スルターン・サイード

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

スルターン・サイード(生年不詳 - 1538年)はヤルカンド・ハン国の初代ハンである(在位:1514年 - 1538年)。

経歴・人物[編集]

モグーリスタン・ハン国のアフマド・アラクの次子、トルファン・ハン国のマンスール・ハンの弟。ユーヌス・ハンの孫として生まれる。

兄マンスールがハミ、トルファンを支配して、サイードはティムール朝のバーブルの身を寄せ、ドグラト部のアバ・ベクルを討ち、ヤルカンドやカシュガルを奪い、ヤルカンド・ハン国を成立した。イスラム教に帰依し、改宗した。


This article "スルターン・サイード" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:スルターン・サイード.