン」に助手として入社した。その後、研究助手、研究員、主任研究員と進化していった。 [9]

Pamela Melania Albornoz Castilloと再婚し、1男1女をもうけている。他に前妻との間に3人の子供がいる。 [10]

公的活動[編集]

アイルウィン、フライ両政権(1990〜2000年)[編集]

1990年3月にパトリシオ・アイルウィンが共和国大統領に就任し、アレハンドロ・フォックスレイが大蔵省に着任すると、マクロ経済と社会計画のアドバイザーとして政府に加わり、後に予算担当副局長に就任した。 [9]

1994年、Eduardo Frei Ruiz-Tagleの就任に伴い、公共経営近代化省庁間委員会の事務局長に任命された。 [11] [9] 1996年末、かねてから親交のあったホセ・パブロ・アレジャーノが教育大臣に就任したのを機に、予算局(Dipres)の局長代理に就任した。10月から12月にかけて、予算法の成立を主導し、政府と国民議会との間の予算協定の第一議定書を推進し、その後の公共部門経営管理システムの基礎を築いたのであった。 [12]

1997年から2000年まで米州開発銀行(IDB)のチリ担当エグゼクティブ・ディレクター。米国では、1980年代前半に社会主義経済人連合で共に活動したニコラス・エイサギーレ(当時IMF)と親交を深めた。 [12]ここで、米州防衛大学フォート・レズリーに留学していたミシェル・バチェレとも親密になった。 [6] [Nota 1]この間、IDB予算委員会の議長を務め、IDB初の制度的戦略の策定を主導した。

ラゴスとバチェレの政府(2000-2010)[編集]

2000年、新大統領のリカルド・ラゴスによって予算局長に任命され、ニコラス・エイサギーレ財務大臣が財務大臣に就任した。 [9]就任前に長期財政指標の算出方法に関する研究を行うなど、GDP1%構造黒字ルールのイデオロギーの一人としてシンガロングされている。 [6]このルールは、景気循環が税収に与える影響を調整した上で、長期的に安定した歳入と考えられるものを支出するために、2001年から適用されています。 [13]在任中は、財政政策、政府の資産・負債管理、予算制度、公共管理などの分野で大幅な改革を推進しました。 [8]

2006年1月、社会党のミシェル・バチェレ氏が大統領に勝利した後、財務大臣の有力候補に挙がっていたにもかかわらず、任命されることはなかった。しかし、当時の次期大統領は、バチェレ政権の主要政策の一つである地方年金制度の改革を検討する委員会の長に彼を任命した。マルセル委員会」の提言は、2008年に成立した年金改革の礎を築いた。 [14] [15] [16]この仕事を終えた後、コンサルタントとして仕事に復帰した。 [17]

2006年から2008年まで、Cieplan社上級研究員、チリ大学講師、Transelec社およびAguas Metropolitanas社取締役、国際コンサルタントとして、メキシコ、エルサルバドル、ベトナムで活動した経験を持つ。 [要出典]

国際的な仕事[編集]

マIMF専務理事クリスティーヌ・ラガルドとのマルセル(2018年)。

2008年には、米国ワシントンDCでIDBの制度的能力・財務部門の責任者に就任し、この間、世銀の承認案件の3分の1以上を占めるに至ったプロジェクトを指揮した。 [18]

2011年初めには、経済協力開発機構(OECD)のガバナンス・地域開発担当副所長として、フランスのパリに赴任した。その際、先進国の財政再建政策の監視に積極的に関与し、OECDの制度信頼性アジェンダを立ち上げた。[19] 2014年、世界銀行に入社し、グローバル・ガバナンス・プラクティスのディレクターとして、世界銀行のすべての国事務所に駐在し、900人以上の専門家を抱えるチームを率いている。 [20]

2016年10月25日、ミシェル・バチェレ大統領は、ロドリゴ・バルデス財務大臣を伴って、彼を中央銀行の新総裁に任命し、12月10日に就任することを発表した。

中央銀行[編集]

2017年、ジャネット・イエレンとマルセル。

2015年8月24日、バチェレにより上院に提案され、10月1日付でエンリケ・マーシャルの後任としてチリ中央銀行理事に就任した。 [21]上院では、31票の賛成票を獲得し、否決や棄権はなく、全会一致で指名が批准されました。 [22]

2016年10月25日、ミシェル・バチェレ大統領から中央銀行総裁に任命され、12月11日、ロドリゴ・ベルガラが5年間のチリ中央銀行の指揮を終えた後、その職に就任した。 [23]

チリの発行機関は、2018年から2022年の5年間の戦略計画を実施し、その中で、金融政策会合での市場への情報提供頻度の変更(年間12回から8回へ)や、金融政策(Ipom)と金融安定(IEF)の報告書を上院財政委員会への提示を待たずに日本銀行ウェブサイトを通じて公開することなどが盛り込まれています。 [24] [25]また、意思決定の合理化、プロセスの最適化、および機関の持続可能性への寄与を目的として、経営機構とプロセスの一連の変更を実施しました。 [26]

2021年12月に中央銀行のトップとして最長5年の任期を終え、その実績が認められ、同年10月にセバスティアン・ピニェラ大統領から2026年までの2期目が批准されました。[27]

財務大臣[編集]

しかし、2022年1月21日、当時のガブリエル・ボリック次期大統領から財務大臣に任命され、同年3月11日にボリック政権が正式に発足した。 [28]

賞と表彰[編集]

  • "ガバナー・オブ・ザ・イヤー"、期間は2020年7月から2021年7月まで。出版社LatinFinanceから表彰された。[29] [30] [31]
  • ラテンアメリカ、2020年の中央銀行総裁。GlobalMarkets誌より表彰された。 [32]
  • 2017年のエコノミスト。エル・メルクリオの「経済とビジネス」部門から授与される賞。 [2][33]
  • エコノミスト・オブ・ザ・イヤー2017 El Mercurio紙の "Economía y Negocios "セクションで表彰された。 [34] [35]
  • チリ経済ビジネス大学経済学部のCircleofHonorの2009年からのメンバー。 [36]
  • 2009年よりチリ大学経済・経営学部の名誉会員。 [37]
  • 開発結果の管理における世界的リーダー、MfDRソースブック、世界銀行、2009年。 [38]
  • チリ大学商業工学部卒業(1977-1981年)、最優秀学生。 [39]

作品紹介[編集]

著者および共著者として90を超える長い論文を発表している。これらは、以下の通りです。

中央銀行[編集]

財政政策[編集]

その他の研究[編集]

備考[編集]

  1. Marcel había trabajado con Michelle Bachelet cuando ésta era asesora del subsecretario de Salud y él trabajaba en la Dirección de Presupuestos.

参考文献[編集]

  1. Registro Civil. Nro. inscripción: 2.731 Año: 1959
  2. 2.0 2.1 2.2 Carlos Agurto L. (2017年12月31日). “Mario Marcel es escogido por sus pares como el economista del año 2017”. Economiaynegocios.cl. 2018年1月2日閲覧。
  3. “Mario Marcel:«Siempre me pareció que esa euforia sobre chile era un poco exagerada»”. Revista El Capital. (14 de abril de 2016). http://www.capital.cl/poder/2016/04/14/140418-mario-marcel-siempre-me-parecio-que-esa-euforia-sobre-chile-era-un-poco-exagerada 2016年12月22日閲覧。 
  4. “Mario Marcel: El economista cercano al gobierno que asume como presidente del Banco Central”. La Tercera. (2016年10月25日). http://www.latercera.com/noticia/mario-marcel-economista-cercano-al-gobierno-asume-presidente-del-banco-central/ 2016年12月22日閲覧。 
  5. “El nuevo viaje de estudios de Mario Marcel”. Qué Pasa. Santiago. (2016年10月14日). p. 8. http://www.quepasa.cl/articulo/ojos-de-la-llave/2016/10/el-nuevo-viaje-de-estudios-de-mario-marcel.shtml/ 2016年12月21日閲覧。 
  6. 6.0 6.1 6.2 6.3 “Mario Marcel: El “niño mateo” de las platas públicas”. Revista Cosas (Santiago): 32. (3 de febrero de 2006). http://cosas.com/mario-marcel-el-nino-mateo-de-las-platas-publicas/ 22 de diciembre de 2016閲覧。. 
  7. Banco Central”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  8. 8.0 8.1 Bibliografía de Mario Marcel en el Banco Central de Chile”. 2018年10月16日閲覧。
  9. 9.0 9.1 9.2 9.3 “Marcel antes del Central”. La Tercera. (30 de octubre de 2016). http://diario.latercera.com/2016/10/30/01/contenido/negocios/27-225994-9-marcel-antes-del--central.shtml 22 de diciembre de 2016閲覧。 
  10. Nogales, David (2022年1月26日). ““Super Mario” Marcel, el hombre más influyente de la economía local y favorito del mercado que será el encargado del Ministerio de Hacienda en la era Boric”. La Tercera. 2022年1月27日閲覧。
  11. Mario Marcel. Biografía”. Banco Central. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  12. 12.0 12.1 La Tercera (Santiago), 2 de julio de 2000, Reportajes, p.20
  13. ¿Por qué el fisco caerá en déficit estructural?”. El Mercurio (17 de junio de 2009). 2016年12月25日閲覧。
  14. “Mario Marcel lidera consejo para reforma previsional”. El Mercurio (Santiago). (14 de marzo de 2006). p. B1. http://diario.elmercurio.cl/detalle/index.asp?id={d24ca2ba-6273-446e-b420-a6f28caa163c} 2016年12月21日閲覧。 
  15. “Las credenciales de los favoritos”. El Mercurio (Santiago). (6 de noviembre de 2005). p. p.B6. http://diario.elmercurio.cl/detalle/index.asp?id={8af1431b-075d-4c39-9161-4abc59526d7b} 2016年12月21日閲覧。 
  16. “Las polémicas y diferencias vividas al interior de la Comisión Marcel”. El Mercurio (Santiago). (7 de julio de 2006). p. p.B1. http://diario.elmercurio.cl/detalle/index.asp?id={011fc1cf-51bb-4678-9145-3f11e2026692} 21 de diciembre de 2016閲覧。 
  17. “Los nuevos proyectos de Mario Marcel”. El Mercurio (Santiago). p. D11. http://diario.elmercurio.cl/detalle/index.asp?id={d162257b-d331-43e8-9dca-ef62b41e837b} 
  18. Mario Marcel – Registro de Personas en América Latina y el Caribe (CNN)”. Banco Interamenricano de Desarrollo. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  19. “Las presiones con que aterriza Mario Marcel en la presidencia del Banco Central”. T13. (25 de octubre de 2016). http://www.t13.cl/noticia/negocios/las-presiones-aterriza-mario-marcel-presidencia-del-banco-central 21 de diciembre de 2016閲覧。 
  20. “Mario Marcel deja la OCDE y llega al Banco Mundial”. Qué Pasa. Santiago. (10 de abril de 2014). p. 8. http://www.quepasa.cl/articulo/ojos-de-la-llave/2014/04/17-14160-9-mario-marcel-deja-la-ocde-y-llega-al-banco-mundial.shtml 21 de diciembre de 2016閲覧。 
  21. “Presidenta Bachelet propone a economista Mario Marcel como consejero del Banco Central”. La Tercera. (24 de agosto de 2015). http://www.latercera.com/noticia/presidenta-bachelet-propone-a-economista-mario-marcel-como-consejero-del-banco-central/ 22 de diciembre de 2016閲覧。 
  22. Senadores aprueban designar a Mario Marcel como consejero del Banco Central”. Emol (16 de septiembre de 2015). 25 de octubre de 2016閲覧。
  23. Bachelet anunció a Mario Marcel como nuevo presidente del Banco Central”. Cooperativa (25 de octubre de 2016). 25 de octubre de 2016閲覧。
  24. Marcel revoluciona al Banco Central con su mayor modernización en una década” (スペイン語). La Segunda. 11 de julio de 2019閲覧。
  25. El Banco Central al estilo Marcel | La Tercera”. www.latercera.com. 11 de julio de 2019閲覧。
  26. Banco Central anuncia reestructuración y crea gerencia de Riesgo Corporativo y jefatura de Ciberseguridad”. La Tercera (17 de agosto de 2018). 11 de julio de 2019閲覧。
  27. Mario Marcel sigue a la cabeza del Banco Central: Presidente Piñera sorprende y lo ratifica por un periodo más”. Diario Financiero (22 e octubre de 2021). 21 de enero de 2022閲覧。
  28. Boric anuncia hoy su gabinete y Marcel alista renuncia al Central para asumir en Hacienda”. Diario Financiero (20 de enero de 2022). 22 de enero de 2022閲覧。
  29. Nogales, David (2021年10月4日). “El presidente del Banco Central, Mario Marcel, es el “Gobernador del Año” para LatinFinance”. La Tercera. 2021年10月5日閲覧。
  30. Cooperativa.cl. “Mario Marcel fue elegido el mejor banquero central del mundo” (español). Cooperativa.cl. 2021年10月5日閲覧。
  31. Santiago, PorCristián Torres5 de Octubre de 2021desde. “Quién es Mario Marcel, el economista chileno elegido como el mejor banquero central de América Latina” (スペイン語). infobae. 2021年10月5日閲覧。
  32. Central Bank Governor of the Year, Latin America” (英語). www.globalcapital.com. 2020年10月15日閲覧。
  33. CIEPLAN”. www.cieplan.org. 11 de julio de 2019閲覧。
  34. Vásquez, Sebastián Valdenegro y Denise. “Mario Marcel se impone como el economista del año” (español). Diario Financiero. 11 de julio de 2019閲覧。
  35. Mario Marcel es elegido Economista del Año” (español). Diario Financiero. 11 de julio de 2019閲覧。
  36. Premiados FEN Alumni”. FEN. 11 de julio de 2019閲覧。
  37. Innovator in Risk and Insurance, Award in Finance, Risk & Insurance 2009”. 17 de julio de 2019閲覧。
  38. Gobierno | IADB”. www.iadb.org. 12 de julio de 2019閲覧。
  39. Ex alumno de FEN es el nuevo Presidente del Banco Central”. FEN Alumni. 11 de julio de 2019閲覧。

外部リンク[編集]

  • Lua エラー モジュール:Twitter 内、8 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)
  • Ficha oficial en bcentral.cl.


This article "マリオ・マルセル・クジェル" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:マリオ・マルセル・クジェル.