TNT's Session

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

TNT's Session
別名 テンプレート:Hlist/styles.cssページに内容がありません。
  • The Monacar's
生誕 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
出身地 日本の旗 日本 千葉県
死没 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
ジャンル
  • ロック
  • ポップ・ロック
  • オルタナティブ・ミュージック
  • エレクトロニック・ミュージック
活動期間 2019年 -
レーベル 日本の旗 Lake side Records
公式サイト https://sites.google.com/site/tntssession/
メンバー
  • T辺(ボーカル・ギター・ベース・キーボード・サクソフォーン)
  • N堀(ボーカル・ベース)
  • T島(ドラムス・ボーカル)
  • I上(ギター・キーボード・ドラムス)

TNT's Sessionは2019年から活動する日本の音楽グループである。

メンバー[編集]

  • T辺 TNT's Sessionの全楽曲のうち約3分の2の作曲・編曲、また全ての楽曲で演奏を務める。(2020年現在) 加えて、ミュージックビデオやグループロゴ等の制作も担当している。同じ学年にはファンクラブが存在し、常時彼は人だかりに囲まれているとかいないとか。さらにはバレンタインに軽トラの荷台一個分の量のチョコレートをもらったとかもらってないとか。真相は今となっては闇の中だ。
  • N堀 「エジプトの首都」や「6:3」などといった独創的な世界観の歌詞を書く。使用楽器はエピフォンのLimited Korina Explorer Bass。「VPC」のミュージックビデオ[1]にて確認することができる。さらにFortniteのプレイヤーでもあり、プロゲーマーを目指しているとの情報もある。現在はDiscordで常時Google Chromeをプレイ中と表示されており、彼の暇さが垣間見える。長期休みになると必ずと言っていいほど昼夜が逆転してしまう。本人は毎度治したいと話すが、かれこれ4年ほど言い続けている。一応周りから信頼されているが、信頼されている=期待されているというわけではない。
  • T島 現在表だった活動は報告されていない。しかし何かに関わっているのではないかと噂されている。(2020年現在)追記:2021年現在、交際相手ができたためバンド活動にいそしむ時間はないとし、青春を謳歌している。ほかのメンバーとは一線を画しているようだ。
  • I上 TNT's Sessionの全楽曲のうち約3分の1の作曲を担当。うち1曲はT辺と共同制作している。(2020年現在) エレクトロニック・ミュージックの作曲を得意としている。彼こそがTNT's Sessionには苗字にT,N,Tが含まれていなければ所属できないというジンクスじみたものを最初に破った人である。偉大なる一歩だ。

概要[編集]

メンバー4人それぞれ異なった音楽選好を持つことをあえて強みとし、様々なジャンルの音楽を発信している。
しかし全員が演奏で参加した楽曲は「VPC」のみである。(2020年現在)

来歴[編集]

2019年12月18日、公式Youtubeアカウントを開設し「エジプトの首都」を投稿。[2]黄色の背景に白と赤の縞模様のバナナ、その下に黒字で「TNT’s Session」の文字、というのが最初のグループロゴとなっている。(先述した「TNT’s Session」のフォントに関しては、初代アイコンから2020年現在に至るまで変わっていない。)

2020年1月5日、N堀が自身のベースを購入を発表。[3]これよりN堀の担当楽器がベースであることが判明した。

2020年1月18日、グループロゴが変更。[4]白色の背景に黒字で「TNT’s Session」の文字、その上に白と赤の縞模様の3名の人物が立っているデザインに変更される。

2020年1月28日、シングル「エジプトの首都」がTunecoreより配信される。[5] 以後、YouTubeに投稿した楽曲の一部をシングルとして配信するようになる。[6][7]

2020年2月14日、T島が自身のドラムを購入を発表。[8]T島の担当楽器が確定し、3ピースバンドとなる。

2020年2月25日、T辺の友人のI上が加入。[9]I上はT辺と同じくギターを担当することが発表された。
同日25日、グループロゴが変更。[10]「TNT’s Session」の文字の上に立つ人物が4名となる。

2020年3月7日、「VPC」をYoutubeに投稿。初の実写ミュージックビデオが撮られるが、2020年現在は限定公開となっている。

2020年3月23日、無観客ライブ「TNT’s Session LIVE 2020△0323」Youtube Liveで開催。[11]

2020年3月27日、グループロゴが変更。[12]2020年現在のものに近い形であるメンバーの似顔絵を使ったものになる。ただしテーマカラーであった白と赤の縞模様は使われなくなる。

2020年5月29日、アルバム「TNT's Session」が配信開始。[13] 既に発表されていた5曲に加えて未発表曲8曲を含む全13曲が収録される。翌月6月16日よりAmazonにてCDが販売された。[14]

2020年10月22日、グループロゴが執筆現在 (2020年) のものに変更された。白と赤の縞模様が復活し、メンバーのイラストの着用している服装が統一された。

2021年7月10日、「スーパーヒーロー」の曲に、「VPC」後初となる実写ミュージックビデオが撮影され、公開された。

備考[編集]

  • 2020年5月29日に配信されたアルバム「TNT's Session」において、このアルバムのYoutubeの再生リスト[15]の概要欄に書かれたクレジットを見ると、T辺が作曲し、ボーカルを含む全ての楽器の演奏をしている楽曲が全13曲中8曲あり、残りの5曲中4曲はI上が作曲しT辺と合同で演奏。もう1曲はI上とT辺の作曲で2人が演奏しているものとなっている。そのため、残る2人のメンバーは演奏面で参加していないことが判明した。
    また、前述した2020年現在唯一のI上とT辺の共同制作楽曲である「マフラーを巻いて」のクレジット欄には「作詞・作曲 The Monacar's」と表記されている。[16]
  • 当初は自らのことを「バンド」であるとTwitter等で発言していたが、2020年現在は「音楽プロジェクト」と名乗っている。[17]
  • 楽曲「チューインガム」や「Get Haze」・「青春の泡沫」などTNT's Sessionのメンバー以外の人物が作詞に関わっている場合がある。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

発売日 タイトル レーベル 収録曲
2020年5月29日 TNT's Session Lake side Records 1. I was born!!!

2. エジプトの首都

3. 拝啓僕の好きなあの子

4. きみのなまえ

5. チューインガム

6. さよなら街明かり

7. マフラーを巻いて

8. 青春の泡沫

9. Dependence

10. 君はフェンダーを買ってしまった

11. My father is dead

12. 6:3

13. スローダウン

シングル[編集]

発売日 タイトル レーベル 収録曲
2020年1月28日 エジプトの首都 Tnt's Session エジプトの首都
2020年2月18日 6:3 Tnt's Session 6:3
2020年3月2日 Lose Rose in Xmas Tnt's Session Lose Rose in Xmas
2020年11月22日 6:3 (2020 November Remaster) Lake side Records 6:3 (2020 November Remaster)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. 「VPC」 TNT's Session【Official Music Video】 - YouTube”. www.youtube.com. 2021年2月5日閲覧。
  2. 「エジプトの首都」 TNT's Session - YouTube”. www.youtube.com. 2021年2月8日閲覧。
  3. N堀は今日からベーシスト-TNT’s Session-Twitter”. Twitter. 2021年2月8日閲覧。
  4. 新しいプロフィール画像です。-TNT’s Session-Twitter”. Twitter. 2021年2月8日閲覧。
  5. TNT’s Session、「エジプトの首都」を配信開始|THE MAGAZINE” (日本語). THE MAGAZINE. 2021年2月8日閲覧。
  6. TNT’s Session、「6:3」を配信開始|THE MAGAZINE” (日本語). THE MAGAZINE. 2021年2月8日閲覧。
  7. TNT’s Session、「Lose Rose in Xmas」を配信開始|THE MAGAZINE” (日本語). THE MAGAZINE. 2021年2月8日閲覧。
  8. 【速報】T島、ドラムを購入-TNT’s Session-Twitter”. Twitter. 2021年2月8日閲覧。
  9. メンバーが正式加入しました。-TNT’s Session-Twitter”. Twitter. 2021年2月8日閲覧。
  10. NEW-TNT’s Session-Twitter”. Twitter. 2021年2月8日閲覧。
  11. TNT’s Session LIVE 2020△0323-TNT's Session-Twitter”. Twitter. 2020年2月8日閲覧。
  12. NEW-TNT's Session-Twitter”. Twitter. 2020年2月8日閲覧。
  13. TNT’s Session、「TNT’s Session」を配信開始|THE MAGAZINE” (日本語). THE MAGAZINE. 2021年2月8日閲覧。
  14. TNT's Session, TNT's Session, Lake side Records, https://www.amazon.co.jp/TNTs-Session/dp/B08B73KGX8/355-2580490-2443315?ie=UTF8&ref_=cm_sw_r_li_api_i_5En6EbJ47TQ2W 2021年2月8日閲覧。 
  15. 「TNT's Session」1st Album - YouTube”. www.youtube.com. 2021年2月8日閲覧。
  16. 「マフラーを巻いて」 TNT's Session 【Official Audio】 - YouTube”. www.youtube.com. 2021年2月8日閲覧。
  17. TNT's Session” (日本語). TuneCore Japan. 2021年2月8日閲覧。

外部リンク[編集]

  • TNT's Session - YouTubeチャンネル
  • Lua エラー モジュール:Twitter 内、8 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)
  • TNT's Session (tntssession) - Instagram
  • スクリプトエラー: モジュール「Official website」はありません。
  • スクリプトエラー: モジュール「Official website」はありません。


This article "TNT's Session" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:TNT's Session.