雄漁丸

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

雄漁丸( )は、ArtoriaRinEvergarden保有、紀伊長島船籍の漁船。

雄漁丸
基本情報
船種 漁船
船籍 紀伊長島
所有者 ArtoriaRinEvergarden
運用者 ArtoriaRinEvergarden
建造所 中ノ島造船
経歴
発注 1980年後期頃
起工 1980年後期
進水 1980年後期
要目
総トン数 1.8トン
長さ 26ft
全長 24ft
8ft
深さ 6ft
高さ 船底キール底部よりマストトップまで10ft
喫水 3ft
機関方式 4サイクルディーゼル一基
推進器 スクリュープロペラ
出力 36.8Kw(50hp)
最大速力 12.6knot
乗組員 5人
テンプレートを表示

ArtoriaRinEvergarden保有以前[編集]

2018年以前の保有者は不明であり正確な起工進水竣工年月日は不詳である2018年ArutoriaRinEvergardenの祖父が先代雄漁丸廃船に伴い、新規船舶の必要が迫ったため購入した中古船舶である、購入時はハウスは幌張りであり現在のFRPではなく2018年以降に改造により現在のハウスとなっている購入時より魚群探知機 遠隔操縦リモコンを装備したことにより船首部分での操船が可能となっている

ArtoriaRinEvergarden保有以後[編集]

2019年より祖父の体調により一時、雄漁丸は遊休船舶同然となっており2021年4月ArtoriaRinEvergardenへ贈与という形で手に渡ることとなった2021年1月頃一時従兄弟への贈与となる可能性が高まりArtoriaもその意向に同意したが、船をいつまでも受け取りに来ない孫に対し業を煮やした祖父がArtoriaへ再び船をどうするのかと打診があった際Artoriaは船を正式に受け継ぎ漁労長となることを決意し2021年4月正式に雄漁丸2代目船頭となった

主たる漁労手段[編集]

  • イセエビ刺し網
  • 一本釣り - 一本釣りではあるが鰹の一本釣りのような竿釣りではなく手釣りである
  • 曳き縄 - いわゆる トローリングであるが直接ルアーヘッドを曳くものではな潜航板などの副漁具を用いたものである

Artoriaの保有以後増設装備[編集]

Artoriaの保有となった以後デッキ上にLED集魚集魚灯を増設している 船首ストア物品を後部魚艙に移し船首ストアは全槽生簀となっている、一時ネットホーラが撤去されたがわずか2日ほどで再び装備されているがネットホーラーとしての使用予定はなくウインドラスとしての使用されているという見方が強い

Artoria保有以後撤去された装備[編集]

船体後部竹製防舷物、実質フェンダーとしての用途ではなく漁労中の糸の擦れを防ぐためのものであった。

  • 船首ネットホーラー - 一時的に撤去されたものの2日後に復旧、修理作業などを行った形跡は見られないためArtoriaが撤去したものの先代漁労長である祖父の意向により再び取り付けたものと思われる。
  • スパンカー - Artoriaの祖父が使用したいた2019年頃の夜間出港時ではスパンカーを立てたもの、不要時においてハウス横に格納撮影されているため脱着式スパンカーであったと思われるが2021年4月に撮影されたものではスパンカーが見当たらず撤去されたものと思われる

その他、脱着式装備[編集]

曳き縄操業の際使用するアウトリガーは夏季のみ搭載されている、装着の際は固定式の取り付け部などは見られないため固縛していると思われる。

来歴・沿革[編集]

スクリプトエラー: モジュール「Unsubst」はありません。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

註釈[編集]

出典[編集]

参考文献[編集]

スクリプトエラー: モジュール「Unsubst」はありません。

関連項目[編集]

スクリプトエラー: モジュール「Unsubst」はありません。

外部リンク[編集]

スクリプトエラー: モジュール「Unsubst」はありません。Lua エラー モジュール:Authority_control 内、423 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)


This article "雄漁丸" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:雄漁丸.