R.E.D. (Ne-Yo album)

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

R.E.D.
Ne-Yoスタジオ・アルバム
リリース
録音 2011–2012年
ジャンル R&B, ポップ
時間
レーベル モータウン
プロデュース
  • Shaffer "Ne-Yo" Smith (exec.)
  • Ethiopia Habtemariam (exec.)
  • Byron Gallimore
  • Andrew Goldstein
  • Chuck Harmony
  • Calvin Harris
  • No I.D.
  • Emanuel "Eman" Kiriakou
  • Luke Laird
  • Phatboiz
  • Bingo Players
  • Reeva & Black
  • Salaam Remi
  • Harmony "H-Money" Samuels
  • Shea Taylor
  • Reginald Smith
  • StarGate
  • Jesse "Corporal" Wilson
Ne-Yo アルバム 年表
リブラ・スケール
(2010年)
R.E.D.
(2012年)
ノン・フィクション(Ne-Yoのアルバム)
(2015年)
『R.E.D.』収録のシングル
  1. 「レイジー・ラヴ」
    リリース: 2012年6月12日
  2. 「レット・ミー・ラヴ・ユー」
    リリース: 2012年9月2日
  3. 「ドント・メイク・エム・ライク・ユー」
    リリース: 2012年10月24日
  4. 「フォーエヴァー・ナウ」
    リリース: 2012年11月23日
  5. 「シュッド・ビー・ユー」
    リリース: 2013年2月20日
テンプレートを表示

R.E.D.』(原題:R.E.D. Realizing Every Dream)( R ealizing E very D reamの頭字語 )は、アメリカのシンガーソングライターNe-Yoの5枚目のオリジナルアルバムである。2012年10月31日にモータウンによってリリースされた。日本で最初にリリース。

このアルバムは、2010年のLibra Scaleの残念な商業パフォーマンスに続き、 A&Rのシニアバイスプレジデントに任命された後、Ne-Yoの新レーベルMotown Recordsの最初のアルバム。アルバムには、 R&B 、 ポップ 、 ダンス ポップの要素を組み合わせて、さまざまなジャンルの音楽を横断する曲が含まれている。

REDでNe-Yoは常連パートナーとなるStarGateと、Harmony Samuels、 No ID 、 The Underdogsなどの新しい協力者と制作しアルバムの初期のプレビューはより深い叙情的な内容で歌手の音の進行を示してアルバムのリリースの前にも2つのリードシングル、US Hot R&B / Hip-Hop Songsチャートの上半分に到達したR&Bの「Lazy Love」、およびSiaが書いたシンセ / ユーロポップクラブソング「 Let Me Love You(Untilあなたは自分自身を愛することを学ぶ) 」。リリース時に、ほとんどの音楽評論家から一般的に好評価を得ている。

概要[編集]

初週66,000枚を売り上げ、US Billboard 200で4位を記録した[1]。これによりUS Billboard 200で5作連続でトップ10入りを果たしたこととなる。

REDはNe-Yoの5枚目のアルバムであり、2010年のLibra Scaleに続いている [2] 「Realizing Every Dream」というフレーズの頭字語であるアルバムタイトルは、歌手の個人的な経験に触発され アルバムのプレスリリースで、彼は次のように説明。 「それから今まで、私は間違いなくそれを実現する道を進んでいます。」 [3] 2011年のさまざまな記者会見で、Ne-Yoは以前にアルバム「The Cracks in Mr Perfect 」のタイトルを付けていた。 [4] TMZとのインタビューの中で、歌手はアルバムのタイトルが変更された理由について憶測を明らかにし、ラッパーのGameがリリースしたThe RED Album (2011)と比較したことが報告されている。 ネヨは 「The Gameのアルバムをリッピングしたとは思わない...アルバムを制作していたとき、[元のタイトル] Mr CrackのThe Cracksはもはや意味をなさず、もはや適合しなかったただし、 RED-Realizing Every Dream-はそうでした。」 [5] REDはNe-Yoの最初のアルバムで、 Island Def JamからMotown Recordsに移り、レーベルのA&R部門の上級副社長を務めている。

"This album is an equal mix of both. If there’s six R&B records, then there’s six pop records so that everybody can come to the same damn concert and stay for the whole damn show."
—Ne-Yo describing the album's composition to Angie Martinez on the
Hot 97 Show.[6]

アルバムの名前は以前「 The Cracks in Mr Perfect 」だったが、これは同じ名前の曲に基づいており、この曲は引き続きアルバムに表示される [4] デイリースター紙のキムドーソンはアルバムのプレビューを受け取り、この歌を「名声の裏返しに嘆き悲しむ」と説明。 歌の歌詞には、「あなたは本物だから嫌いだよ」という行が含まれ [7] この歌には「無防備なセックス」についての詩も含まれており、 Rolling Stone誌のTracey Garraudが歌手の「より深い」および「成熟した」主題の内容に注目 [2] 深い歌詞のある別の曲は、 アコースティックギター主導のバラード「She Is」で、これは、解散を説明するためにまろやかなアプローチを取り この曲はカントリーミュージックの影響を強く受けており、カントリーミュージックのスターであるキャリーアンダーウッドの頻繁な共同制作者であるルークレアードと共作 ユニバーサルモータウンからのプレスリリースで、レコードレーベルは、将来のラジオリリースのためにカントリーシンガーのティムマグロウとのリミックスをレコーディングしたいと考えており、Ne-Yoはカントリーミュージックアワードで歌を演奏することができた [3] Ne-YoはHip-Hop Wiredに、ラッパーのYoung Jeezyと曲を録音することも望んでいると語った [8]

Sia Furlerは、「 Let Me Love You 」のコーラスで尽力

「 Lazy Love 」は、2012年5月14日にオンラインでプレミア配信され[9] 、2012年5月29日に米国のラジオ局に配信され [3] 2012年6月12日に、この歌は米国でデジタルダウンロード用にリリースされた。 公式ミュージックビデオのクリーンバージョンは2012年6月11日にBETの106&Parkで初演され、ダーティバージョンはVEVOで翌日初演された。 [10] [11] この曲は、上の数29でビルボード '米国のホットR&B /ヒップホップ曲チャート [12] ピークに達しアルバムの2枚目のシングルは「 レット・ミー・ラヴ・ユー(あなたが自分を愛することを学ぶまで) 」というタイトルで、2012年7月9日に様々なメディアで発表された [13] シンセポップとユーロポップの歌は、オーストラリアのインディー / ポップシンガーソングライターのSia Furlerと共作 [7] 1日後、オーストラリア、 [14]本土[15] [16] 、英国でデジタルダウンロード用にリリースされ [17] 「Let Me Love You」は、2012年7月31日にアメリカのリズミカル/クロスオーバーラジオ局に、そしてその1週間後の2012年8月7日にポップ/メインストリーム局に提供されました。 [18] [19] 2012年7月31日に米国でリリースされた [20]

REDは、ほとんどの音楽評論家から好評価を得ている。 主流の批評家からのレビューに100の正規化された評価を割り当てるMetacriticで、アルバムは平均評点68を記録。これは8人の評論家レビューに基づいて「一般に好ましい」レビューを示す [21] ボストングローブのケンカポビアンコは、アルバムのプロダクションを称賛し、Ne-Yoがダンスポップをラブソングでうまく増強したと書いている。 カポビアンコはさらに「スマートで洗練された、曲を中心に構築された」ことでREDを称賛し続けた [22] レイ・ラーマンエンターテインメント・ウィークリーは 、アルバムの歌詞と、ニーヨの進出成熟度を称賛した ニューヨーク・タイムズのネイト・チネンも後者のトラックを称賛。 また以前のアルバムからの彼の文体的な出発も描写した [23] ワシントンポスト 'sサラ・ゴッドフリーは、いくつかの『素晴らしい音楽を』を含むようにREDを注目し、 『非常に才能と多彩なソングライター』としてニーヨを認識したが、 『1つのパッケージにニーヨの贈り物のすべてを詰め込むために不器用な試み』はアルバム全体として「バラバラ」にしたとした [24]

2013年、 REDBillboard 200で年間で165番目に人気のあるアルバムにランクされた。 [25]

シングル[編集]

1st「レイジー・ラヴ」2012年6月12日 / Billboard Hot 100 最高位

2nd「レット・ミー・ラヴ・ユー 」2012年9月2日 / Billboard Hot 100 最高位

3rd「ドント・メイク・エム・ライク・ユー」2012年10月24日 / Billboard Hot 100 最高位

4th「フォーエヴァー・ナウ」2012年11月23日 /

5th「シュッド・ビー・ユー」2013年2月20日 /

収録曲[編集]

01.クラックス・イン・ミスター・パーフェクト / Cracks in Mr. Perfect

02.レイジー・ラヴ / Lazy Love

03.レット・ミー・ラヴ・ユー / Let Me Love You (Until You Learn To Love Yourself)

04.ミス・ライト / Miss Right

05.ジェラス / Jealous

06.ドント・メイク・エム・ライク・ユー feat. ウィズ・カリファ / Don't Make Em Like You feat. Wiz Khalifa

07.ビー・ザ・ワン / Be The One

08.ストレス・リリーヴァー / Stress Reliever

09.シー・イズ feat.ティム・マックグロウ / She Is feat. Tim McGraw

10.キャリー・オン(ハー・レター・トゥ・ヒム) / Carry On (Her Letter To Him)

11.フォーエヴァー・ナウ / Forever Now

12.シャット・ミー・ダウン / Shut Me Down

13.アンコンディショナル / Unconditional

14.シュッド・ビー・ユー feat. ファボラス&ディディ / Should Be You feat. Fabolous & Diddy

15.マイ・アザー・ガン / My Other Gun

16.アローン・ウィズ・ユー(マディーズ・ソング) / Alone With You (Maddies Song)

17.レッツ・ゴー feat.カルヴィン・ハリス / Let's Go FEAT . CALVIN HARRIS

18.レット・ミー・ラヴ・ユー feat. BENI / Let Me Love You (Until You Learn To Love Yourself) feat. BENI (ボーナストラック)

#タイトル作詞作曲・編曲
#タイトル作詞作曲・編曲
#タイトル作詞作曲・編曲
#タイトル作詞作曲・編曲
ノート
  • ^[a] Tim McGrawボーカルプロデューサーを意味します
  • ^[b] 共同プロデューサーを意味します
  • 「My Other Gun」には、 Mountainが演じた「Long Red」の要素と、Kool and the Gangが演じた「NT(part 1&2)」の要素が含まれています。

Personnel[編集]

アルバムのライナーノーツから調整されたクレジット。 [26]

  • Stephen Allbritten — vocal engineer (track 9)
  • Mike Anderson — engineer (tracks 3, 7)
  • Paul Bäumer — producer and instrumentation (track 11)
  • Jose Cardoza — assistant engineer (track 6)
  • Kevin "KD" Davis — mixing (tracks 1, 2, 4-6, 8-10, 12-16)
  • Mike Di Scala — producer and instrumentation (track 3)
  • Gleyder "Gee" Disla — engineer (tracks 14, 16)
  • Mikkel S. Eriksen – producer, engineer, and instrumentation (tracks 3, 4, 7, 11)
  • Moses "Mellomo" Gallart — engineer (tracks 1, 2, 5, 6, 8, 9, 12-15, 17)
  • Byron Gallimore — vocal producer (track 9)
  • Andrew Goldstein — producer, keyboards, guitars, and programming (track 12)
  • Ryan Gore — engineer (track 9)
  • Mark Hadfield — producer and instrumentation (track 3)
  • Jaymz Hardy-Martin III — engineer (track 9)
  • Calvin Harris — producer, arrangements, and instrumentation (track 17)
  • Vincent Henry — guitars (track 16)
  • Tor Erik Hermansen – producer and instrumentation (tracks 3, 4, 7, 11)
  • Maarten Hoogstraten — producer and instrumentation (track 11)
  • Carlos King — engineer (track 6)
  • Emanuel Kiriakou — producer, keyboards, guitars, and programming (track 12)
  • Wiz Khalifa — rap (track 6)
  • Jens Koerkemeier — engineer and editing (track 12)
  • Luke Laird — producer, guitars, and drum programming (track 9)
  • Jerel Lake — assistant mix engineer (track 4)
  • Tim McGraw — vocals (track 9)
  • Ne-Yo — vocals (all tracks), producer (track 12), executive producer
  • No I.D. — producer (track 15)
  • Phatboiz — producers (tracks 5, 13), co-producers (track 11)
  • Kevin Randolph — keyboards (track 15)
  • Salaam Remi — producer, arrangements, bass, keyboards, and drums (tracks 14, 16)
  • Ramon Rivas — assistant engineer (tracks 1, 2, 8)
  • Daniel Rivera — additional/assistant mixing (tracks 3, 7, 11)
  • Jeff Roach — string programming (track 9)
  • Harmony "H-Money" Samuels — producer (track 6)
  • Reginald Smith — producer (track 10)
  • Phil Tan — mixing (tracks 3, 7, 11)
  • Shea Taylor — producer, guitar, and instrumentation (tracks 1, 2, 8)
  • Patt Thrall — engineer and editing (track 12)
  • Miles Walker — engineer (tracks 3, 7, 11)
  • Curtis "Sauce" Wilson — engineer (tracks 10, 11)
  • Jesse "Corparal" Wilson — producer (track 10)
  • Kenneth Wright — bass (track 13)
  • Steve Wyreman — guitar and bass (track 15)

チャート[編集]

Certifications[編集]

国/地域 認定 認定/売上枚数
[43] {{{award}}} 構文エラー: * の演算対象がありません。

*認定のみに基づく売上枚数
^認定のみに基づく出荷枚数

Release history[編集]

List of release dates, showing country, record label, and catalog number
Region Date Format Label Catalog
Japan October 31, 2012 Standard edition[44] Universal Music Japan UICT9017
Deluxe edition[45] UICT1066
Germany November 2, 2012 Standard edition[46] Universal Music Group N/A
Deluxe edition[47]
United Kingdom November 5, 2012 Standard edition[48] Mercury Records
Deluxe edition[49]
United States November 6, 2012 Standard edition[50] Motown Records
Deluxe edition[50]

脚注[編集]

  1. Ne-Yo”. Billboard. 2020年3月4日閲覧。
  2. 2.0 2.1 Garraud (2012年6月14日). “Ne-Yo Previews Introspective 'R.E.D.' Album in NYC”. Rolling Stone. 2012年8月8日閲覧。
  3. 3.0 3.1 3.2 NE-YO's R.E.D., Motown Debut Album, Arriving Sept. 18th !”. pnrnewswire & Motown Records (2012年7月12日). 2012年8月8日閲覧。
  4. 4.0 4.1 Griffiths (2011年10月12日). “news: Ne-Yo announces The Cracks in Mr Perfect release”. 4 Music. 2013年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月8日閲覧。
  5. Simpson (2012年5月15日). “Ne-Yo: 'I didn't copy Game's album title R.E.D'”. Digital Spy (Hearst Magazines). 2012年8月8日閲覧。
  6. 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「Rap-Up 3 Aug 2012」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
  7. 7.0 7.1 Dawson (2012年7月6日). “NE-YO/R.E.D. REALIZING EVERY DREAM - ALBUM REVIEW”. Daily Star. Northern and Shell Media. 2012年8月8日閲覧。
  8. Muhammed (2012年6月25日). “Exclusive: Ne-Yo Wants To Add Young Jeezy To R.E.D. Album”. Hip-Hop Wired. 2012年8月8日閲覧。
  9. New Music - Ne Yo - Lazy Love”. Rap-Up.com (2012年5月14日). 2012年8月8日閲覧。
  10. Ne-Yo - Lazy Love”. US Amazon Mp3 (Amazon.com) (2012年6月12日). 2012年8月8日閲覧。
  11. Video - Ne-Yo's Lazy Love”. Rap-Up.com (2012年6月12日). 2012年8月8日閲覧。
  12. スクリプトエラー: モジュール「WLink」はありません。/chart-history/スクリプトエラー: モジュール「WLink」はありません。 Ne-Yo Album & Song Chart History”. Hot R&B/Hip-Hop Songs. Billboard (Prometheus Global Media). 2012年8月8日閲覧。
  13. Meynes (2012年7月12日). “Ne-Yo To Release 'R.E.D.' Album in September”. Billboard. Prometheus Global Media. 2012年8月8日閲覧。
  14. iTunes - Single - Ne Yo - Let Me Love You (Until You Learn to Love Yourself)”. AUS iTunes Store (Apple Inc) (2012年7月10日). 2012年8月8日閲覧。
  15. iTunes - Single - Ne Yo - Let Me Love You (Until You Learn to Love Yourself)”. DEN iTunes Store (Apple Inc) (2012年7月10日). 2012年8月8日閲覧。
  16. Let Me Love You (Until You Learn To Love Yourself): Ne-Yo: Amazon.de: MP3-Downloads”. de Amazon Mp3 (Amazon) (2012年7月10日). 2012年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月1日閲覧。
  17. Ne-Yo - Let Me Love You”. Uk Amazon Mp3 (Amazon) (2012年7月10日). 2012年10月1日閲覧。
  18. Available for Airplay (Archive)”. FMBQ. 2012年8月8日閲覧。
  19. Available for Airplay”. FMBQ. 2012年8月8日閲覧。
  20. Ne-Yo - Let Me Love You”. US Amazon Mp3 (Amazon) (2012年7月31日). 2012年8月8日閲覧。
  21. Critic Reviews for R.E.D.”. Metacritic. 2012年11月8日閲覧。
  22. By Ken Capobianco. “CD REVIEW: Ne-Yo, ‘R.E.D.’ - Music”. The Boston Globe. https://www.bostonglobe.com/arts/music/2012/11/06/review/qCIk0XHLabpxErRHsjOOsK/story.html 2012年11月8日閲覧。 
  23. Pareles, Jon (2012年11月5日). “Aerosmith and Ne-Yo Don’t Hold Back”. NYTimes.com. https://www.nytimes.com/2012/11/06/arts/music/aerosmith-and-ne-yo-dont-hold-back.html 2012年11月8日閲覧。 
  24. — Sarah Godfrey (2012年11月5日). “Album review: Ne-Yo’s ‘R.E.D.’”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/entertainment/music/album-review-ne-yos-red/2012/11/05/143914fc-275a-11e2-b4f2-8320a9f00869_story.html 2012年11月8日閲覧。 
  25. https://www.billboard.com/charts/year-end/2013/top-billboard-200-albums
  26. 『R.E.D.』のアルバム・ノーツ. Motown.
  27. スクリプトエラー: モジュール「WLink」はありません。&titel=スクリプトエラー: モジュール「WLink」はありません。&cat=a "Australiancharts.com – {{{artist}}} – {{{album}}}". Hung Medien.
  28. スクリプトエラー: モジュール「WLink」はありません。&titel=スクリプトエラー: モジュール「WLink」はありません。&cat=a "Ultratop.be – {{{artist}}} – {{{album}}}" (in Dutch). Hung Medien.
  29. スクリプトエラー: モジュール「WLink」はありません。&titel=スクリプトエラー: モジュール「WLink」はありません。&cat=a "Ultratop.be – {{{artist}}} – {{{album}}}" (in French). Hung Medien.
  30. スクリプトエラー: モジュール「WLink」はありません。/chart-history/canadian-albums "{{{artist}}} Chart History (Canadian Albums)". Billboard.
  31. スクリプトエラー: モジュール「WLink」はありません。&titel=スクリプトエラー: モジュール「WLink」はありません。&cat=a "Dutchcharts.nl – {{{artist}}} – {{{album}}}" (in Dutch). Hung Medien.
  32. スクリプトエラー: モジュール「WLink」はありません。&titel=スクリプトエラー: モジュール「WLink」はありません。&cat=a "Lescharts.com – {{{artist}}} – {{{album}}}". Hung Medien.
  33. "Offiziellecharts.de – {{{artist}}} – {{{album}}}" (in German). GfK Entertainment Charts.
  34. スクリプトエラー: モジュール「WLink」はありません。&titel=スクリプトエラー: モジュール「WLink」はありません。&cat=a "Italiancharts.com – {{{artist}}} – {{{album}}}". Hung Medien.
  35. "Oricon Top 50 Albums: {{{date}}}" . オリコン.
  36. スクリプトエラー: モジュール「WLink」はありません。&titel=スクリプトエラー: モジュール「WLink」はありません。&cat=a "Swisscharts.com – {{{artist}}} – {{{album}}}". Hung Medien.
  37. "Official Albums Chart Top 100". Official Charts Company.
  38. "Official R&B Albums Chart Top 40". Official Charts Company.
  39. スクリプトエラー: モジュール「WLink」はありません。/chart-history/billboard-200 "{{{artist}}} Chart History (Billboard 200)". Billboard.
  40. スクリプトエラー: モジュール「WLink」はありません。/chart-history/r-b-hip-hop-albums "{{{artist}}} Chart History (Top R&B/Hip-Hop Albums)". Billboard.
  41. “Billboard 200 Year-End 2013”. Billboard. https://www.billboard.com/charts/year-end/2013/top-billboard-200-albums 2019年3月31日閲覧。. 
  42. “Billboard Top R&B/Hip-Hop Albums Year-End 2013”. Billboard. https://www.billboard.com/charts/year-end/2013/top-r-and-b-hip-hop-albums 2019年3月31日閲覧。. 
  43. UNSUPPORTED OR EMPTY REGION: .
  44. HMV - Ne-Yo - R.E.D (standard edition)”. HMV Japan (HMV Group) (2012年10月31日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  45. HMV - Ne-Yo - R.E.D (deluxe edition)”. HMV Japan (HMV Group) (2012年10月31日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  46. R.E.D.”. amazon.de. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  47. R.E.D. (Limited Deluxe Edition inkl. 4 Bonustracks)”. amazon.de. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  48. Amazon - Ne-Yo - R.E.D (standard edition)”. Amazon Mp3 (Amazon.com) (2012年11月5日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  49. Amazon - Ne-Yo - R.E.D (deluxe edition)”. Amazon Mp3 (Amazon.com) (2012年11月5日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  50. 50.0 50.1 Horowitz, Steven (October 5, 2012). “Ne-Yo "R.E.D. Album" Tracklist & Cover Art”. HipHopDX. http://www.hiphopdx.com/index/news/id.21422/title.ne-yo-red-album-tracklist-cover-art 2012年10月5日閲覧。. 


This article "R.E.D. (Ne-Yo album)" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:R.E.D. (Ne-Yo album).