ビンド・アルトヴィ―ティの肖像

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

  1. 転送 ビンド・アルティヴィーティの肖像

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

『ビンド・アルトヴィーティの肖像』
スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
Raffaello Sanzio - Ritratto di Bindo Altoviti.jpg
作者 ラファエロ・サンティ
製作年 1512年–1515年ごろ
種類 板に油彩
寸法 60 cm × 44 cm (24 in × 17 in)
所蔵 ナショナル・ギャラリー、ワシントンD.C.

ビンド・アルトヴィーティの肖像』(ビンド・アルトヴィ―ティのしょうぞう, 伊: Ritratto di Bindo Altoviti, 英: Portrait of Bindo Altoviti) は、1515年頃にイタリアの盛期ルネサンス期の画家ラファエロ・サンティによって制作された絵画である。米国ワシントンD.C. のナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

外来[編集]

ビンド・アルトヴィーティは、1491年にローマで生まれたフィレンツェ出身の裕福な銀行家であり、芸術が好きな文化人であった。モデルの優雅で、ほとんど女性的なポーズと、光と影の強いコントラストは、ラファエロの作品、とりわけ男性の肖像画に典型的なものではなく、後期ローマ時代のさまざまな様式と形体における画家の実験を示している。ラファエロが、この期間中に綿密に研究したレオナルド・ダ・ヴィンチの作品の影響は、この特定の作品で著しく明白である。

絵画は、1808年にバイエルンのルートヴィヒ1世に売却されるまで、アルトヴィーティの子孫の所有であった。1936年までアルテ・ピナコテークに所蔵されていたが、その帰属について多くの議論が行われた後、この絵画は「機敏なイギリス人画商」によってナチス・ドイツから持ち出された[1]。サミュエル・ヘンリー・クレスによって取得された肖像画は、その後、ワシントンD.C. のナショナル・ギャラリーの所有に帰した。

脚注[編集]

  1. Archived copy”. 2011年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年6月13日閲覧。

参考文献[編集]

  • David Brown and Jane Van Nimmen. Raphael and the Beautiful Banker: The Story of the Bindo Altoviti Portrait. Yale University Press, 2005.

外部リンク[編集]


This article "ビンド・アルトヴィ―ティの肖像" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:ビンド・アルトヴィ―ティの肖像.