Welcome to EverybodyWiki 😃 ! Nuvola apps kgpg.png Log in or ➕👤 create an account to improve, watchlist or create an article like a 🏭 company page or a 👨👩 bio (yours ?)...

Kato Jackson

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

KATO JACKSON(カトー・ジャクソン、本名:加藤 弘明、1988年4月23日 - )は、日本のヒップホップMC、トラックメーカー、現代アートのアクティビスト、マリファナラーメンシェフ、嗜好用大麻合法化活動家。

略歴[編集]

  • 1988年4月23日、 広島県生まれ。
  • 2000年 ラップとビートメイキングを始める。
  • 2011年 スターツ出版に入社。
  • 2012年 出版社を退社し、吉村元年とKUSH VAN CHOZETSUを結成。
  • 2014年 合法マリファナラーメンを販売開始。
  • 2015年 DQN NETWORK NORAINUを開設。
  • 2016年 村上隆をコピーした作品をリリースし、村上本人にSNS上でブロックされる。
  • 2016年 ニューヨーク現代美術館の前で村上隆の偽サインを無料で配るインスタレーションを行う。[1]
  • 2017年 村上隆のパーソナルアシスタントとして働く。
  • 2018年 SUPREMEやCOMME DES GARCONSの許可を得たと主張するコラボ商品を製作し、売り上げの全てをホームレスに寄付するチャリティーイベントを行った。[2]

第二弾のコラボを準備中である [3]

  • 2018年 ニートtokyoに出演する。
  • 2018年 北海道に自生大麻を探しに行く番組『大麻どうでしょう』公開。
  • 2018年 アニメ『タイマポプテピピック』公開。
  • 2018年 『俺クラスのDQNは素手でweed吸う』のPVを公開。
  • 2019年 嗜好用大麻合法化活動家組合『レペゼン大麻』を結成。
  • 2019年 大麻合法化で日本経済を立て直す党を立ち上げる。
  • 2019年 すしらーめん《りく》の動画を「2歳児を滑りやすい床の上で肩車して走り回るな、それを見てる奴らも止めろ」と虐待の可能性があると指摘した。すしらーめんりくの視聴者の多くは、危険行為でも虐待でもないと非を認めずに動画は炎上。2020年6月時点で動画の低評価は2万を超えた。

大麻合法化活動[編集]

嗜好用大麻合法化活動を始めたきっかけは、国際競争力を失いつつある日本の合理性の欠如、幼稚性の美化を正す為だと語っている。これらの活動は、Katoが尊敬する村上隆の『スーパーフラット』をより実行的な芸術運動に昇華させた『Updativbe Flat(アップデイティブ フラット)』の一環である。

合法マリファナラーメン[編集]

東京都南千住にて営業していたラーメン魁にて、合法マリファナラーメンの販売を初めて大きな反響を呼ぶ。正式な商品名は『大麻合法化祈願 少子高齢化対策 合法マリファナラーメン(迫真)』。 ビビット(TBS)やBAZOOKA!!! (BSスカパー!)に出演する。

レペゼン地球[編集]

レペゼン地球の活動休止の原因は、ふぉいのレペゼン大麻への移籍だとするコメディービデオを公開し炎上。Kato本人はレペゼン地球のファンであることを公言している。 [4]


ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • 『俺らは大麻精神病(Cannabis Psychosis)』 (2019年5月18日)

アルバム[編集]

  • 『JAPARADISE』 (JAPARADISE) (2019年9月10日)

参加楽曲[編集]

  • P.K.D 「THC feat. MIC SIZI、加藤ジャクソン」 『ONE TRACK』 (2019年10月2日) 

出典[編集]

党首挨拶 https://www.kushvanchozetsu.com/blank-6

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

  • [3](@TOKYO_DQN_KAI) - Twitter


This article "Kato Jackson" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:Kato Jackson.