ウェストレイク埋立地

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


テンプレート:Infobox superfundウェストレイク埋立地(うぇすとれいくうめたてち、West Lake Landfill)は、アメリカ合衆国ミズーリ州ブリッジトン(Bridgeton)にある、密閉された、裏打ちされていない、混合廃棄物の、埋立地(landfill)である。2017年のHBOのドキュメンタリー『Atomic Homefront』で特集された。その内容は、放射性廃棄物を含んでいると示されてきた。それはまた、環境保護局(Environmental Protection Agency)のスーパーファンド(Superfund)の浄化用地でもある[1][2][3]

沿革[編集]

ウェストレイク埋立地の航空略図

ウェストレイク埋立地用地は、Westlake Quarry Companyが操業する石灰岩採石場として1939年に始まる[3][4][5]。用地での埋立は、1950年代に始まった[6]

数回にわたって持ち主(と責任を負うべき監視者)が変わったのち、1973年に、B&K Construction Co.という、コッター会社(Cotter Corporation)によって契約された会社が、もともと貯蔵されていた放射性物質の一部を近くの貯蔵設備に投棄した。8700短トン(7900トン)の、浸出した硫酸バリウムという、最低の相対放射能を帯びた物質が、埋立地で汚染物質を希釈するために、39000短トン(35000トン)の表土と結びつけられた[7][8][9] 。浸出した硫酸バリウムは、Mallinckrodt Chemical Worksのマンハッタン計画の一部としてウラン濃縮計画の副産物であったし、のちに核兵器製造、[10] そしてそこにそれを投棄することは違法であった[11] 。用地での放射性物質その他の発見のために、ウェストレイクは、1989年10月にスーパーファンドの用地として提示され、1990年8月に公式に登録された[12]

原子力規制委員会は、処分を発見し、用地を調査し、1977年に報告を公表した[13]

1989年10月28日に、ウェストレイクは、スーパーファンドの用地として提示され、[14]そして環境保護局は、埋立地を、国家優先事業一覧表(National Priorities List)に載せ、[15]1990年8月30日に、スーパーファンドの用地として指名した[16]。環境保護局は、潜在的に責任を負うべき4者を一覧表にした:エネルギー省。コッター会社(Cotter Corporation)。およびRepublic Servicesの従属会社Bridgeton LandfillとRock Road Industries[1]。環境保護局は、CERCLA(Comprehensive Environmental Response, Compensation and Liability Act、総合環境対策補償責任法。これによりスーパーファンドが創設された)の指針に沿った調査と評価を行なうようにこれら関係者に指示した[2]

複数の研究、公開ミーティング、およびパブリックコメント期間を含む何十年もの調査ののち、環境保護局は、最終用地洗浄計画を選んだ[4][17]。2008年に、EPAは、OU-1の40エーカー (16 ha)の上に多層カバーをかぶせて汚染用地を封じ込めることを発表した[4][18][19]。EPAの計画は、施設の管理と用地の監視をも必要とした[4][20]。環境保護団体および一般公衆から追加のコメントを受けたのち、EPAは、潜在的に責任を負う当事者らに代替的な浄化オプションの研究を依頼するように求めた[1][21][19][22]。2011年に、結果として生じている補足の実行可能性研究は発表された[19]

2012年に、環境保護局国家救済審査委員会(National Remedy Review Board)との協議の後、環境保護局は、潜在的に責任を負うべき当事者に、より多くのデータを収集し、追加の評価を実行するように依頼した。[21]2013年に用地とその周辺地域の航空調査を行なったのち、環境保護局は、放射性廃棄物は、OU-1内に含まれたままであり、周辺地域への安全リスクをもたらさない、と報告した[23]

ウェストレイク埋立地は、近くの地下のくすぶり火災(OU-2)、およびOU-1から1000フィート(300メートル)だけ離れた所の事故(event)のために、さらなる精査をされている[24]。まんいち火災が放射性廃棄物のOU-1区域に到達しても、放射線リスクは低い[25]

2018年2月に、環境保護局長官スコット・プルーイットは、ウェストレイク埋立地を修復する、提案された計画を告知した。「掘削プラス」(“Excavation Plus”)または「選択肢4」(“Alternative 4,”)として知られて、計画は、1グラムあたり52.9ピコキュリー(pCi/g)よりも大きい濃度の放射性衝撃物質(radioactively impacted material、RIM)を、最大深さ16フィートまで、除去することを含んだ。提案は、埋立地から放射能の約67パーセントを除去するだろうし、推定費用2億3600万ドルで履行するのに5年間を要するだろう。Bridgeton Landfill LLC、Rock Road Industries Inc.、コッター会社(Cotter Corporation)およびエネルギー省を含む、潜在的に責任を負う当事者らは、浄化の費用に対して法律上、責任を負う。計画に含まれているのは、長期間、ブリッジトンのコミュニティーを保護するであろう遮蔽システムを建設する提案である[26] [27]

現在の管理[編集]

埋立地は、複数のセクターに分けられており、その内に、2運転可能単位(operable unit、OU)、OU-1およびOU-2がある。OU-1は放射性物質を含んでいる。OU-2もまた同様であると示されている[28]。OU-1は、(深さ6インチまたは150mmの土壌の上に)表面940立方ヤード(720m3)および地下24000立方ヤード(18000m3)に及び、一方で、OU-2は、表面8700立方ヤード(6700m3)および地下109,000立方ヤード(83000m3)にわたる[29]

連邦環境保護局(EPA)が現在は、ウェストレイク埋立地を管理している[30]。環境保護局は、OU-1の沿革、現状および提案された救済策を詳述している複数の研究および報告を命じた[31][32]

2000年4月に、環境保護局は、報告「救済調査報告書ウェストレイク埋立地運転可能単位1」("Remedial Investigation Report West Lake Landfill Operable Unit 1")を発表したが、これは用地の沿革および状況を詳述した[33]。2006年5月に、環境保護局は、OU-1の実行可能性研究を発表したが、これは、OU-1のための可能な救済オプションを評価した[34]。研究は、2006年現在の用地の状況を詳述している一章を含んでいる[35]

これらその他の徹底的な調査ののち、環境保護局は、OU-1の決定記録(Record of Decision,ROD)に署名しました。2008年5月に、環境保護局は、その決定記録を発表したが、これは、危険区域を含むように設計されたキャッピング・システムの指定、および地下水の長期間モニタリングの計画を含む、矯正のための指定された行動方針の輪郭を描いた[36][37]。特に、それは、OU-1の、影響を受けている地域を覆う多層埋立遮蔽の、環境保護局の提案された救済を詳述した[4][38]。環境保護局は、補足的な実現可能性研究を依頼し、[39][40]これは、内部機関の審議と、利害関係があるコミュニティー・メンバーによる論評の考慮のあとに続いた[21][19][41][42]

2010年-現在の状況[編集]

諸研究[編集]

環境保護局は、決定記録(Record of Decision,ROD)に関するフィードバックを受け続け、そしてそれに応じて、潜在的に責任を負う当事者がOU-1の補足的実行可能性研究(Supplemental Feasibility Study,SFS)(SFS)を実施することを求めた[43][44]。2011年12月に、完全なSFSが公開された[44][45]

環境保護局からの現在のマイルストーンとタイムラインは、以下のものを含んでいる:[46]

  • 2015年5月-6月、「放射線影響物質」(radiologically impacted material)(RIM)の範囲を特徴づける「ガンマ・コーン貫通試験」(gamma cone penetration testing)(GCPT)および「音波コアサンプリング」(sonic core sampling)の開始、そして2015年秋の不安[46]
  • 2015年6月、[最終的なウェストレイクの大気モニタリングの結論を裏付ける、]ベースラインの用地外の大気モニタリング・データの1年間の完了[46]
  • 2015年晩夏、どのようにRIMが高温によって影響されるかを決定する、パイロシス試験の開始[46]
  • 2016年、計画されたさらなる「補足的な実行可能性研究」(Supplemental Feasibility Study)(SFS)を通知する、用地の特徴づけおよび概念的用地モデルの更新の完了の停止、そしてSFSの完了の停止[46]
  • 2017年、ウェストレイクのために提案された長期間救済策に関するパブリック・コメンティング、そして2008年「決定記録」(Record of Decision)に対する変更の環境保護局の最終的承認[46]

表面下くすぶり事件[編集]

ウェストレイク埋立地での表面火災 2014年2月

2010年12月に、隣接するOU-2埋立地地域、Bridgeton Sanitary Landfillを監視している人々は、「いくつかのガス抽出井で高温を経験して...報告し」("reported... experiencing elevated temperatures on some gas extraction wells")、表面下でのくすぶり事件(subsurface smoldering event, SSE)が始まっていたと断定した[47][48] 。SSEは、埋立地内の奥深くで生起する化学燃焼の一形式であり、それらが酸素が豊富な表面に着かないかぎり、目に見える火炎や大量の煙を発生させない。それは通例、数年間にわたって続く[49]

2013年3月に、フットボール競技場15面分の、深さ150フィート超の地下で、高い表面下の温度が測定された。もしそういう大きい地域を掘削し、反応を消そうとするならば、たとえ不可能でないにせよ、困難であろうし、おそらく、有毒な気体と反応が表面まで通り抜けるリスクとを増加させるであろう[50]

隔離障壁[編集]

くすぶっている火の発見以来、Republic Servicesは、隔離障壁が建設されるように命令したが、これは、くすぶっている衛生廃棄物が、OU-1に貯蔵された放射性廃棄物に達するのを妨げるであろう[51]

環境保護局(EPA)は、ミズーリの天然資源部門、連邦陸軍工兵隊その他と協力して、2015年12月に、ウェストレイク埋立地スーパーファンド用地のために物理的な隔離障壁を設置する決定を告知した。この計画は、冷却環を含む他の工学制御の設置を推奨し、これは、表面下のくすぶり事件が用地の放射性物質と接触するというありそうもない事件におけるあらゆる潜在的衝撃を妨げる[52]

さらにまた、埋立地所有者らは、ガスをモニターするために使用する技術を向上することにくわえて、ノース採石場(North Quarry)をおおうキャップを設置し、キャップの下に液体とガスを捕らえる塹壕を作るつもりである[51]

関連するリスク[編集]

ウェストレイク埋立地には、放射性廃棄物がいくらかある。2015年の環境有害物質特定疾病対策庁(Agency for Toxic Substances and Disease Registry)による独立した評価は、これは周囲のコミュニティーに健康リスクをもたらさない、と結論づけた[53]。ラドン・ガスの量は、肺がんを引き起こすレベルよりもじゅうぶんに低く、埋立地近くの地下水は周囲のコミュニティーから遠ざかり、飲料水に使用されず、そして土壌サンプルは放射能汚染の証拠を示さなかった[53]

将来の管理[編集]

2016年半ばに、ウェストレイク埋立地の管理を、連邦陸軍工兵隊(United States Army Corps of Engineers)が管理する、旧利用用地矯正実行計画(Formerly Utilized Sites Remedial Action Program,FUSRAP)に移行するという求める運動があった[54]。FUSRAPは1974年に、連邦原子力委員会(US Atomic Energy Commission)の初期の核活動から生じている放射性廃棄物を浄化するために設立された[55][56]。FUSRAPは、用地研究と評価を行うために、独立した政府科学者を利用している。徹底的な評価が実行されているのちに、連邦陸軍工兵隊(US Army Corps of Engineers,USACE)は、どのように放射性廃棄物を管理するかを決定している。財政上責任を負う当事者らは、この決定に法的に異議を申し立てることはできない[55]。FUSRAPは現在、セントルイス大都市圏内の、セントルイス空港用地(St. Louis Airport Site,SLAPS)とヘーゼルウッド一時貯蔵用地(Hazelwood Interim Storage Site,HISS)の2つの進行中の矯正プロジェクトを管理しており、そのどちらも、ウェストレイク埋立地と同じ組成の放射性廃棄物を含んでいる[57][58]

部隊の土木局長(corps’ director of civil works)スティーヴン・ストックトン(Steven Stockton)によれば、もしFUSRAPにウェストレイクを追加しても、矯正を速めないであろう。[54]さらに、連邦議会エネルギー委員会の主要委員らは、連邦陸軍工兵隊とともに、埋立地の監視をEPAスーパーファンドからFUSRAPに移す、ミズーリの代表団による提案に反対している[59]

読書案内[編集]

  • EPA Region 7 Midwest (2015). "West Lake Update: The Path Ahead," June 15, 2015, see,[60] 2015年10月27日閲覧。(英語)
  • EPA Region 7 Midwest (2015). "West Lake Update: EPA Oversight, A Vital Part of the Remedial Process at West Lake," July 6, 2015," see,[61] 2015年10月27日閲覧。(英語)

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 Tomich, Jeffrey (29 May 2013). “EPA says West Lake Radiation is 'Contained'”. St. Louis Post-Dispatch. http://www.stltoday.com/news/local/metro/epa-says-west-lake-radiation-is-contained/article_a640c601-8f5b-55f3-9f2a-3d55af2c139d.html 2015年10月27日閲覧。. 
  2. 2.0 2.1 Hsieh, Steven (10 May 2013). “St. Louis Is Burning”. Rolling Stone. https://www.rollingstone.com/politics/news/st-louis-is-burning-20130510 2013年3月10日閲覧。. 
  3. 3.0 3.1 Zigman, Leisa (2013年6月14日). “Secrets Buried Beneath Westlake Landfill”. KSDK.com. 2015年10月27日閲覧。
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 4.4 US EPA Region 7 (2008). Record of Decision West Lake Landfill Site Bridgeton, Missouri, Operable Unit 1 (125 pp.). Kansas City, KS, USA: U.S. Environmental Protection Agency Region 7. pp. 37, 48, 49. http://www.epa.gov/region07/cleanup/west_lake_landfill/pdf/west_lake_landfill_ROD2008.pdf 2015年10月27日閲覧。 
  5. Inc., Rock Road Industries,. “West Lake Landfill - Home, About and Latest Updates” (英語). westlakelandfill.com. 2017年2月6日閲覧。
  6. West Lake Landfill”. Missouri Department of Natural Resources. 2013年9月27日閲覧。
  7. 314-340-8320, JEFFREY TOMICH jtomich@post-dispatch.com. “EPA says West Lake radiation is 'contained'” (英語). stltoday.com. http://www.stltoday.com/news/local/metro/epa-says-west-lake-radiation-is-contained/article_a640c601-8f5b-55f3-9f2a-3d55af2c139d.html 2017年2月6日閲覧。 
  8. West Lake Landfill | US EPA” (英語). www.epa.gov. 2017年2月6日閲覧。
  9. 314-340-8320, JEFFREY TOMICH jtomich@post-dispatch.com. “EPA continues testing at West Lake Landfill; critics unmoved” (英語). stltoday.com. http://www.stltoday.com/news/local/metro/epa-continues-testing-at-west-lake-landfill-critics-unmoved/article_36c477a5-91e4-519a-81f7-b5bee1ee8662.html 2017年2月6日閲覧。 
  10. “St. Louis Landfill Fire Nears Nuclear Waste: Where's the Government?”. Rolling Stone. https://www.rollingstone.com/politics/news/st-louis-is-burning-20130510 2017年2月6日閲覧。 
  11. Barker, Blythe Bernhard, Jacob. “Emergency plans for West Lake Landfill stoke fears” (英語). stltoday.com. http://www.stltoday.com/news/local/govt-and-politics/emergency-plans-for-west-lake-landfill-stoke-fears/article_9516c8bc-b69d-566c-a5f9-e68f82fa10c5.html 2017年2月6日閲覧。 
  12. Inc., Rock Road Industries,. “West Lake Landfill - History of the Operating Unit 1 Superfund Site” (英語). westlakelandfill.com. 2017年2月6日閲覧。
  13. NPL Site Narrative for Westlake Landfill”. United States Environmental Protection Agency. 2013年9月27日閲覧。
  14. Inc., Rock Road Industries,. “West Lake Landfill - History of the Operating Unit 1 Superfund Site” (英語). westlakelandfill.com. 2017年2月6日閲覧。
  15. 07, US EPA,REG. “West Lake Landfill - Additional Details About Site Status, June 2017 | US EPA” (英語). US EPA. 2018年5月9日閲覧。
  16. Toler, Lindsay. “West Lake Landfill: EPA proposal is latest chapter in long, troubled history” (英語). http://news.stlpublicradio.org/post/west-lake-landfill-epa-proposal-latest-chapter-long-troubled-history#stream/0 2018年5月9日閲覧。 
  17. Inc., Rock Road Industries,. “West Lake Landfill > EPA Selected Remedy for the OU-1 Superfund Site” (英語). westlakelandfill.com. 2017年2月6日閲覧。
  18. Inc., Rock Road Industries,. “West Lake Landfill > EPA Selected Remedy for the OU-1 Superfund Site” (英語). westlakelandfill.com. 2017年2月6日閲覧。
  19. 19.0 19.1 19.2 19.3 Tomich, Jeffrey (14 March 2012). “EPA Weighs Cleanup of Nuclear Waste at Bridgeton Landfill”. St. Louis Post-Dispatch. http://www.stltoday.com/news/local/metro/epa-weighs-cleanup-of-nuclear-waste-at-bridgeton-landfill/article_452f82ac-6d57-11e1-9300-0019bb30f31a.html 2015年10月27日閲覧。. 
  20. Inc., Rock Road Industries,. “West Lake Landfill > EPA Selected Remedy for the OU-1 Superfund Site” (英語). westlakelandfill.com. 2017年2月6日閲覧。
  21. 21.0 21.1 21.2 Tomich, Jeffrey (18 January 2013). “EPA Continues Testing at West Lake Landfill; Critics Unmoved”. St. Louis Post-Dispatch. http://www.stltoday.com/news/local/metro/epa-continues-testing-at-west-lake-landfill-critics-unmoved/article_36c477a5-91e4-519a-81f7-b5bee1ee8662.html 2015年10月27日閲覧。. 
  22. Inc., Rock Road Industries,. “West Lake Landfill > EPA Selected Remedy for the OU-1 Superfund Site” (英語). westlakelandfill.com. 2017年2月6日閲覧。
  23. Anon. (29 May 2013). “EPA: Radiation at West Lake Landfill Poses No Health Threat”. KMOX, CBS St. Louis. http://stlouis.cbslocal.com/2013/05/29/epa-radiation-at-west-lake-landfill-poses-no-health-threat 2015年10月27日閲覧。. 
  24. Koerth-Baker, Maggie (2016年5月10日). “How Do You Put Out A Subterranean Fire Beneath A Mountain Of Trash?” (英語). FiveThirtyEight. https://fivethirtyeight.com/features/how-do-you-put-out-a-subterranean-fire-in-a-mountain-of-trash/ 2017年2月6日閲覧。 
  25. Barker, Jacob. “Misplaced fears? Radiation risks from West Lake, Coldwater Creek low, say experts” (英語). stltoday.com. http://www.stltoday.com/news/local/metro/misplaced-fears-radiation-risks-from-west-lake-coldwater-creek-low/article_22b09b56-e8d4-5473-8caf-d417561c9bf1.html 2017年2月6日閲覧。 
  26. EPA,OA,OEAEE,OMR, US. “EPA Administrator Scott Pruitt Announces West Lake Landfill Superfund Proposed Remedy | US EPA” (英語). US EPA. 2018年5月9日閲覧。
  27. West Lake Update”. US Environmental Protection Agency (2018年3月2日). 2018年5月9日閲覧。
  28. Inc., Rock Road Industries,. “West Lake Landfill - Frequently Asked Questions about EPA’s 2008 Remedy” (英語). westlakelandfill.com. 2017年2月6日閲覧。
  29. Inc., Rock Road Industries,. “West Lake Landfill - History of the Operating Unit 1 Superfund Site” (英語). westlakelandfill.com. 2017年2月6日閲覧。
  30. West Lake Landfill | US EPA” (英語). www.epa.gov. 2017年1月22日閲覧。
  31. West Lake Landfill | Region 7 | US EPA”. Epa.gov. 2015年10月28日閲覧。
  32. Downloadable Records”. West Lake Landfill. 2015年10月28日閲覧。
  33. EMS (2000). Remedial Investigation Report: West Lake Landfill Operable Unit-1, Prepared for West Lake Landfill OU-1 Respondents Group, 10 April 2000 (631 pp.). Lakewood, CO, USA: Engineering Management Support, Inc.. http://westlakelandfill.com/LinkClick.aspx?fileticket=-eCaHIBDkg4%3d&tabid=68 2015年10月27日閲覧。  [要ページ番号]
  34. EMS (2006). Feasibility Study: West Lake Landfill Operable Unit-1, Prepared for West Lake Landfill OU-1 Respondents Group, 8 May 2006 (472 pp.). Lakewood, CO, USA: Engineering Management Support, Inc.. http://westlakelandfill.com/Portals/0/Documents/West%20Lake%20Landfill%20OU-1%20Feasibility%20Study%205-8-06.pdf 2015年10月27日閲覧。 [要ページ番号]
  35. Feasibility Study West Lake Landfill Operable Unit 1”. Engineering Management Support, Inc.. p. 6 (2006年5月8日). 2017年1月22日閲覧。
  36. 05/29/2008: EPA Signs Record of Decision on West Lake Landfill Superfund Site in Bridgeton, Mo.”. yosemite.epa.gov. 2017年1月22日閲覧。
  37. Superfund Records Collections”. EPA (2017年2月6日). 2017年2月6日閲覧。
  38. Engineering Management Support, Inc (2011年12月28日). “Supplemental Feasibility Study Radiological-Impacted Material Excavation Alternatives Analysis West Lake Landfill Operable Unit-1”. Engineering Management Support, Inc. 2017年1月22日閲覧。
  39. EMS (2011). Supplemental Feasibility Study: Radiological-Impacted Material Excavation Alternatives Analysis West Lake Landfill Operable Unit-1, Prepared for US EPA Region VII, on behalf of The West Lake Landfill OU-1 Respondents, 28 December 2011 (1356 pp.). Lakewood, CO, USA: Engineering Management Support, Inc.. http://www.epa.gov/region07/cleanup/west_lake_landfill/pdf/supplemental_feasibility_study-west_lake_landfill_ou-1.pdf 2015年10月27日閲覧。 [要ページ番号]
  40. EPA, US. “United States Environmental Protection Agency - Region 7 - 11201 Renner Blvd., Lenexa, KS 66219” (英語). archive.epa.gov. 2017年1月22日閲覧。
  41. Holland, Elizabeth (30 May 2008). “EPA Decides to Build Cover for Radioactive Waste Site”. St. Louis Post-Dispatch: C1,C7. http://mirrorh.com/timeline0508.html 2015年10月27日閲覧. "Subtitle: Plan for West Lake Landfill is touted as best option, but it draws fire from activist." 
  42. Home, About and Latest Updates”. West Lake Landfill. 2015年10月28日閲覧。
  43. Supplemental Feasibility Study (SFS)”. Rock Road Industries (2013年). 2017年1月17日閲覧。
  44. 44.0 44.1 Supplemental Feasibility Study Radiological-Impacted Material Excavation Alternatives Analysis West Lake Landfill Operable Unit-1”. Engineering Management Support (2011年12月16日). 2017年1月17日閲覧。
  45. Engineering Management Support, Inc. (2011年12月28日). “Supplemental Feasibility Study Radiological-Impacted Material Excavation Alternatives Analysis West Lake Landfill Operable Unit-1”. 2017年2月26日閲覧。
  46. 46.0 46.1 46.2 46.3 46.4 46.5 EPA Region 7 Midwest (2015). "West Lake Update: The Path Ahead," June 15, 2015, see [1], accessed 27 October 2015.
  47. MDNR (15 March 2014). Subsurface Smoldering Event - Bridgeton Sanitary Landfill. Jefferson City, MO, USA: Missouri Department of Natural Resources. http://dnr.mo.gov/bridgeton/docs/subsurfacesmolderingevent091514.pdf 2015年10月27日閲覧。 
  48. MDNR (2013). West Lake Landfill. Jefferson City, MO, USA: Missouri Department of Natural Resources. http://dnr.mo.gov/env/hwp/fedfac/westlakelandfill-ffs.htm 2015年10月27日閲覧。 
  49. Revkin, Andrew C.. “The Fire Down Below” (英語). Dot Earth Blog. https://dotearth.blogs.nytimes.com/2010/08/20/the-fire-down-below/ 2017年3月7日閲覧。 
  50. LaCapra, Véronique. “Confused about Bridgeton, West Lake landfills? Here's what you should know” (英語). http://news.stlpublicradio.org/post/confused-about-bridgeton-west-lake-landfills-heres-what-you-should-know 2017年3月13日閲覧。 
  51. EPA Announces West Lake Landfill Isolation Barrier Decision”. EPA (2015年12月31日). 2017年2月13日閲覧。
  52. 53.0 53.1 LaCapra, Véronique (2015年10月16日). “Federal report shows no radiation risk to communities around the West Lake Landfill”. St Louis Public Radio. 2016年5月29日閲覧。
  53. 54.0 54.1 Barker, Jacob. “Corps says it won't clean up radioactive landfill faster than EPA” (英語). stltoday.com. http://www.stltoday.com/news/local/metro/corps-says-it-won-t-clean-up-radioactive-landfill-faster/article_b447b99d-cbc5-5ea6-abec-607b5fe3d08f.html 2017年3月20日閲覧。 
  54. 55.0 55.1 Formerly Utilized Sites Remedial Action Program”. USACE. 2014年7月15日閲覧。[要文献特定詳細情報]
  55. RADIOACTIVE ROULETTE: SHOULD THE NUCLEAR REGULATORY COMMISSION BE REGULATING THE UNITED STATES ARMY CORPS OF ENGINEERS' FUSRAP ACTIVITIES?”. www.bc.edu. 2017年3月20日閲覧。
  56. St. Louis Airport Site (SLAPS)”. US Army Corps of Engineers FUSRAP. USACE. 2014年7月15日閲覧。
  57. Hazelwood Interim Storage Site (HISS): Futura, Latty Ave Vicinity Properties”. US Army Corps of Engineers FUSRAP. USACE. 2014年7月15日閲覧。
  58. Raasch, Chuck. “Plan to shift West Lake cleanup to Corps of Engineers hits congressional roadblock” (英語). stltoday.com. http://www.stltoday.com/news/local/plan-to-shift-west-lake-cleanup-to-corps-of-engineers/article_3b9d920a-b4af-5629-a67c-68b9f3b5fbc9.html 2017年3月20日閲覧。 
  59. West Lake Update The Path Ahead – June 15 – 2015”. Scribd.com. 2015年10月28日閲覧。
  60. West Lake Update – July 6 – 2015”. Scribd.com. 2015年10月28日閲覧。

外部リンク[編集]


This article "ウェストレイク埋立地" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:ウェストレイク埋立地.