Silver-Rose

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

Silver-Rose
生誕 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
出身地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市
死没 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
ジャンル ロック
オルタナティヴ・ロック
ハードロック
活動期間 1989年 - 1994年
事務所 ティアーズ音楽事務所
メンバー Yowmay(ボーカル)
Hitoshi(ギター)
Koichi(ギター)
Kaiki(ベース)
Kyo(ドラムス)
旧メンバー Eiji(ドラムス)

Silver-Rose(シルヴァー・ローズ)は、名古屋出身のヴィジュアル系ロックバンド。当時は黒夢と並んで「名古屋2大巨頭」とされていた[1]

解説[編集]

  • 愛知県豊田市で結成されていたビートロック・バンドR-STREETを音楽的方向性の違いで脱退したKAIKIが、もっとダークでハードな音楽を求めてYOWMAYとHitoshiを勧誘。
  • バンド名の由来は、YOWMAYが「Silver」の単語を、KAIKIが「Rose」という単語を使用したいという意見から、二つの単語をあわせてSilver-Roseとなった。
  • インディーズながら数々のワンマンライブを展開し、全国的にも人気があった。
  • 解散後ギターのKouichiはLaputaに、ベースのKaikiはROUAGEに、そしてドラムのKyoはMerry Go Roundに加入した。

メンバー [編集]

  • YOWMAY(ヨウメイ)(vo)
本名:久留嶋洋盟。1967年12月20日生まれ。秋田県出身。Silver-Roseでは作詞がメインだったが作曲も担当した。幼少の頃から二人の兄の影響で洋楽や歌謡曲を聴きながら育つ。地元の高校を卒業後、愛知県豊田市にある某自動車メーカーに就職。そこで職場の先輩たちとバンドを結成し、豊田市内の楽器屋でイベントに出演。そこでKAIKIと知り合う。解散後は1994年5月にハードロック系のバンドSLIDE RAREを結成。同年にミニアルバムを1枚発表している。同バンドは1996年に解散。1997年にSLIDE RAREの二代目ギタリストKazukiと共にNAKED ARMORを結成。大阪を中心に積極的な活動をする。(NAKED ARMORではライブCDを1枚無料配布したのみで公式音源は無し)1999年3月、NAKED ARMOR解散に伴い音楽活動を一時停止。2015年、Duran DuranのトリビュートバンドDDDを結成。2019年にはTM NETWORKのトリビュートバンドYM NETWORKをも結成し、さらにそれと同時にメンバーを完全に入れ替えたSilver-Roseを再始動。オリジナルと区別を付けるために、バンド名を大人のSilver-Roseとした。
  • Hitoshi(ヒトシ)(G)
本名:安部仁。青森県出身。Silver-Roseには結成当初から参加。KOICHI加入後は主にバッキングを担当。解散後、一時期SLIDE RAREのサポートをしていた時期があった。現在は地元の青森県で、地道に音楽家活動を行っている。
  • Kouichi(コウイチ)(G)
本名:田中浩一。三重県鈴鹿市出身。Silver-Rose加入前、VIVIAN LEEでギターを担当。音の厚みを欲しがっていたKAIKIに誘われ、「EMERGENCY EXPRESS 1992」よりSilver-Roseに加入、リード・ギターを担当。本人曰く「当時はソロばかり弾いていてバッキングは疎かにしていた」との事である。解散後、Laputaに加入。
  • KAIKI(カイキ)(B)
本名:高橋浩一郎。兵庫県出身。中学の時に父親の転勤で愛知県豊田市へ引っ越した。高校生になって同級生たちと共にR-STREETを結成。当初はドラムを担当していたが、高校3年生でベースに転向。メジャーを目指して本格的な活動を始める。ドラムがいない状態で豊田市内の楽器屋でイベントに出演。そこでYOWMAYと知り合い、YOWMAYが所属するバンドのメンバーFILL市川をスカウトし加入させる。Silver-Rose解散後、ROUAGEを結成。
  • Kyo(キョウ)(Dr)
本名:加藤恒哉。愛知県出身。Silver-Rose加入前はMANICUREで活動。2ndアルバム「Keen Kiss Me」より2代目ドラマーとして参加。解散後、Merry Go Roundに加入し`98年まで在籍。Merry Go Round脱退後はKneuklid Romanceに加入しメジャーデビューするが、2000年に解散。その後、DIET-COKE HEAD BARBIE DREAMSで活動。現在は音楽活動を引退。

 旧メンバー [編集]

  • Eiji(エイジ)(Dr)
本名:久納英司。Silver-Roseの1stデモテープを聴いたのがきっかけになり、初代ドラマーとして「EMERGENCY EXPRESS 1992」まで参加。
脱退後の動向は不明。

歴史[編集]

  • 1989年結成。YOWMAYと元R-STREETのKAIKIを中心にHITOSHIとEIJIを加えた4人で結成。音楽性は当時のヴィジュアル・ロック・シーンの主流であったポジティブ・パンクをベースとしたものだった。。変幻自在なメロディーラインと様々なジャンルより吸収されたビートを武器に名古屋を中心に活動し、徐々に人気を獲得。
  • 1991年1stアルバム「Silver-Rose」を発表。Silver-Rose発表後、音の厚みを欲しがっていたKAIKIが元VIVIAN LEEのKouichiを勧誘・加入させた。5人編成となって音圧も増し、Silver-Roseは更に精力的に活動を行う。
  • 1992年、V.A.「EMERGENCY EXPRESS 1992」に「Silver-Rose」に収められていた「RAIN」を提供。その直後にEIJIが脱退し、後任として元MANICUREのKYOが加入。6月には2ndアルバム「Keen Kiss Me」を発表し、その人気を全国区へと広げていく。
  • 1993年初頭、2ndアルバム収録曲全曲のPVとLIVE映像を収めたVIDEO「Keen Kiss Me」を発表。この頃行われた東名阪TOURでは各会場ごとに内容の異なるCDシングルを無料配布している。さらに、春にはプロデューサーに元X JAPANの高井寿を迎え、3rdアルバム「Labyrinth~迷宮~」を通販用・店頭販売用の2種類を同時発表。さらに、アルバムからのカットとしてSingle「GRASSIC NONFICTION」を発表したが、それはアルバム収録曲とは全くの別物で、「Light & Shadow」と共に別スタジオで録音したリテイクバージョンである。この時既に、名古屋では絶大なる人気を博し、全国でもSilver-Roseの名は大いに知れ渡った。その後もLIVEアルバム「LIVE NEW ROSE TOUR1992-SILVER ROSE」やVIDEO「いつつのバラの幻想 ~TOUR 記念」「銀色の幻想集~Labyrinth~」等を発表したり、年間100本以上のLIVEを行う等、精力的に活動を続けていたが[2]、この頃からYOWMAYとKAIKI、Kouichiとの間でバンドの方向性の違いが生じ始めYOWMAYは脱退を決意。1993年9月。約一か月のオフの後、久しぶりに会ったメンバーとミーティングをし、話し合った結果、Silver-Roseの解散が決定。
  • 1994年1月のクラブチッタ川崎でのLIVEを最後にSilver-Roseは5年間活動し幕を下ろし解散した。(解散後に2枚組みBESTアルバム「~Dear Argent~終止符」発表)
  • 2004年解散から10年の時が過ぎ、一夜限りの再結成を果たした。(ただし、YowmayとHitoshiのみであり、不揃いでのままサポートメンバーの元DIE-ZW3EのYUKIとRANと共にLiveをした)
  • 2019年YOWMAY宛にとあるイベントのオファーがあり、Silver-Roseの再結成を決意。しかし、当時のオリジナルメンバーを集結させるのにはあまりにも時間が足りなさ過ぎるということで、新たなメンバーを迎えて全く新しいSilver-Roseを始動させようとメンバーを招集。DDDで共に活動するギターのZoo(ex-VIVIAN LEEのVo)、黒夢3代目(サポート)ドラマーのShuLa、YM NETWORKからギターのYOU-K(ユーケイ)、ベースにKAPPY(カッピー)を迎え、オリジナルとの区別を付けるために「大人の」冠を加え、大人のSilver-Roseとして本格的に再始動。(大人の~の意味は、オリジナルよりもハード的に、より妖艶に、より成熟したという思いが込められている)12月8日心斎橋BTD SHOVELでのデビューライブを足掛かりにして、2020年以降も精力的な活動をする模様。

ディスコグラフィ[編集]

デモテープ
  • SILENT NIGHT
  • TWO-NIGHT
  • 薔薇
  • 漂流
CDシングル
  • LED FREEDOM (1992年10月26日東京日仏会館 配布)
  • MISTY LOVE (1992年10月10日名古屋ボトムライン 配布)
  • FLOAT ABOUT (1992年11月5日難波ロケッツ 配布)
  • GRASSIC NONFICTION
CDアルバム
  • Silver-Rose
  • Keen Kiss Me (1993)
  • Labyrinth ~迷宮~ (1993)
  • LIVE NEW ROSE TOUR1992-SILVER ROSE (1993)
  • ~Dear Argent~ 終止符 (1994)
ビデオ
  • 1989 ~ 1992 HISTORY
  • Fin
  • いつつのバラの幻想
  • Keen Kiss Me
  • 銀色の幻想集
  • 1992年6月22日 インクスティック、スズエ
  • TV埼玉SSC SILVER ROSE特集
参加オムニバス
  • EMERGENCY EXPRESS'1992 ~surging the next crisis~
  • PLACTICAL J・O・K・E volume1
  • Scene3

脚注[編集]

  1. SHUN.'S FAVORITE THINGS Vol.30 90年代名古屋系”. Visulog (2015年1月27日). 2015年8月17日閲覧。
  2. TOMONORI NAGASAWA (1993-03-20). “SHOCK AGE at YOKOHAMA MONSTER”. SHOXX 15: 85. 

関連項目[編集]

  • Sleep My Dear メンバーがSilver-Roseのローディー。


This article "Silver-Rose" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:Silver-Rose.