マリア・ベゴニャ・ジャルサ・サエス

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索



マリア・ベゴニャ・ジャルサ・サエス
María Begoña Yarza Sáez
Ministra de Salud María Begoña Yarza (2022).jpg
2022年のマリア・ベゴニャ・ジャルサ
生年月日 (1964-02-20) 1964年2月20日(58歳)
出身校 ハバナ大学
所属政党 チリ社会党 (-2022年1月)、
無所属
配偶者 Xochitl Tatiana Poblete Rojas
テンプレートを表示

マリア・ベゴニャ・ジャルサ・サエスMaría Begoña Yarza Sáez,Rengo、1964年2月20日 - )は、小児科を専門とする外科医で[1] 、チリの政治家である。2022年3月11日より、ガブリエル・ボリッチ政権下で同国の保健大臣を務めている。[2]

家族と研究[編集]

1964年2月20日、ルース・アドリアナ・サエス・パラダと、民俗学者で過激な社会主義政治家であり、レンゴ市の評議員や市長を務めた「モント」ヤルサとして知られるシモン・セグンド・ヤルサ・セリスとの三兄妹の末子としてレンゴで生まれる。 1974年までそのコミューンで暮らしたが、軍事独裁政権のため、家族はまずアルゼンチンへ、次にキューバへ亡命した。1988年に母国へ帰国。 [3]

キューバで初等・中等教育を受け、Escuela Secundaria Básica Alamarで学び[4]ハバナ大学で医学を学び、最終的に外科医として卒業し、1990年にチリ大学で再検証された。[2]その後、アドルフォ・イバニェス大学で公共経営のディプロマを、2004年にポンペウ・ファブラ大学(スペイン)で公衆衛生の修士号を取得し、同大学で博士課程を修了した。 [2]

プロフェッショナルキャリア[編集]

2004年7月から2008年8月までサン・ボルハ・アリアラン病院副医長、2008年から2009年まで保健省病院局ケアプロセスユニットを担当した。同様に、2009年7月から2018年7月にかけては、Dr. Exequiel González Cortés病院の院長を、2010年から2011年にかけては、South Metropolitan Health Serviceの院長を務めている。[5]並行して、2016年からSociedad Chilena de Calidad Asistencialの学術委員会ディレクター、Clínica Santa Maríaの品質・臨床管理ディレクターを務める。 [6] [7]

一方、1996年から2009年までチリ大学医学部で教鞭をとり、2009年からはディエゴ・ポルタレス大学医学部で教鞭をとっている。 [7]チリ医療協会(Colmed)の労働部門に所属し、積極的な協力者でもある。2017年、コルメッド社からキャリアアチーブメント賞を授与された。 [5]

経済開発観光省国家生産性委員会(CNP)のメンバーであり、パビリオン生産性報告書のアドバイザーを務めている。 [8]

政治的キャリア[編集]

彼は2022年1月までチリ社会党(PS)のメンバーだった[9]同年2月、無所属のまま、当時の次期大統領ガブリエル・ボリックから保健省長官に任命され、同年3月11日の正式な政権発足とともに着任した。[2] [10]

参考文献[編集]

  1. Dra. María Begoña, Gerenta de calidad Clínica Santa María: “Nunca debemos perder la humanización del paciente””. Falmed (s/f). 1 de marzo de 2022閲覧。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 Quién es María Begoña Yarza, la nueva ministra de Salud de Gabriel Boric”. La Tercera (21 de enero de 2022). 1 de marzo de 2022閲覧。
  3. Díaz Arroyo, Jorge (2014). La extraordinaria vida de Simón Yarza. Ediciones Investigación, Cultura y Desarrollo. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 9789569159084. https://issuu.com/edicionesicd/docs/la_extraordinaria_vida_de_sim__n_ya  エラー: 日付が正しく記入されていません。
  4. Conoce a los 24 ministros del nuevo gobierno”. La Tercera (21 de enero de 2022). 21 de enero de 2022閲覧。
  5. 5.0 5.1 Magíster en Salud Pública y representante del Colmed: quién es María Begoña Yarza, la nueva ministra de Salud”. Emol (2022年1月21日). 2022年1月21日閲覧。
  6. ¿Quién es María Begoña Yarza? La nueva ministra de salud”. El Tipógrafo. 2022年1月21日閲覧。
  7. 7.0 7.1 Dra Maria Begoña Yarza Saez | HIMSS” (英語). www.himss.org (2021年10月22日). 2022年1月21日閲覧。
  8. Begoña Yarza: El modelo de salud pública que inspira a la futura ministra”. La Tercera (28 de enero de 2022). 28 de febrero de 2022閲覧。
  9. Latorre, Rocío (2022年3月29日). “Begoña Yarza, la “socialista fantasma” en el gabinete del Presidente Boric”. La Tercera. 2022年3月30日閲覧。
  10. Gabinete del presidente Gabriel Boric asume oficialmente sus cargos”. Biobio Chile (2022年3月11日). 2022年3月11日閲覧。

外部リンク[編集]

  • Lua エラー モジュール:Twitter 内、8 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)


This article "マリア・ベゴニャ・ジャルサ・サエス" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:マリア・ベゴニャ・ジャルサ・サエス.