Welcome to EverybodyWiki 😃 ! Nuvola apps kgpg.png Log in or ➕👤 create an account to improve, watchlist or create an article like a 🏭 company page or a 👨👩 bio (yours ?)...

青柳森

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

スクリプトエラー: モジュール「Message box」はありません。 スクリプトエラー: モジュール「Message box」はありません。 青柳 森(あおやぎ しげる、1928年7月27日 - 2019年1月12日)は、東京都出身のジャーナリスト。文化放送、フジテレビ元アナウンサー。産経新聞元記者。父は俳人・青柳菁々。

高祖母は日本に英国式産婆術を普及させた古矢カマ(内務省産婆免状第10号)、女性による専門書としては近代日本で最初の医学書(造化正正新論:1879年(明治12年))を執筆

人物[編集]

エッセイスト、文化評論家。

所属団体・役職:日本ペンクラブ名誉会員、日本外国特派員協会会員、日中放送懇話会会員

元職:アナウンサー(文化放送、フジテレビ)、産経新聞記者、放送記者。

経歴[編集]

  • 1948年 東京外国語大学(旧東京外事専門学校)ロシア科卒業 ー 父が近代出版社を設立し、月刊誌『文学の世界』を創刊。やがてつぶれるまで家業を手伝う[1]
  • 1950年 立教大学文学部英米文学科卒業[1]
  • 1951年03月 人事院第一回国家公務員採用試験合格 ー 希望した外務省に増員がなく、畑違いの裁判所事務官に任官[1]
  • 1953年03月 文化放送アナウンサー第2期生[1]
  • 1957年11月 フジテレビ開局準備委員、開局後同局アナウンサー兼務[1]
  • 1963年10月 サンケイ新聞社出向、記者 ー ソビエト、中央アジア、パプア・ニューギニア、ミクロネシア、東南アジア諸国を取材[1]
  • 1976年05月 文化放送復社、放送記者[1]
  • 1981年04月 文化放送理事(1986年まで)[1]
  • 1986年05月 中国・長春市白求恩医科大学日本語教育センター講師[2]
  • 1986年07月 柏書房顧問[2]
  • 1987年03月 日本外国語専門学校講師[2]
  • 1988年04月 拓殖大学語学研究所日本語教師養成講座講師[2]

著書[編集]

  • 「放送記者のみた中国」(柏書房、1983年)
  • 「西双版納から絹道(シルクロード)へ」(ジャルパックセンター出版、1984年)
  • 「不思議な不思議なニッポン人」(角川文庫、1986年)
  • 月刊誌「東京消防」にエッセー「世界の旅」を隔月連載(1988年 - 2005年)、このほか「プラハからサマルカンドへ」「世界の都市・ポートモレスピー」「独立前夜のトラック諸島」「ポナペ島点描」「台湾の日本語学習ブーム」などを雑誌に寄稿。

エピソード[編集]

  • 1958年(昭和33年)11月1日午後6時45分にフジテレビが開局して初めて放送したテレビニュースは、予定されていたアナウンサー大庭俊司に代わり、急遽、青柳森(文化放送アナウンサー)が呼び出され、急場を切り抜けたことで知られている[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 不思議な不思議なニッポン人(柏書房、1982年)242ページ編者経歴
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 藤田恒夫編集・季刊科学雑誌「ミクロスコピア」10巻3号 1993年秋季号用
  3. 「共同テレビジョン15年史抄」24ページ 共同テレビジョン出版 1973年(昭和48年)7月

外部リンク[編集]

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found


This article "青柳森" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:青柳森.