負の性欲

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 負の性欲(ふのせいよく)は、女性の性欲に関する説の1つ。反フェミニストのブロガーのハンドルネーム「リョーマ」が提唱している概念で、男からの接触を排除するための嫌悪感を性欲の一種とみなしたものである[1]

概要[編集]

人が子孫の繁栄のために優れたパートナーを求める欲求を正の性欲と置いたとき、自らと関わりがあるか否かに関わらずパートナーになり得ない者に対して過剰に嫌悪・排斥することで、より優れた子孫を残そうとする性質のことを指す。自然淘汰の一種。この場合において「正・負」は優れている・劣っている、ということを指すわけではなく「正=近づく」に対しての「負=遠ざける」である。

この性質は必ずしも異性間で起こるものではなく、同性間でも起こりうるとされ、いじめの原因となる場合もあるとされる。

リョーマが2018年9月6日に自身が執筆に携わっているブログで提唱したのち2019年7月にTwitterで提唱し、同年11月28日にTwitterでトレンドに入り注目された[2]

この説の現状 [編集]

負の性欲については、現状科学的に全く検証されていない説である[3]。元々が性嫌悪を説明する説であったが、心理学者の岩佐和典においては、女性の性嫌悪(性行為に抱く嫌悪)は性的興奮(性欲)ではなく、単に魅力や感染リスクに基づくものと指摘している[4]

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • 性淘汰
  • 疑似科学


This article "負の性欲" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:負の性欲.