高橋敬美

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 高橋 敬美(たかはし けいび、1892年9月23日‐1978年8月24日[1])は大正から昭和時代にかけての日本画家。

来歴[編集]

山田敬中及び川端玉章、松林桂月の門人。また、1930年の第2回聖徳太子奉賛美術展で「霜どけ頃」が入選、1936年の改祖帝展では「高原」が入選をする。

作品[編集]

  • 「高砂」 絹本着色
  • 「春景山村」 絹本着色

出典[編集]

  1. 『20世紀日本人名事典』による

参考文献[編集]

  • 日外アソシエーツ編 『20世紀日本人名事典』 日外アソシエーツ、2004年


This article "高橋敬美" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:高橋敬美.