ALLNUDE

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found ALLNUDE(オールヌード)は、1991年に結成され、1998年に活動を休止した日本のロックバンド。音楽性はいわゆるイギリス寄り(UKロック的)であり、歌われる詞はやや攻撃的なものが多い。

メンバー[編集]

  • 水永達也(みずながたつや) ボーカル。元CELLULOID。現在はDER ZIBETのボーカルであるISSAY(藤崎一成)とのユニットHAMLET MACHINE、菅原、下鳥と結成したSHOWERで活動中。ソロ活動も行っている。
  • 藤井孝(ふじいたかし) ギター。
  • 菅原啓展(すがわらひろのぶ) ベース。元CELLULOID。現SHOWER。
  • 馬場恒太郎(ばばこうたろう) ドラムス。2001年3月から世田谷区経堂にて「ぼんぞらーめん」を営んでいたが、2007年5月31日をもって閉店。家族と共に北九州へと移住、当地において「ぼんぞらーめんII」開店を目指す。2008年8月17日、高塔山ジャム2008にて上京以前に活動を行っていたROXANNE(ロクサーヌ)が再結成された。
  • 木佐木樹里(きさきじゅり) キーボード。元CELLULOID。唯一の女性メンバー。

元メンバー[編集]

  • 下鳥浩一(しもとりこういち) ドラムス。元MODERN DOLLZ。現SHOWER。

ディスコグラフィー[編集]

マキシシングル[編集]

  • 『FLAG』(1994年11月21日/JIK RECORDS) 帯の推薦文は井上貴子(ロッキング・オン)
  1. FLAG
  2. BED
  3. SEEKER
  4. BOY(REMIX)
  • 『CHILDREN』(1996年1月21日/JIK RECORDS) 1000枚限定シングル
  1. CHILDREN
  2. Coming out
  3. PLASTIC LIFE
  4. FLAG(UK Version)
  • 『PARADISE to PARADISE』(1998年6月30日/ALINNOS RECORDS)
  1. PARADISE to PARADISE
  2. MIRROR
  3. Honey and pollen
  4. WAR GAME

アルバム[編集]

  • 『SAD HEAVEN』(1994年7月21日/JIK RECORDS)
  1. tease -Introduction-
  2. Boy -Joy to the world-
  3. Spiral
  4. Kill by Kiss
  5. Wet
  6. Access to Paradise
  7. Sad Heaven
  8. Infection
  • 『CHILDREN OF THE EVOLUTION』(1996年2月21日/JIK RECORDS) 帯の推薦文は『FLAG』同様、井上貴子(ROCKIN'ON JAPAN)
  1. CHILDREN
  2. (I'm your)SHELTER
  3. LOVE TERORRISM
  4. EYE MASK
  5. Coming out
  6. FLAG(Album version)
  7. HOWLING
  8. SCREW
  9. PLASTIC LIFE
  10. DRIFTER
  • 『CRIMINAL SUGAR BONBON』(1996年12月1日/JIK RECORDS) リミックス・アルバム。帯には売上金の一部がA.A.A.(アクト・アゲインスト・エイズ)に寄付されるとの記載がある。
  1. TABOO
  2. BOY
  3. Access to Paradise
  4. I'll be your shade
  5. Sad Heaven
  6. Love Terorrism
  7. (I'm your)SHELTER
  8. Seeker

コンピレーション・アルバム[編集]

  • 『歌力』(2005年9月7日/CJ RECORDS) 「FLAG」が収録される。他の参加アーティストは直太朗、風味堂等。


外部リンク[編集]

  • [1] JIK RECORDS
  • [2] 水永達也公式サイト
  • [3] Hamlet Machine Official Web Site
  • [4] MODERN DOLLZ web site
  • [5] ぼんぞらーめん


This article "ALLNUDE" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:ALLNUDE.