ジョルジオ・ジャクソン・ドラゴ

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索



この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の姓)はジャクソン、第二姓(母方の姓)はドラゴです。
ジョルジオ・ジャクソン・ドラゴ
Kenneth Giorgio Jackson Drago
Ministro Giorgio Jackson.jpg
2022年のジョルジオ・ジャクソン
生年月日 (1959-10-22) 1959年10月22日(62歳)
出身校 チリ・カトリック大学
テンプレートを表示

ケネス・ジョルジオ・ジャクソン・ドラゴEs-Kenneth Giorgio Jackson Drago.ogg ['kenet 'ʝoɾʝo 'ʝakson 'dɾaɣ̞o][ヘルプ/ファイル] Es-Kenneth Giorgio Jackson Drago.ogg ['kenet 'ʝoɾʝo 'ʝakson 'dɾaɣ̞o][ヘルプ/ファイル] Kenneth Giorgio Jackson Drago, ビニャ・デル・マール 、1987年2月6日-)は、チリの産業土木技師および政治家。 2022年3月11日より、ガブリエル・ボリッチ政権下で同国大統領府の事務次官を務めている。 [1]

政党Revolución Democrática(RD)の創設者兼初代国会議員であり、Frente Amplio(FA)連合の創設や2017年の選挙におけるベアトリス・サンチェスの大統領候補の建設に協力した。 [2]

政治家としてのキャリアは学生指導者として始まり、2010年から2011年にかけて、新大学行動(NAU)を代表するチリ・カトリック大学学生連盟(FEUC)の会長に就任し[3]、2011年の学生デモでは、チリ学生連盟(CONFECH)のスポークスマンを務め、主要な指導者の一人となった。 [2]

このような動員の後、社会運動家や他の学生指導者とともに、民主革命党となる政治運動の設立を呼びかけた。 [4] 2013年の国会議員選挙では、2014年から2018年の期間、サンティアゴのコミューンの第22地区の副議長に選出され、2017年の国会議員選挙では、同じ役職だが、2018年から2022年の立法期間、ニユーニョア、プロビデンシア、サンティアゴ、マクル、サンホアキン、ラグランハのコミューンからなる地域、第10地区の新しい地区として選出された。 [2]

家族と研究[編集]

1987年2月6日、ケネス・ポール・ジャクソン・サリナスとカルメン・グロリア・エリサ・ドラゴ・カバジェロの子としてビーニャ・デル・マルに生まれる。 [5]

プロビデンシア州サンティアゴ市の公立学校Deutsche Schule Sankt Thomas Morus(ドイツ語ではColegio Alemán Santo Tomás Moroと訳される)で初等・中等教育を修了した。中等教育3年目から「Un techo para Chile」にボランティアとして参加し、6年間活動を続けた。 [2]

思春期にはバレーボールで活躍し、2004年のマイナー、2006年のジュベナイルで全国選抜に選ばれ、2002年の南米学校対抗戦ではブラジル代表と対戦し、優勝を果たした。 [6]

2004年、高校を卒業し、チリ・カトリカ大学(PUC)に特別入学し[7]、産業土木工学科(情報技術専攻)を [8]、2013年、研究報告「授業における技術革新:形成的評価としてのタブレット端末を用いたコンピュータ適応型テスト」を発表し、同校を卒業。 [2]

2009年には、New University Action(NAU)運動から生まれたCET(カトリック大学学生・労働者センター)の設立に参加。2009年から2010年にかけてCETの総合コーディネーターを務め、同校のコンピュータサイエンスの教員でもあった。同時に、2009年にはインフォカップでパソコンの講師を務める。 [2]

弁護士で政治家のConstanza Schönhaut氏と結婚し、同氏は11区を代表する憲法制定委員である。

政治生活[編集]

大学のリーダーとしての始まり(2008年〜2011年)[編集]

FEUC理事会2010-2011と一緒にいるジャクソン。

2008年、中道左派の学生運動「Nueva Acción Universitaria(NAU)」に参加。さらに、さまざまな組織とともに。リーダーとして、弱者のアクセスに関するプロペデウティコUC提案の開発委員会のメンバーであり、2009年の料金値上げに対する交渉に参加した。 [9]

2010年、工学部地域評議員として、工学部社会貢献理事会とともに、工学部のブラインドアクセスに関するパイロットプランの諮問チームに参加した。2010年11月、NAUは第1回投票で33.9%の得票を得た後、第2回投票でグレミアリスト運動と対戦し[10]、投票の結果、51.6%の票を獲得したNAUが優勝した。 [11]

2011年の学生の動員[編集]

行進中のジャクソン。

カトリック大学学生連盟(FEUC)の会長として、チリ大学学生連盟(FECh)のカミラ・バジェホ、サンティアゴ大学学生連盟(Feusach)のカミロ・バレステロスとともに、2011年の学生運動の主要リーダーの一人であった。チリ学生連盟(Confech)のスポークスパーソンとして、当時のセバスティアン・ピニェラ大統領の提案に最も批判的だった一人であった[12] 。というのも、彼はデモ隊の中でも穏健派に属しているからだ。 [13] [14]

彼はさまざまな公式会合で講演を行ったが、その中でも最も重要なものの1つが、チリ上院の教育委員会での講演で、「国家は消費財ではなく、権利の保証人であるべきという道徳的要請がある」と述べている。 [15]また、カミラ・バレホ、フランシスコ・フィゲロアとともにヨーロッパを訪れ、国連教育科学文化機関(ユネスコ)での講演や、知識人のステファン・ヘッセル、エドガー・モランと面会した。 [16]

その中で、2011年に市民が最も評価した公人の一人で [17] 、73%の支持を得ている。 [18]

民主主義革命財団(2012年~2014年)[編集]

2011年の動員では、将来の政治家としてのキャリアについて言及することは避け、当面の計画にはないと述べた。 [19] [20]しかし、2012年1月7日、進歩的な傾向を持つ政治運動「民主革命」(DR)を立ち上げた。[21]同年12月7日、ガブリエラ・ミストラル文化センターで開催されたDR設立議会で、就任演説を行った。 [2]

2013年12月のジャクソン。

2012年12月、彼は2013年の議会選挙でサンティアゴの副候補として立候補することを発表しました。 [22] 2013年4月の行進中に、カミーラ・バジェホとジョルジオ・ジャクソンの顔がミシェル・バチェレと一緒に年末の選挙をほのめかして登場するさまざまなパンフレットが配布されました。これらのパンフレットは、両方の学生リーダーによってすぐに拒否されました。 [23] 2013年5月4日、小選挙区制の確立によるチリの新政治憲法の起草を目指す「マルカAC」運動の発起人の一人となる。 [24]

独立候補として出馬したが、選挙区に候補者を立てないことを決めた中道左派のヌエバ・マヨリア盟約の各政党の支持を受けた。 [25]ジャクソン氏は、企業献金や使途指定献金を除き、自分の支持者だけで資金を調達する選挙戦を選択した。 [26] 11月17日、選挙区で48.17%の得票率で副大統領に当選した。こうして、この選挙でカミラ・バレホ、ガブリエル・ボリック、カロル・カリオラとともに代議員に選出された4人の学生リーダーの一人となったのである。 [27] 11月21日、自身の政党「革命的民主主義」を代表してミシェル・バチェレ候補の支持を表明した。[28]

国会議員・フレンテ・アンプリオ(2014年~2022年)[編集]

サンチアゴで行われた近隣住民との会合でのジャクソン。

2014年3月11日、国会議員に就任。 [5]議会では教育常任委員会に所属し、「育成法」「教職課程」「高等教育の無償化」など、政府が提案する改革の議論をリードした。 [2]また、市民の安全保障委員会に参加し、いわゆる「短い犯罪防止アジェンダ」の刑罰ポピュリズムに反対し、「犯罪はゲームではない」という提案に枠をはめた一連の対策を提案し、その後、「重要地域」調査委員会の設置を管理し、国内で最も脆弱な部門における警察の役割と国家の無視を調査した。 [2]

さらに、彼の行政は、透明性、参加、市民との距離の近さ、デジタル・アクティヴィズムの向上を特徴とし、市民キャンペーンや定期的な公会計などを通じて、彼の議会活動の詳細を区内のさまざまな場所やプラットフォームで知らせた。 [29] 2015年以降、彼はチリで最も重要な政治家の一人として世論調査を受けていた。同年12月、国内で最も影響力を持つCEP(Centro de Estudios Públicos)の調査で、最も評価の高い政治家としてランク付けされた。 [30]

2016年以降、彼はブロードフロントの建設に重要な役割を果たした。これは、2017年の議会選挙と大統領選挙のために作成されたさまざまな左翼の政治勢力と市民運動を結集する連立であり、ベアトリス・サンチェス氏の大統領選出馬のきっかけを作ったリーダーの一人である。 [2]

チリ選挙管理局(Servel)の前で演説するジャクソン

2017年11月19日の国会議員選挙では再選を果たし、10万3000票以上を獲得、個人的には新10区で23.7%を達成し、2017年国会議員選挙で最も票を集めた議員となった。このようにして、フレンテ・アンプリオのリストは35%以上の票を獲得し、ナタリア・カスティージョ(RD)とゴンサロ・ウィンター(MA)という2人のサブパートナーが、国民議会への連合の新しい代表として加えられた。 [2]

2期目には、労働・社会保障常任委員会、財政委員会の委員を務めた。また、ギャンブルカジノを監督する政府機関の行動に関する特別調査委員会の委員も務めている。 [2]また、「緊急・災害・火災」「未来・科学技術・知識・イノベーション」「倫理・透明性」の各常任委員会の委員を務めました。 [2]同様に、彼は以下に関する調査委員会の一部でした。COVID-19に関連する政府の行為およびパンデミックの影響を緩和するための措置。政府は、健康、経済、公序良俗の問題に関するパンデミックの最中に行動します。 CPIの決定に関連するINEの行為の特別調査委員会。 [2]ベンチレベルでは、彼はRD、 Comunes 、 Social Convergence and IndependentsMixedCommitteeのメンバーだった。 [2]

2013年の初出馬以来、「2期以上はやりたくない」と繰り返し公言していた再選挙は、今回が初めて。私は『再選挙が最大で1回、本当にそう思っている』と言った。4期、5期、6期と務めることができても、20年以上そこに座っている同僚を多く見かけるが、最初はどんなに善意であっても、最後はどうしても疲れてしまうのだと思う」。 [31]その結果、2021年の国会議員選挙には出馬しなかった。 [2]

ボリッチ陣営・大統領府大臣官房長(2022年)[編集]

ジャクソンは、ガブリエルがチリの大統領になることを知った後、ボリックを抱擁。

2021年の大統領選挙では、アプルーボ・ディグニダッド候補のガブリエル・ボリックのキャンペーンマネージャーと司令塔を務め、同年12月19日の第2回投票で55.8%の得票率で2022年から2026年の任期で共和国大統領に選出された。 [2]

ボリッチとの親密さから、当時の次期大統領の将来の内閣で内務・公安大臣になる可能性が鳴り物入りだったが、[32] 、2022年1月21日、大統領府大臣官房長に任命された。[33] 2022年3月11日から正式に政権がスタートした。 [1]

係争[編集]

政党への寄付[編集]

2020年5月7日、Revolución Democráticaの副議長で元議員のRenato GarínがTwitterで彼に対して発言し、彼が国会議員としての給与の50%を寄付したと繰り返し主張しているが、実際にはこれらの資金は自分の党への寄付として意図されていたと非難している。 [34]この批判に対し、ジャクソンは翌日、寄付の行き先を常に明示しており[35] 、慈善寄付であると主張したことは一度もないと釈明した。 [36]

チリ選挙管理局(Servel)は、党員の年間献金額の上限を定めており、500UFが上限となっているため、彼の発言はさらに混乱を招いた。 [37]現在の国会議員手当を見ると、RDのリーダーの収入は684万8420ペソで、その半分が自分の党に入ることを考えると、1ヶ月あたり342万4210ペソの寄付があると考えられる。このため、ジャクソン副大統領が給料の半分を寄付して、毎年上限額を超えないようにすることは不可能であり、そのためには、彼の党の誰かが残りのお金の使い道を詳細に説明する必要があったのだ。当時のパブロ・ビダル議員は、「党の主口座と副口座に資金を分けている」と経緯を説明した。 [38]その結果、寄付されたとされる給与の半分のうち、実際に寄付として計上されていたのは122万~130万ペソで、党への寄付の約6割がそのように計上されておらず、本当の金額がセルベル社に正しく表示されていなかったと結論づけられた。 [39]

ガリンのツイートが拡散されるやいなや、ジャクソンと彼の国会議員たちは、政治家があのようなものを「寄付」と呼ぶのはいかがなものか、また、国民に対して明らかな嘘をつくことだとの両方の観点から、[40]両方の政治セクターから多くの批判を受けた。 [41]

このような論争にもかかわらず、レボルシオン・デモクラティカの議員たちは「明確な良心」を持っていると主張し[42] 、というのは、彼らはこの貯蓄が存在するという情報を隠し、政治運動の資金を独自に調達できるようにしていたわけではなく、発言の誤解に過ぎなかったと考えているあからである。それは表現されたものの単なる誤解でした。また、このスキャンダルは、国会の日当削減法案(採決日がこの騒動のあった日に非常に近い)、あるいはもっと重要なCOVID-19の健康危機について、この国の本当の問題から国民の目をそらすための手段だったという推測もされている。 [43] [44]

出版物[編集]

政治とメディアのキャリアに加え、執筆活動も行っており、政治学や政府、著作権や特許など幅広いテーマを扱っている。 [2]

  • El país que soñamos (2013, Editorial Debate) [45]
  • Copia o Muerte (2019, Saber Futuro) [46] [coautor junto a Paula Espinoza Orcaistegui]

謝辞[編集]

社会的リーダーとしての役割から、後に国会議員として、ジャクソンは様々な公的、学術的、政治的領域で著名な存在となっています。2011年、El Sábado de El Mercurio誌のランキングで「若きリーダー100人」の一人に選ばれた。 [47]また、2012年には世界経済フォーラムの「Global Shapers」にも選ばれています。 [48]

選挙履歴[編集]

2010年FEUC理事選挙[編集]

  • 2010年FEUC理事会第1回選挙[49]
一覧 リスト代表者 得票率(%) 結果
</img> Movimiento Gremial MG テンプレート:Porcentaje

24.54%

第2回選挙
</img> Nueva Acción Universitaria NAU! ジョージジャクソン 33.87%テンプレート:Porcentaje 第2回選挙
</img> Solidaridad SDD テンプレート:Porcentaje

15.11%

</img> Opción Independiente OI テンプレート:Porcentaje

19..02

</img> チャリティー - テンプレート:Porcentaje

7.46%

  • 2010年FEUC第2回選挙 [50]
一覧 リスト代表者 得票率(%) 結果
</img> Movimiento Gremial MG テンプレート:Porcentaje
</img> Nueva Acción Universitaria NAU! ジョージジャクソン テンプレート:Porcentaje 当選者

2013年の議会選挙[編集]

  • 2013年国会議員選挙、第22区(サンティアゴセントロ)の副議長候補[51]
候補者 政党連合 政党 投票数 得票率(%) 結果
ジョルジオジャクソンドラゴ 無所属 無所属 55 060 48.17
フィリップ・カスト・ソマーホフ チリのための同盟 <b>EVOP</b> 22 338 19.54
モニカ・ザラケットは言った チリのための同盟 独立民主連合 21 265 18.60
マリオシリングフエンザリダ Si tú quieres, Chile cambia 無所属 5468 4.78
エドゥアルド・コントレラス・マリン Nueva Constitución para Chile 平等党 4349 3.80
クリスチャンオレラナアルバレス ヒューマニスト党 pH 3226 2.82
オクタビオゴンザレスオヘダ ヒューマニスト党 pH 1457 1.27
ロニーヌネスメスキーダ 必要に応じて、チリは変わります ILI 1129 0.98

2017年の議会選挙[編集]

  • 2017年の議会選挙、第10地区の副候補者(ラグランハ、マクル、ニュニョア、プロビデンシア、サンホアキン、サンティアゴ) [52]
候補者 政党連合 政党 投票数 得票率(%) Resultado
Giorgio Jackson Drago Frente Amplio RD 103 337 23.7 Diputado
Marcela Sabat Fernández Chile Vamos RN 54 573 12.5 Diputada
Luciano Cruz-Coke Carvallo Chile Vamos EVO 38 105 8.7 Diputado
Jorge Alessandri Vergara Chile Vamos UDI 30 820 7.1 Diputado
Maya Fernández Allende La Fuerza de la Mayoría PS 28 377 6.5 Diputada
Alberto Mayol Miranda Frente Amplio IND-PI 25 320 5.8
Claudio Arriagada Macaya Convergencia Democrática DC 18 020 4.1
Ramón Farías Ponce La Fuerza de la Mayoría PPD 14 235 3.3
Julio Isamit Díaz Chile Vamos IND-UDI 10 675 2.5
Sebastián Torrealba Alvarado Chile Vamos RN 10 196 2.3 Diputado
Luis Larraín Stieb Chile Vamos IND-EVO 8303 1.9
Carolina Lavin Aliaga Chile Vamos UDI 7968 1.9
Dauno Tótoro Navarro Independiente IND 7549 1.7
Julia Urquieta Olivares La Fuerza de la Mayoría PCCh 6456 1.5
Rosa Oyarce Suazo Chile Vamos RN 6107 1.4
Javiera Olivares Mardones La Fuerza de la Mayoría PCCh 6027 1.4
Francisco Figueroa Cerda Frente Amplio PEV 5790 1.3
Gonzalo Winter Etcheberry Frente Amplio RD 5238 1.2 Diputado
Nicolás Muñoz Montes Convergencia Democrática DC 5077 1.2
Natalia Castillo Muñoz Frente Amplio RD 4442 1.0 Diputada
Valeska Naranjo Dawson La Fuerza de la Mayoría IND-PS 2073 0.5

参考文献[編集]

  1. 1.0 1.1 Gabinete del presidente Gabriel Boric asume oficialmente sus cargos”. Biobio Chile (2022年3月11日). 2022年3月11日閲覧。
  2. 2.00 2.01 2.02 2.03 2.04 2.05 2.06 2.07 2.08 2.09 2.10 2.11 2.12 2.13 2.14 2.15 2.16 2.17 Reseñas biografícas parlamentarias; Kenneth Giorgio Jackson Drago”. Biblioteca del Congreso Nacional de Chile (2022年). 14 de marzo de 2022閲覧。
  3. Bolumburu, Ana María. “Testimonios - Giorgio Jackson”. www.uc.cl. 9 de agosto de 2018閲覧。
  4. “Giorgio Jackson arremete con su “Revolución Democrática” « Diario y Radio U Chile”. http://radio.uchile.cl/2012/01/08/giorgio-jackson-arremete-con-su-%E2%80%9Crevolucion-democratica%E2%80%9D/ 17 de julio de 2018閲覧。 
  5. 5.0 5.1 giorgiojackson.cl. “Biografía”. 20 de marzo de 2014閲覧。
  6. Radio Cooperativa - Opinión. “Giorgio Jackson Drago”. 7 de julio de 2011閲覧。
  7. https://twitter.com/giorgiojackson/status/336907645090926592
  8. Facebook. “Kenneth Giorgio Jackson Drago”. 17 de agosto de 2011閲覧。
  9. Nueva Acción Universitaria (2010年). “Giorgio Jackson. Presidente FEUC NAU 2011”. 7 de julio de 2011閲覧。
  10. Nueva Acción Universitaria (2010年). “NAU a segunda vuelta y 14 territoriales electos”. 7 de julio de 2011閲覧。
  11. LaNación.cl (12 de noviembre de 2011). “Centroizquierda NAU gana elecciones en la FEUC”. 7 de julio de 2011閲覧。
  12. La Tercera (21 de septiembre de 2011). “Giorgio Jackson: "Nunca pensamos que el Gobierno iba a jugar un póquer”. 9 de octubre de 2011閲覧。
  13. Henríquez, Jessica; Barrientos, Irina (23 de septiembre de 2011). “Radiografía a la Confech: La pugna que se desató entre los "ultras" y la "Jota"”. 1 de noviembre de 2011閲覧。
  14. Yaikin, Boris (9 de septiembre de 2011). “La trastienda de la Asamblea Confech: de las críticas a la mesa al espaldarazo a Jackson”. 1 de noviembre de 2011閲覧。
  15. Buscaglia, Christian (17 de agosto de 2011). “Giorgio Jackson: “Es un imperativo moral que el Estado sea garante de derechos y no de bienes de consumo””. 1 de noviembre de 2011閲覧。
  16. Universia (14 de octubre de 2011). “El periplo de Camila Vallejo y Giorgio Jackson por Europa”. 7 de enero de 2012閲覧。
  17. Newman, Lucía (29 de septiembre de 2011). “New leader emerges in Chile schools movement” (inglés). 1 de noviembre de 2011閲覧。
  18. La Tercera (17 de septiembre de 2011). “El termómetro de la crisis educacional”. 22 de septiembre de 2011閲覧。
  19. The Clinic (28 de septiembre de 2011). “Giorgio Jackson y su futuro político”. 22 de septiembre de 2011閲覧。
  20. Observador Global (11 de agosto de 2011). “Camila Vallejo y Giorgio Jackson, las caras del reclamo estudiantil”. 1 de noviembre de 2011閲覧。
  21. El Mostrador (7 de enero de 2012). “Giorgio Jackson lanza partido y busca transformar el movimiento social en proyecto de poder”. 7 de enero de 2012閲覧。
  22. Giorgio Jackson confirmó en ADN Radio que se postulará como diputado por Santiago Centro”. ADN Radio (14 de diciembre de 2012). 14 de diciembre de 2012閲覧。
  23. http://mundoclaraboya.blogspot.com/2013/04/politica-lios-de-la-campana-alguien.html
  24. Manifiesto Marca Tu Voto, Queremos una nueva Constitución Política, una que lleve la firma de todas y todos”. El Mostrador (Mayo de 2013). 12 de julio de 2021閲覧。
  25. Nueva Mayoría se omite en Santiago y despeja candidatura a diputado de Giorgio Jackson”. La Tercera (18 de agosto de 2013). 18 de agosto de 2013閲覧。
  26. Giorgio Jackson y financiamiento de su campaña: “No vamos a tener ni donaciones de empresas, ni reservadas””. El dínamo (20 de junio de 2013). 18 de noviembre de 2013閲覧。
  27. Camila Vallejo, Karol Cariola, Giorgio Jackson y Gabriel Boric: Candidatos “estudiantiles” electos diputados”. Radio Universidad de Chile (18 de noviembre de 2013). 18 de noviembre de 2013閲覧。
  28. Giorgio Jackson oficializa apoyo a Michelle Bachelet” (スペイン語). 24Horas.cl (2013年11月21日). 2022年1月5日閲覧。
  29. [1]
  30. [2], texto adicional.
  31. Copia archivada”. 8 de enero de 2018閲覧。
  32. Las alternativas que se barajan en el nuevo gobierno para Giorgio Jackson, el hombre fuerte de Boric”. Ex-Ante (28 de diciembre de 2021). 29 de abril de 2022閲覧。
  33. Artaza, Francisco (2022年1月21日). “Quién es Giorgio Jackson, el nuevo ministro Segpres de Gabriel Boric”. La Tercera. 2022年1月21日閲覧。
  34. Denuncia de Renato Garín contra Giorgio Jackson y la bancada de RD alusiva a la donación de la mitad de sus sueldos encendió el debate en Twitter”. El Desconcierto (8 de mayo de 2020). 8 de junio de 2020閲覧。
  35. El destino de las dietas parlamentarias del Frente Amplio”. La Tercera (3 de febrero de 2018). 8 de junio de 2020閲覧。
  36. Jackson: “Nunca esbocé que estuviera haciendo beneficencia o que fuera el Padre Hurtado””. CNN Chile (11 de mayo de 2020). 8 de junio de 2020閲覧。
  37. V Del financiamiento”. Servicio Electoral de Chile. 8 de junio de 2020閲覧。
  38. RD detalla estructura de aportes de sus parlamentarios: Consejo definirá cómo se van a usar”. CNN Chile (13 de mayo de 2020). 8 de junio de 2020閲覧。
  39. Cómo opera el esquema de “donaciones” de RD”. El Dínamo (11 de mayo de 2020). 8 de junio de 2020閲覧。
  40. Alberto Mayol por financiamiento de RD: "Llamar a eso donación a nadie se le había ocurrido"”. 24 horas (11 de mayo de 2020). 8 de junio de 2020閲覧。
  41. Paulina Núñez critica con dureza a Giorgio Jackson: "le mintió a todos los chilenos"”. Teletrece (10 de mayo de 2020). 8 de junio de 2020閲覧。
  42. Polémica por "donaciones": Servel pide explicaciones a Giorgio Jackson”. Teletrece (13 de mayo de 2020). 8 de junio閲覧。
  43. Senador Latorre califica como "polémica artificial" donaciones al partido de los parlamentarios de RD y acusa que la derecha quiere "empatar” sus delitos”. El Mostrador (14 de mayo de 2020). 8 de junio de 2020閲覧。
  44. Pablo Vidal, diputado RD: “No solo estamos en lo legal, sino que es la forma correcta de hacer política””. El Dínamo (12 de mayo de 2020). 8 de junio de 2020閲覧。
  45. "El País que soñamos"”. The Clinic (revista) (2013年4月4日). 2021年9月24日閲覧。
  46. Copia o Muerte: el libro de Giorgio Jackson y Paula Espinoza que propone una salida a la crisis”. El Desconcierto. 2021年9月24日閲覧。
  47. [3]
  48. [4]
  49. Elecciones 2010” (スペイン語). El PUClítico. 2020年12月25日閲覧。
  50. Noticias UC. “CON EL 51,69% DE LOS VOTOS DERROTÓ A LOS GREMIALISTAS EN SEGUNDA VUELTA”. 2020年12月25日閲覧。
  51. Votación candidatos por distrito 22 diputados 2013, en servel.cl
  52. Emol.com, Equipo. “Resultados de las Elecciones Presidenciales, Parlamentarias y Cores 2017 en Chile – Especial de Emol.com”. www.emol.com. 20 de noviembre de 2017閲覧。

外部リンク[編集]


This article "ジョルジオ・ジャクソン・ドラゴ" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:ジョルジオ・ジャクソン・ドラゴ.