ジョージ・チャップマン (殺人犯)

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


ジョージ・チャップマン(George Chapman)
個人情報
本名 セヴェリン・クロソウスキー
別名 Ludwig Schloski
生誕 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
死没 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
死因 絞首
殺人
犠牲者数 3
犯行期間 1897年–1902年
イングランド
逮捕日 1903年
刑罰 死刑
テンプレートを表示

セヴェリン・クロソウスキーSeweryn Kłosowski、1865年12月14日 - 1903年4月7日)は、バローの毒殺犯(Borough Poisoner)として知られるポーランド人の連続殺人犯である。彼はポーランド立憲王国に生まれ、成人としてイングランドに移り、そこで犯罪を実行した。チャップマンは女性3人を毒殺した後、有罪判決を受けて処刑されたが、今日、主に、一部の同時代の警察官らが、彼が悪名高い連続殺人犯切り裂きジャックではないかと疑ったために、記憶されている。

前半生[編集]

セヴェリン・クロソウスキーは、ポーランド立憲王国ワルシャワ県ナグルナ(Nagórna)村でAntoniとEmilia ・クロソウスキーとの間に生まれた。父親は大工であった[1][2]。逮捕後に彼の所持品から見つかった証明書によると、彼は14歳で、ズヴォレニの上級外科医 Moshko(Mosze)Rappaportに弟子入りした。彼は瀉血のためのヒルの適用のような手順を支援した[2]。彼はそれから、ワルシャワ・プラガ病院の臨床手術のコースに登録した[2]。このコースは非常に短く、1885年10月から1886年1月まで(彼が所有する別の証明書によって証明された)続いたが、クロソウスキーは1886年12月までワルシャワで看護師、または医師の助手を務め続けた[2]

クロソウスキーは後にポーランドを離れてイギリスに向かい、ロンドンに定住したが、首都に到着した時は確実に確認されていない。クロソウスキーがまだそこにいたことを示す1887年2月からの病院代の領収書が、ポーランドでの彼の最後の記録であるし、彼の前半生を記録した文書はその月に突然終了し、彼がそのころポーランドをもしかすると立ち去ったかもしれないことを示している[1]。彼の裁判での証人の証言は、彼が1888年にロンドンに移住したことを示しているようである[3]。彼はイースト・エンドに定住し、1887年後半または1888年前半に或る美容師の助手になった。彼がウェスト・インディア・ドック・ロード70番地のAbraham Radinで働いていたことを示す記録がある。彼は5か月後にそこで働くのをやめ、その後、イーストのセント・ジョージのケーブル・ストリート126番地に理髪店を開いた。これは、1889年のロンドンのディレクトリにも彼の住居として記載された。1888年秋の切り裂きジャック殺害事件中にこれが彼の住居だったということは、あり得る。

クロソウスキーは、1889年にポーランドの若い娘Lucie Baderskiと結婚し、2人の子供をもうけ、そのために、すぐに元のポーランド人の妻に直面したが、彼女はすぐにポーランドに戻った[3]。夫婦はロンドンの別の住居に移り、1891年にアメリカに移住した。ロンドンでの彼らの最後の人口調査記録は、その年4月からのものである。夫婦はニュージャージー州ジャージーシティに定住し、そこでクロソウスキーは理髪店で仕事を見つけたが、夫婦はしばしば激しく戦った。1892年2月に、クロソウスキーが妊娠中のルーシーを攻撃し、彼女を殺して殺人を隠蔽するつもりだとのちに彼女に告げた後、彼女はロンドンに戻り、そこに姉妹と一緒に移り、娘を出産した。クロソウスキー自身は最終的にロンドンに戻り、2人はしばらくの間再合同した後、関係を永久に終わらせた。1893年に、彼はハディンの美容院で助手として働いていたとき、アニー・チャップマンという女に出会った(切り裂き犯の犠牲者との関係は不明である)。彼らは関係を始め、一緒に引っ越したし、彼は彼女の名前を採り、その後ジョージ・チャップマンとして知られている。1894年に、ほぼ1年間の同棲の後、チャップマンは別の女を連れてきて一緒に暮らし、妊娠していたアニーは数週間後に立ち去った。1895年前半に、アニーはチャップマンに自分らの赤子について話したが、彼はサポートを提供しなかった。その同じ年に、彼はフォレスト・ロードのジョン・ワードの家に宿泊している間、レイトン・ストーンのチャーチ・レーン7番地にあるウィリアム・ウェンゼルの理髪店の助手になった[1]

犯罪と死刑[編集]

チャップマンは少なくとも4人の情婦をとった。彼女らは彼の妻を装った。彼は3人を毒殺した[4]。彼女らはメアリー・イザベラ・スピンク(1858年 – 1897年12月25日)[5]、ベッシー・テイラー(1901年2月14日死亡)[5]、そしてモード・マーシュ(1902年10月22日死亡)[6]であった。彼は、サセックス、ヘイスティングスの或る薬剤師から購入して、それぞれに複合吐酒石を投与した[7]。金属元素アンチモンが豊富であるために、吐酒石は、もし不適切に使用されれば、ヒ素中毒と同様の症状を伴う痛ましい死を引き起こし得る[7]

チャップマンはウェンゼルの理髪店で働いていたときスピンクに出会った。夫が息子を連れて行ったアルコール依存症のスピンクは、偽装結婚して彼と一緒になり、遺産500ポンド(テンプレート使用エラー {{Inflation}}: |index=UK (パラメータ1)はインデックスとして正しくありません。)を残した。彼らは一緒に暮らし始め、ヘイスティングスの貧しい地域で理髪店を賃借した。この事業は不首尾であったし、彼らは店をもっと繁栄した立地に移し、チャップマンが顧客にサービスを提供している間スピンクがピアノを弾く「ミュージカル・シェーブ」を提供し始めた。これは人気を博し、夫婦にかなりの収入をもたらした。チャップマンは最終的に自身の帆船を購入し、それを『Mosquito』と名付けた。しかしながら、チャップマンはスピンクを残忍な殴打にくりかえしさらした。同じ建物に住む或る女は、夜スピンクが叫ぶのがしばしば聞こえた、彼女の顔の擦り傷や打撲傷、喉の跡に気づいた、と主張した。1897年4月3日に、チャップマンはハイ・ストリートの薬剤師ウィリアム・デビッドソンの店から吐酒石1オンスを購入した[1]

彼らの理髪店は結局失敗したし、チャップマンはバーソロミュー・スクエアでパブを経営することに頼った。彼がスピンクを毒殺したのはそこだった。その後まもなく、彼はレストラン・マネージャーであるテイラーを自分のパブで働くために雇い、彼らは関係を結んだ。チャップマンはふたたび虐待するようになり、伝えられるところによると彼女に向かって叫び、ある時点で回転式拳銃で彼女を脅した。彼女がスピンクが示したのと同じ症状にかかった後、チャップマンは論争を避けるために彼女と一緒にロンドンを立ち去り、ハートフォードシャーのビショップス・ストートフォードのマーケットタウンに移り、そこで Grapes Pubを経営した。手術後、テイラーの状態は悪いままであったし、彼らはロンドンに戻り、そこで彼はMonument Tavernを賃借した。テイラーの状態は着実に悪化したし、彼女は1901年に死亡した。チャップマンはまた、Monument Tavernに放火を試みた。それは賃借権を失いつつあった。1901年8月に、彼はマーシュをMonument Tavernのバーメイドとして雇った。彼はふたたび彼女と偽りの結婚をし、彼女を肉体的に虐待した。彼女もまた、最終的に毒殺された[1]

マーシュの死亡をめぐる嫌疑は警察の捜査につながった。遺体が発掘された他の女性2人と同様に、彼女は毒殺されていたことが判明した。殺人の起訴状には1つのカウントしか含まれていなかったために、チャップマンはマーシュの殺人でのみ起訴された。彼はサー・アーチボルド・ボドキンと法務次官サー・エドワード・カーソンによって起訴され、1903年3月19日に有罪判決を受け、1903年4月7日にワンズワース刑務所で絞首刑に処された[6]。チャップマンの死の直後に、彼の未亡人ルーシー・クロソウスキーは1903年4月にフランク・シマンスキと結婚した。これらの殺人に対するチャップマンの動機は不明であり、純粋に心理的なものであったかもしれない。スピンクは彼に500ポンドの遺産を残していたが、彼は他の犠牲者2人からは何も得られなかった[8]

切り裂きジャックではないかという嫌疑[編集]

ジョージ・チャップマン

スコットランドヤードの刑事の1人フレデリック・アバーラインは、チャップマンを逮捕した警察官ジョージ・ゴドリーに次のように語ったと報告されている――「"You've got Jack the Ripper at last!"」[9]。1903年の『Pall Mall Gazette』の2回のインタビューで、アバーラインはチャップマンを名指しして自分の嫌疑を詳しく説明した[10]。アバーラインはチャップマンが切り裂き犯だと思った、なぜなら、最初の調査中に、彼はチャップマンの最初の「妻」ルーシー・バデフスキーに綿密にインタビューし、彼女は夫が夜中に何時間も外出することが多かったと彼に言ったから[3]。同時代の新聞記事と書籍での憶測は、仲間の連続殺人犯トマス・ニール・クリームのように、チャップマンを、悪名高い切り裂き犯殺人事件の多くの容疑者の一人にした。知られているかぎり、チャップマンはこれら殺人事件当時に容疑者でなかった。チャップマンは、彼が毒殺しなかった情婦の1人から1895年に借りた、後のみょうじであった――(サラ)・アニー・チャップマン(同名の切り裂き犯の犠牲者と混同しないこと)[11]

最近の作家らは、チャップマンが切り裂き犯の深刻な容疑者と見なされるべきかどうかについて意見が分かれている。フィリップ・サグデンは、チャップマンが既知の切り裂き犯容疑者の中で最も可能性の高い候補であると考えたが、彼に対するケースは証明されていない[12]。しかしながら、ジョン・エドルストンは、切り裂き犯容疑者の0ないし5の評価で、チャップマンを2(「遠い可能性」"a remote possibility")と評価した[13]。ポール・ベッグはチャップマンに簡単に扱っただけで、明らかに彼を深刻な容疑者とは見なさなかった[14]

チャップマンに対する訴訟は主に、彼がまちがいなく女嫌いな気味のある暴力的な男だったという点に基づいている。彼はコモンローの妻らをつづけざまにたたくことが知られていたし、他の暴力的な行動をとる傾向があった。チャップマンは、アメリカに住んでいる間、妻ルーシー・クロソフスカをベッドに寝かせて首を絞め始め、部屋に隣接する店に足を踏み入れた客の応対をするためにやめたとされる。彼が立ち去ったとき、彼女は枕の下にナイフを見つけたと言われた。伝えられるところによると、彼は後に、彼女を埋めたであろう場所を指摘したり、隣人らに言ったであろうことを詳しく話したりさえして、彼女を斬首するつもりだったと言った[15]

チャップマンは、最初の殺人事件が起こった頃にホワイトチャペルに到着していた[3]。彼の説明はメアリー・ジェーン・ケリー(「カノニカル・ファイブ」の5人目の犠牲者)と一緒に目撃された男と一致したし、彼がアメリカに向けて出発したとき殺人は止まった[3]。彼はニューヨーク市でキャリー・ブラウンの殺害である切り裂き式の殺害を実行したとさえ示唆されてきた[12]が、最近の調査は、彼はこの殺人が終わるまで米国に到着しなかったと示唆している[16]

ロンドン警視庁の法医学サービス局を最近引退したロバート・ミルンは、2011年に国際鑑識学会に、2014年に法医学の公認協会に論文を発表し、チャップマン(Kłosowski)が最も可能性の高い切り裂き犯であることを示唆した。専門知識、調査文書のレビュー、および地理的プロファイリングソフトウェアの使用に基づいて、彼は殺人犯がこれら殺人の地域に住んでいると確信した。フレデリック・アバラインのトップ容疑者でもあるチャップマンは、その法案に正確に適合している。ミルンは、チャップマンが、疎遠になった妻によれば「今では女性らの連続毒殺犯として知られている」...「小さな鞄を持って出かけ、午前4時30分まで帰宅しなかったものだ」と指摘した。ミルンは2014年の論文で、1902年(または1901年)の殺人事件の犠牲者メアリー・アン・オースティンについても話した。(オースティンは、アニー・チャップマンのかつての家、クロッシンガムの下宿、ドーセット・ストリート35番地で腹部に10の傷を負って殺害された。)ミルンによれば、「身長5フィート7インチ、黒い口ひげを生やしたロシア人がメアリーを訪れ、セックスしている最中に彼女を刺し、子宮を切り取ろうとした」[17][18][19]

しかしながら、チャップマンと切り裂き犯殺人を結びつける確固たる証拠はない。彼を深刻な切り裂き犯容疑者として扱うことに反対する主な議論は、連続殺人犯が殺害方法を切断から中毒に変えることは珍しいということであるが、一部の当局はこれが想定されるほど珍しいことであるかどうかについて疑問を投げかけている[14]。容疑者が犠牲者のうち何人かと会話をしているという目撃者の報告によれば、切り裂き犯はほぼ確実に英語を話さなければならなかったので、彼が当時英語を話せるかどうかと、最近の移民として、彼が、切り裂き犯が持っていたと思われるホワイトチャペル地区の親密な知識を持っていたかどうかについて疑問がある[3]。切り裂き犯は以前は自分が知らなかった犠牲者らを選んだようにみえるし、チャップマンは知人らを殺したし、チャップマンはホワイトチャペルに住んでいたが、それはそれら殺人の現場のとくに近くではなかった[13]

チャップマンの物語は、タワーズ・オブ・ロンドンによって2度脚色された。最初は1949年に『Secrets of Scotland Yard』の中で『George Chapman... Poisoner, Publican and Lady Killer』として、次に1951年の『The Black Museum』のエピソードで「"The Straight Razor"」と題された。両者ともに、切り裂きジャックとしてのチャップマンのアイデンティティについての簡単な議論で締めくくっている。

脚注[編集]

引証[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 Casebook: Jack the Ripper – George Chapman”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 Sugden 2002, p. 441.
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 de Loriol 2010, pp. 61–62.
  4. Sugden 2002, p. 458.
  5. 5.0 5.1 Sugden 2002, p. 445.
  6. 6.0 6.1 Sugden 2002, p. 447.
  7. 7.0 7.1 Sugden 2002, p. 444.
  8. Sugden 2002, p. 462.
  9. Sugden 2002, p. 439.
  10. Sugden 2002, pp. 440–441.
  11. Sugden 2002, p. 443.
  12. 12.0 12.1 Sugden 2002, p. 465.
  13. 13.0 13.1 Eddleston 2001.
  14. 14.0 14.1 Begg 2013.
  15. Sugden 2002, pp. 449–450.
  16. Vanderlinden & Hacker 2004, §3: New York Affair.
  17. https://www.csofs.org/write/MediaUploads/Publications/CSEye/CSEye_April_2014.pdf, The 'Jack the Ripper' murders – What have we learned?
  18. https://www.thestar.com/news/world/2011/09/20/was_a_polish_surgeon_the_real_jack_the_ripper.html, Was a Polish surgeon the real Jack the Ripper?, Toronto Star
  19. Murder in Spitalfields”. The National Archives. 2019年7月29日閲覧。

情報源[編集]

Lua エラー モジュール:Authority_control 内、423 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)


This article "ジョージ・チャップマン (殺人犯)" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:ジョージ・チャップマン (殺人犯).