藤田源次

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 藤田 源次(ふじた げんじ、明治18年(1885年)4月20日 - 昭和41年(1966年)4月11日)は、黒前村村会議員[1]。藤田家当主

経歴[編集]

茨城県多賀郡黒前村地主藤田鐵之介の令息。父、鐵之介が早逝したため、若くして家督を相続。

祖父で黒前村議藤田源七[2]の後継として、黒前村会議員に就任。旧制海星中學校卒。戒名は無上院殿覚密源翁居士。

親族[編集]

藤田家[編集]

  祖先:藤田勝衛門 -水戸藩

  • 祖父:藤田源七   - 山林地主、黒前村村会議員[3]、法鷲院檀家総代、黒前神社氏子総代
  •   父:藤田鐵之介 - 山林地主
  • 叔父:藤田鎌吉   - 地主、帝国陸軍軍人、東京近衛歩兵連隊、勲八等功七級金鵄勲章受勲者日露戦役
  • 長男:藤田源輝- 栃木師範学校卒、地主・小学校訓導・教諭、旧十王町教育委員
  • 次男:小野光輝- 旧制水戸農学校卒、尋常小学校助教、福島県石城郡川辺村酒造業・大庄屋小野家・川部特定郵便局長小野魯平の養子(小野酒造店)
  • 三男:藤田東  - 旧制水戸農学校卒、四平陸軍戦車学校下士官養成課程修了、任関東軍伍長、朝鮮軍准尉、茨城県吏・県税課税課長、医療法人愛正会理事
  • 四男:藤田義照- 旧制日立中学校卒、東北帝国大学卒、旧制日立中学校数学科教諭、帝国陸軍士官候補生(任陸軍曹長)、茨城県立日立第一高等学校教諭
  • その他女子あり

出典[編集]

  1. 多賀郡郷土史 ㈱賢美閣 昭和五十二年十二月三日発行 339項
  2. 多賀郡史 ㈱千秋社 復刻版 平成四年一月発行 
  3. 多賀郡史 帝國地方行政學會 241項 大正12年6月12日発行 

参考文献[編集]

  • 多賀郡郷土史 ㈱賢美閣
  • 多賀郡史 ㈱千秋社 復刻版 
  • 多賀郡史 帝國地方行政學會 

関連項目[編集]

 ・杉山四五郎

 ・結城豊太郎

 ・木村小左衛門

 ・江木翼

 


This article "藤田源次" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:藤田源次.