藤本富男

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 藤本 富男(ふじもと とみお、1954年 - )は、日本の発明家。元山梨県職員。大森氏・大森快庵[1]、葛山氏・葛山信貞、武田氏・武田信玄の子孫。「甲斐叢書・葛山家譜、武田源氏一本系図」

東久邇宮記念会の会員であり、2010年に東久邇宮記念賞と東久邇宮文化褒賞を受賞[2][3]し、2015年にも東久邇宮記念賞と東久邇宮文化褒賞を受賞した[4][5]

2000年公開特許公報・2002年公開で日本から世界に公開されている電波・ミリ波レーダー、レーザーレーダー、AI、IOT、自動運転、自動ブレーキ、5G等は1380兆円(日経ARIA他)になり当初から想定のテラヘルツ波も現在・6Gとなり公開された時点で既定の技術・周知・公知の技術となっております。これらは、アメリカ合衆国著作権登録もされております。

2009年公開特許公報は、2010年に公開されており鉄系高温超電導、室温超伝導、高温超電導などとして公開されております。これらは、アメリカ合衆国著作権登録もされております。さらに、公開特許公報をつかいました、誰でもわかる1+1=2などの発明、5枚のカードの発明で新型コロナ関係の発明なども含みまして山梨県立図書館永久保存本となっております。コンピュータで検索すれば山梨県立図書館で見ることが可能です。したがいまして、公開されておりますので既定・周知・公知の技術の著作権となっております。

昭和54年3月26日、横浜市立大学卒業証書記載のマーク・エンブレムを卒業の喜び及び発明の感謝として発表しておりますのでこれも発表の時点で既定の技術・周知・公知の技術となりY1234、イットリウム・バリウム・銅酸化物の超伝導、ランタン・バリウム・銅酸化物の超伝導「昭和62年に外国人がノーベル物理学賞を受賞」となっております。

小学校、中学校、高校のノーベル賞の発明・世紀の発明(私たち)も発表の時点で既定・周知・公知の技術の著作権となっております等。

広報 おおつき 2010.5月号(P18)、大月市立図書館等にあります。

 4月18日、富浜町宮谷の藤本富男さんが、「大衆ノーベル賞」とも称せられる東久邇宮記念賞を受賞しました。同記念賞は藤本さんの長年の発明やアイデアが認められたもので、新宿の京王プラザホテルで授賞式が行われました。(大月市広報掲載記事)

進交会報 平成23年10月 叙勲・表彰を受けられた方々のご紹介(敬称略) 新年懇親会での表彰

東久邇宮記念賞 藤本 富男(昭和54年商)

「横浜市立大学と横浜商業高校の同窓会を進交会といいます。進交会命名の由来は、福沢諭吉の高弟、三澤 進 Y校校長の訓示による。参考 万延元年遣米使節 市川代官所勤務・医師 広瀬保庵 等、咸臨丸 福沢諭吉、勝海舟 等。市川代官所勤務等・川上村兵右衛門(浅川兵右衛門)の子孫 藤本富男」

山梨県立都留高等学校同窓会 折鶴会だより 第29号(平成29年2月) P16 大衆ノーベル賞の受賞 藤本 富男(高23回) 

来歴[編集]

山梨県大月市に生まれる。山梨県立都留高等学校卒業。1974年(昭和49年)度に明治大学経営学部経営学科を中退した後、1975年(昭和50年)に横浜市立大学商学部経済学科に入学する。1979年(昭和54年)3月31日に横浜市立大学を卒業。昭和52年山梨県職員上級行政事務職、昭和54年山梨県上級行政事務職に合格し採用され、1979年(昭和54年)4月1日に山梨県総務部統計課企画指導担当に配属される。TOEIC公式610点(国家総合職15点加点・横浜市立大学3年進級基準はTOEIC公式600点以上や英検準1級など)、国公法律資格有。

その後、中小企業大学校東京校高度化事業(商業)や物流効率化施策修了。中小企業事業団(経済産業省、大蔵省管轄)に携わった。

1967年 大月市立宮谷小学校卒業 児童会会長 大月市立小学校のソフトボール大会優勝 県大会に出場。小学校4年及び5年頃に私たちが、体内時計の発明(私が光、ホルモン、遺伝子によると発明)をしノーベル写真を撮っていただき、さらに賞品にボンボンアイスをいただきました。(写真があります。)その後、2013.5.6日にオーストラリアのフリンダース大学でLED光・ゴーグル型・ホルモンの活動に働きかけて生体リズムの改善・眠りの改善、ウェザリージャパン・29、400円で発売中がでたので、山梨県立図書館永久保存本(藤本富男家 第五巻)に一応書いておきましたところ、2017年に体内時計の発明・遺伝子がノーベル医学賞生理学賞を受賞しました。また、大村智さんから話かけられまして、私たちがノーベル賞になるので伊東のゴルフ場・川奈のゴルフ場で土を採取して実験をするように依頼しましたが、それがノーベル医学生理学賞のイベルメクチンになり2015.10.6日・山梨日日新聞記事に掲載されました。また、私たちが火薬によるエアバックの発明・小堀さんより早く、インスタントラーメンは油で煎れば良い、メタンハイドレートが南海トラフにあり将来のエネルギー源になる等の発明を行いました。

1970年 大月市立猿橋中学校卒業 生徒会副会長 大月市野球大会優勝 県大会へ出場し1回戦勝利。大月市立東中学校の野球大会の時に、私の目に瞬間的に米粒のように青い光が当たって見えたので、照原君・小俣栄治君・内田 勝君・上条初男君と話しあったところ、地下1000メートル位にプールを造りレンズを何万枚以上も貼り付けて実験をすればよいということになりました。内田君と照原君が忘れるなよと私にいいました。ニュートリノの実験設備関係。小学校の頃に同級生の宮谷新道の久島正史君のところで光の閉じ込められた世界、反物質、反人間などの科学漫画雑誌を見せていただき驚きました。お祖母さんの家でおばあさんが、数を数えればだいたい分るといわれましたが、何となくわかりました。ニュートリノ振動関係が。漫画や科学雑誌にバンアレン帯や宇宙から細菌が来て人間にとりつき吸血病になり吸血鬼になるなどの漫画の本も見ました。バンアレン帯が壊れれば生物は生きていけないと本に書いてあったか姉がいいましたので、中学校の卒業文集に書きましたが、小林正治先生に書き直して誰かに書いてもらうように言われました。したがいまして、私の中学校の卒業文集は、私の知らないゴースト・ライターの文章がほとんどですので、寂しい限りです。ただし、昭和43年頃の授業中に小林正治先生などもまた桃太郎伝説、作家の山本周五郎、大月市駒橋に住んでいた女性の俳人の話をしましたが、桃太郎伝説は現在大月市で観光資源として行っており、初狩の作家山本周五郎の碑は近年新聞記事になり、女性の俳人も今後に大月市で顕彰したいという動きがあるようで長期間にわたる計画が最近実行されていることに驚きます。また、授業中に小林先生が大村智先生の話をしまして、いまに大村先生はノーベル賞をとるぞと予言をしました。

1973年 山梨県立都留高等学校卒業 地球科学部地質班長 私立理科系。授業中にリニアモーターカーなどの話から私がイットリウム・銅の超伝導の発明等をいう。夏休みに学校の図書館で数学公式全集をみましたら、微分・積分からトポロジー・ホモロジーなどあらゆる公式が載っておりましてこれも物理に使えるなと思いました。生物の事業中にミドリムシを食べればおいしそうだと言いましたところ、先生が魚の餌だといいかもしれないとおしゃいました。先生は、教科書に掲載されているDNAやゴルジ体などについて話し特にRNAについて力を入れて話をしましたが、私はあまり聞いていませんでした。

1973年 4月から7月頃まで文科系へ転向のため東京都杉並区高円寺の中央ゼミナールに通う。模擬試験で英語、数学、国語、社会で成績優秀者に12番位で張り出されていました。最初から文科系にすればよかったなと思いました。授業は面白く勉強になりました。

1974年 明治大学経営学部経営学科に入学し1975年3月に中退。東京都日野市にあった富士通ファナックの山梨移転を考え父親に言う。授業料値上げの学園紛争中。入学式から中核派か核丸派の内ゲバで人が殺害されていました。家から通いきれない等で、代々木ゼミナールや旺文社の模擬試験を受けましたところ最高偏差値は東大、横浜市立大学合格可能性80%以上でした。東大は受験せずに学費が安い横浜市立大学商学部を受験しました。

1975年 横浜市立大学商学部(経済学科)に入学 準公式野球部を若干及び和道流空手道場に3か月通う。

1977年 山梨県職員上級行政事務職学生のまま採用。横浜市立大学の正門の30メートル前でリニアモーターカーの話から私が高校の授業中にイットリウム・銅の超伝導を発明した話を同じゼミの日比谷高校の鈴木さんに言ったところ、Xさん、Yさんがやはり銅酸化物かやそれだけかと言いましたので瞬間的にイットリウム・バリウム・銅酸化物 123(金、銀、銅)また(ランタン・バリウム・銅酸化物)の超伝導を言いました。その後、日比谷高校の鈴木さんが、藤本さんはキャンディーズの誰が好きですかと聞きましたので、ああ、あのことかと思いまして、蘭ちゃん。蘭ちゃんでなくて、ランタン・バリウム・銅酸化物の超伝導といいまして、歌ったかも知れませんし、踊ったかも知れません。また鈴木さん、内藤さん、細渕さん、私で、鈴木さんが発明しました東洋一の発電所・石を積み上げた何とかロック式の揚水型発電所を想定の大月市七保町に見に来ました。更に八王子市役所の公園課綾南プールで上記の話を井上君やアルバイトの皆様にし、また大村さんの伊東のゴルフ場・川奈のゴルフ場の土の実験の話をしましたところ、林さんが連れてきましたアルバイトの方を含む皆様がああそれは虫下しだと言いました。

1979年 山梨県職員上級行政事務職合格採用(面接で人事委員会委員長に申告、採用候補者の復活及び成績の良い方で採用・山梨県条例・規則から) 総務部統計課 主事 企画指導担当 産業連関表の作成(試行)・ファナック誘致関係「原材料費を含む生産額を年1兆円と算定等の経済波及効果・東洋一の発電所等を想定しました。」・産業連関表でレオンチェフがノーベル経済学賞を受賞、国勢調査事務・世界農業センサス・学校基本調査補助等。昭和54年3月26日の横浜市立大学の卒業式に間違っていると困るので、卒業証書をよく確認するようにと一杉哲也教授がおっしゃいましたので、よく確認したところY1234、イットリウム・バリウム・銅酸化物 組成123(4)とランタン・バリウム・銅酸化物のラの複合エンブレムマークが書かれておりましたので、イットリウム・バリウム・銅酸化物 組成Y1234、ランタン・バリウム・銅酸化物の超電導のこのように発明記念となる卒業証書を賜り誠にありがとうございますとよくお礼と卒業の喜びの感謝を先生及びゼミの皆様に申し上げました。ゼミ室から外に出て先生及びゼミ生と写真を撮っていただきまして、私がY1234と昭和54年3月26日はどうかなと言いましたところ、湘南高校の野々村さんなど皆さんが54321はと読めばよいといいましたのでそれは素晴らしいと山梨県大月市に帰ってきました。その後、山梨県庁人事課分室の南別館に成績証明書と卒業証書の写しを提出しながらY1234、ランタンのラの複合マークエンブレムがイットリウム・バリウム・銅酸化物、ランタン・バリウム・銅酸化物の超伝導ならばすごいねと言いながら提出しました。その後、山梨県総務部統計課で上野幸男さんなど職員の皆様にトポロジー・ホモロジーなど・近年トポロジカル超伝導、トポロジカル絶縁体がノーベル賞を受賞や大村さんの伊東のゴルフ場・川奈のゴルフ場の土の話をしましたら、ここでも職員の皆様が、ああそれは虫下しだとおっしゃいました「前記のように八王子市役所の公園課綾南プールでも同様にいわれて驚き」。これが近年イベルメクチンとなり大村先生がノーベル医学生理学賞を受賞しました。昭和55年度に偶然にだと思いますが丹沢保幸さんが企画指導担当に人事異動できました。お顔を拝見しましたところ、昭和52年に山梨県職員上級事務職の面接で私の次に入った丹沢保幸さんでしたので、統計課の皆様に丹沢さんが私の次に面接をした人ですと言いました。丹沢さんは、なんで私たちばかりが警察に新採用でいかなければならないのかと御立腹されておりました。丹沢保幸さんの前任者の荻野主査が県職員を退職される時に山梨県職員が藤本君を殺害しようとしていると教えていただきました。また、横浜市立大学でも藤本さんは、殺害されてしまうんだと言われまして山梨県職員になりましたので、昭和54年4月1日から細心の注意を払っていました。 

1981年 山梨県立都留福祉事務所 主事 総務課庶務社会担当、南北都留共同募金会事務、南北都留社会福祉協議会事務補助、文部省推薦 日本空手協会大月支部星野道場に通う。どういうわけか奥秋まゆみさんが、藤本さんはもういいのよといいましたので、ファナック誘致や東洋一の発電所が実施されたのかと思い喜びました。大月市で開催されていました県職員等の宴会でよく言っておりましたから。1981年7月 金丸 信氏の義姉も山梨県職員に殺害された。

1983年 山梨県教育委員会文化課芸術文化担当・山梨県芸術文化担当主催者 主事 専任1人等、高校芸術文化祭、全国高校芸術文化祭、山梨県芸術祭、山梨県文化協会連絡協議会事務局、芸術家の育成、短歌・俳句・川柳大会等各種大会の開催、山梨県教育委員会後援名義使用許可事務。月曜から金曜日まで仕事で土曜日・日曜日は芸術文化事業でたいへん疲れました。ここでも、イットリウム・バリウム・銅酸化物の超伝導の話をしたと思います。芸術文化普及監の北村 誠さんがあれあれと言いました、又、大間副主幹に大変なご指導をしていただき感謝しております。南別館の文化課の横の部屋が横浜市立大学の卒業証書と成績証明書を提出しました人事課分室でした。昭和59年度頃に山梨県職員が私の所にきましてインターネットがいったい何になるのかねと聞きましたので、今後、バーチャルリアルティーで商売をしたり、場合によってはバーチャルリアリティーで誘拐されてしまうかも知れませんと言っておきました。当時は、インターネットはあまり知られておりませんでしたし、著作権法改正でコンピュータ関係の対応を文部科学省で始めた時期でした。

1985年 山梨県立都留能力開発センター 総務課 主事 専任1人。昭和61年にランタン・バリウム・銅酸化物の高温超伝導を外国人が発表。昭和62年3月1日に横浜市立大学の小川教授がY123、イットリウム・バリウム・銅酸化物の高温超伝導を発表し新聞に載る。後にわかったことだが、私よりも(日本人)先学者がいたことがわかったと最終講義に書いてありましたので、私が私ですと電話をしたところ、これからは有機ですとおっしゃいましたので私が全くそのとおりですと言いました。昭和62年にランタン・バリウム・銅酸化物の高温超伝導で外国人がノーベル物理学賞を受賞しました。山梨県立都留能力開発センターでオゾンホール関係(小学校、中学校のころ漫画や科学雑誌等で見ました・前記等)を言いましたところ、小倉先生に大声で空が落ちてくるぞ!と言われてしまいました。また、ラジオニュースでコンピュータウイルスの話をしていましたという話をしました。

1989年 山梨県立都留高等学校 主任 総務課。教育委員会文化課にいたころに私が都留高校を訪ねた時に小俣民男先生に会いましてイットリウム・バリウム・銅酸化物の超伝導の話をしました時に小俣民男先生がやはりイッテリビウムかとおしゃいましたので、イットリウムと言っているのにイッテリビウムと言われて驚きました小俣民男先生が同僚でいたかもしれません。或いは、吉田高校に人事異動で勤務していたかもしれませんが都留高校の校長室に入っていった記憶があります。平成19年以降にインターネットで調べたところ、イッテリビウムも高温超伝導になっておりまして驚きました。山梨リニア新幹線実験施設の誘致決定 1989年(平成元年)8月・山梨県知事 望月幸明 妻 浅川氏。

1991年 山梨県商工労働部金融課 主任、中小企業事業団中小企業大学校東京校 高度化施策担当者コース(商業)・物流効率化施策修了、山梨県郡内地域地場産業振興センターほかの山梨県及び中小企業事業団の事業に携わる。 

1993年 山梨県立やまびこ養護学校 事務次長「2 事務長・事務次長、3 (理事、参事)・・・副主幹、4・・・ など」。

1997年 山梨県立都留福祉事務所 主査 介護保険導入担当リーダー 南北鶴老人クラブ事務局、山梨県老クラブ連合会。

1999年 山梨県立谷村工業高校 主査兼事務次長「2 事務長・事務次長、3 (理事、参事)・・・副主幹、4・・・など」。2000年公開特許公報の作成 藤本富男。(ミリ波など電波、テラヘルツ波など電波、レーザーレーダー、5G・ビヨンド5G・6G、電気自動車などの自動運転・自動ブレーキ、無音対策)

2001年 山梨県立吉田高等学校 主査兼事務次長「2 事務長・事務次長、3 (理事、参事)・・・副主幹、4・・・など」。2000年公開特許公報の作成 藤本富男。山口校長先生等にたいへんお世話になりました。山口校長先生が山梨県立吉田高校の建て替え事業に着手をしました。

◎ 学校教育法施行規則 第二十条 校長の資格 二 教育に関する職に十年以上あったこと 

2002年 山梨県総合県税事務所 主査 軽油引取税等。アモルファス及びランタン・鉄(Fe)・ヒ素・酸素の高温超伝導を発明、平成16年3月。甲府ニュー幾山・山梨県警察保養施設。同僚の職員に発表「発表時点で既定の技術・周知の技術になります」及び同僚の若い職員が東京工業大学に連絡。室温超伝導を目指す技術です。ノーベル賞候補(鉄系高温超伝導またY系高温超伝導にパルスレーザー光を当て瞬間的室温超伝導状態、鉄系超伝導(セレン、鉄)に超短パルスレーザー光を当て鉄系超伝導・東京大学、硫化水素に超高圧・200GPで150Kの高温超伝導、ランタン・水素化物に超高圧・170GPで250K(-23℃)で高温超伝導、光化学的に変換した炭素質硫化水素系に超高圧・267GPで287.7K(15℃)の室温超伝導状態)。「2009年公開特許公報 藤本富男の5枚のカードの発明(1 水・光、2 アルコール、3 炭素、4 鉄系高温超伝導、5 室温超伝導) 1+1=2などの発明より・私の備忘録より」。

「参考」 鉄系超伝導・酒 FeTe S(イオウ)をドープ 2010、7、27日 物質材料研究機構、鉄系超伝導・FeSeをS(イオウ)で置換など。常温(室温)超伝導=炭素・グラファイト+水・水素プラズマでも再現 ドイツ・追試中 2012、10、29日 5枚のカードの発明 1+1=2などの発明 藤本富男家 家歴第五巻の山梨県立図書館寄贈本より。 

2004年 山梨県富士東部建設事務所 総務課 主査。

2005年 山梨県富士東部建設事務所(山梨県大月建設事務所)用地課 主査 職員研修指定によりTOEIC 610(国家総合職加点 15点)、ビジネス実務法務検定試験3級合格、2級合格相当・法律全部、宅建試験合格相当・合格点34点(33点、1問だけ正解だが2問が正解になった時)、コミュニケーション能力検定(人事課指定)優秀修了を提出。2009年公開特許公報の作成 藤本富男。山口次長(事務)等にたいへんお世話になりました。

小・中・高校・大学・社会人(山梨県職員など)・定年退職後の現在もノーベル賞数個の発明、ノーベル賞候補、ノーベル賞関係、世紀の発明者(私たち)。2000年公開特許公報、2009年公開特許公報等 藤本富男、5G・ミリ波など電波・1380兆円、ビヨンド5G・6G(テラヘルツ波などの電波、自動運転、自動ブレーキ、電気自動車等の音付け[6]「アメリカのオバマ大統領の時に国連で電気自動車等の音付けが条約で決められた。」、核融合発電、環境、宇宙開発関係、AI・IOT・5G、6Gなど)の第四次産業革命・3京、ファナック誘致・毎年1兆円と算定「産業連関表(試行)より」、東洋一の発電所、リニアモーターカー・9兆円「超電導、高温超伝導」を山梨県知事等に職員提案等で提出(原本所有)。

2020年ノーベル経済学賞関係、電波オークションが受賞(5G、ビヨンド5G・6G関係・電波・ミリ波など電波、テラヘルツ波など電波)、2020年ノーベル平和賞 世界食糧計画が受賞・認定NPO法人世界食糧計画協会 横浜市(昭和47年都留高校授業中発明のミドリムシ・ユーグレナ産業も世界の食糧危機を救うか?も含む)・明治大学中退 横浜市立大学卒業 藤本富男。2021年7月 ユーグレナ(ミドリムシ)バイオ燃料開始。

2021年のノーベル賞も室温超伝導、コロナ関係などでノーベル賞、ノーベル賞関係の発明になるか?、2000年公開特許公報 2009年公開特許公報など藤本富男 5枚のカードの発明 1+1=2などの発明 山梨県立図書館永久保存本、アメリカ合衆国著作権登録などより。[7]

2014年7月31日 60才を過ぎたので定年退職した。

山梨県史・資料編8 近世1領主[8]、山梨県史資料編・資料編Ⅱ・近世4、在方Ⅱ[9]、甲西町誌[10]、近世幕領の行政と組合村 久留島 浩・東京大学出版会[11]、秋山家所蔵「勤役中日記」[12]・市川大門町教育委員会に先祖の川上村兵右衛門(浅川兵右衛門)は、明治元年 鎮撫府・甲斐府・政府の官吏・「貫禄指令 旧山梨県史」「市川代官所勤務等 20両2人扶持 甲府勤番の入塩係15両」であり、また甲西町誌[13]に先祖の大森快庵家譜が掲載され大森氏・葛山氏、武田源氏一流系図には、大森氏・葛山氏が記載され武田信玄の子の葛山信貞(死亡)が掲載されている。小山田信茂の養女 小山田香具姫「内藤忠興の妻」(実は武田信玄の孫とも伝わる。弥太郎信隆(耕雲院)-越中守信有(藤丸)-出羽守有信(妻・信虎妹)-弥三郎信義茂(兵衛尉 後に出羽守、妻 葛山信貞女、青雲院)がある。小山田信茂。[14][15])の娘は、武田信玄の子孫の武田信正に嫁ぎ・・・高家武田家・武田邦信ー武田英信となっている。(新編武田二十四将 正伝・平山 優より)[16]

川上村兵右衛門(浅川兵右衛門)落合村(川上・落合村合村、松皮菱紋・武田氏、小笠原氏、秋山氏)、新津十郎右衛門(松皮菱紋・小笠原氏から新津玄東斎の時に割菱鷹羽をあらためて、家紋とする)ー細田粂四郎(小笠原粂四郎・小笠原長守四男)、小笠原長守三男・小笠原俊久(柳生俊朗養子で柳生俊朗は高家武田家信之5男)・高家武田家信之ー崇信ー信任ー要子ー信安ー昌信ー邦信ー英信「武田信玄の子孫・武田家旧温会 顧問」。したがいまして、武田信玄の子孫 高家武田家、武田家旧温会 最高顧問 武田邦信、顧問 武田英信と武田家旧温会員 藤本富男(母 浅川氏)は、親戚・縁者となります。[17] 

川上村兵右衛門(浅川兵右衛門・市川代官所勤務、明治元年 鎮撫府・甲斐府・政府の官吏)-浅川五左衛門(明治元年 川上村名主、戸長、学務委員、書役)ー浅川廣作・妻 ちよ(田島村戸長、大森保三の叔父、大森太郎左衛門四男の大森弘三郎妹)-二男、浅川幸蔵・妻 いつみ・(父 大森弘三郎)ー大森寛三郎・婦 大森保三長女、三男、浅川晴雄・よしゑ(藤原氏)ー藤本照男「近衛流藤原氏[18]。山梨県職員から民間へ、厚生大臣表彰受賞」・妻 礒江(浅川氏)-藤本富男(母 浅川礒江)「武田家旧温会員、東久邇宮記念賞受賞、東久邇宮文化褒賞受賞」ー『徳川義寛ー徳川義真・妻 牛場孝子(「浅川」孝子ー牛場道雄・妻 とし(小池とし「本姓 浅川とし」-小池国三(浅川国三)」)ー津軽英麿(近衛忠房二男)・妻 照子(小笠原長幹妹)-常陸宮正仁親王・妻 親王妃 華子(津軽華子)』[19]

『旧 山梨県史第1巻 羽部家譜「P412からP416」[20]・後醍醐天皇ー護良親王、雛鶴姫、綴連王ー藤本氏等(北都留郡誌[21]・往古に宮谷四天王に藤本氏あり)-男系男子天皇子孫か?』。後醍醐天皇ー宗良親王・・・三島由紀夫「ウイキペディアより」ー親戚 藤本富男。◎ 無生野の大念仏は、国の重要無形民俗文化財・護良親王、雛鶴姫、綴連王伝説、神社等・都留市指定有形文化財あり。

大森快庵の甲斐叢記「甲斐叢書」、凡例[22]に秋山氏は姻親にして秋山山鶏に校訂[23]を、大森頼周識。甲斐叢記「甲斐叢書」の後編5冊は頼周の孫の保三によって、明治二十四年から二十六年にかけて出版された。・甲西町誌[24]。秋山山鶏(復 通称は運一)の子は秋山玄達(号は椿城)・蘭方眼科医。江戸幕府の侍医土生玄硯の門人。甲斐国医史 村松学佑[25]。また、金丸 信の祖父は、金丸宗之助(中込宗之助)で兄弟の中込六之助 妻・秋山玄達の二女・「秋山てい」が藤本富男(母 浅川氏)の親戚縁者となっている。[26]また、叔父の浅川茂晴(山梨県政功績者)が金丸 信の中巨摩郡後援会長、山梨県知事 望月幸明・妻 浅川氏の甲西町支部長を行っていた。

藤本富男 武田家旧温会員 小笠原長清及び小笠原長清十男 藤崎十郎源行長子孫 武田家旧温会の機関誌「風林火山」[27][28]より。

甲州財閥 小池国三(本姓 浅川国三)、小池厚之助「本姓 浅川厚之助」(小池国三の二男)の三女、小池百合子「本姓 浅川百合子」は正田健次郎の長男 正田 彬に嫁す等で、正田家・德川家等と親戚となり、藤本富男(母 浅川氏)も金丸 信、竹下 登、竹中家、三島由紀夫「小笠原長清、徳川家康などの子孫・ウイキペディアより」、三島通庸、麻生家なども徳川家等や天皇・皇后両陛下、上皇・上皇后並びに秋篠宮・秋篠宮妃や皇族の係累となっている。[29][30]また、山梨県知事 (田辺七六・「小林一三の異母兄弟」、清水家[31])、田辺国男の妻は南アルプス市甲西町の国指定文化財・安藤家住宅・小尾氏の出身で川上村兵右衛門(浅川兵右衛門)の親戚縁者であり、藤本富男の祖母・浅川晴雄の妻(旧姓 藤原よしゑ・小尾氏小尾村出身・北杜市は以前、田辺家で働いていたことがある。父の藤原仙右衛門は水晶鉱山を開発し古文書の農商務大臣の黒田清隆の許可状、山梨県令 藤村紫朗の許可状が山梨県史、須玉町史・北杜市に掲載されている。なお、水晶はパリ万博に出展された。)[32]古くは、水戸黄門顕彰碑では、徳川家康の側室に秋山氏がなり武田信吉「松平信吉」(断絶)となっている。甲西町誌[33] 

親戚 姉 青木政江 元八王子市役所主任、いとこの夫 森嶋準一 元預金保険機構総務部広報・情報管理室長、財務省福岡財務支局部長から財務省大臣官房専門調査官兼(管理職・参事官)、妻の叔父 元山梨県警警察署長・警視正 石井 章・山梨県都留高校同窓会顧問、妻のいとこ 東京大学医学部・東京大学医学部附属病院医師から虎ノ門病院医師 石井 健、叔母の夫 小糸挙一 元山梨県都留市収入役、小糸挙一の姉の配偶者・井上氏 元内務省審議官、子は山梨大学医学部・山梨大学医学部附属病院医師 井上慎吾、元山梨県警警察署長・警視正 鈴木 努・山梨県都留高校同窓会参与(その他警視正等多数)など。

藤本富男(母 浅川氏)は、甲州財閥 若尾逸平、雨宮敬次郎、小池国三(本姓 浅川国三)、根津家、堀内家、金丸信、田辺七六及び田辺国男、小林一三、麻生太郎、竹下 登、DAIGO・北川景子、豊田章一郎(元トヨタ自動車会長の娘婿・藤本 進、は元財務省大臣官房審議官。現トヨタ社長 豊田章男は義弟)、河野一郎、河野洋平、河野太郎、石橋湛山、伊藤忠、丸紅・伊藤忠財閥などを通じて上記のように係累となっている。[34]私も山梨県芸術文化担当・山梨県主催者でしたが、インターネットを見ましたらDAIGO・北川景子の親戚に有名芸能人も多くいるようで、また、岩崎弥太郎の親戚に由紀さおり、黒柳徹子さん等やオノ・ヨーコ、ジョン・レノンまで遠縁の親戚縁者のようです。私の叔母さんのところでアメリカに何代も前に移住しアメリカ人になっています。

閨閥学 秋山家(山梨県)[35] 秋山藤右門真喜[36][37]ー秋山喜蔵ー妻(秋山喜蔵の三女) 秋山雪子・夫 山屋太郎ー山屋八郎ー山屋他人ー皇后陛下 雅子 様ー郡中総代 川上村兵右衛門 右代兼 川上村兵右衛門(浅川兵右衛門)[38][39][40]ー上皇 明仁 様、上皇后 美智子 様ー天皇陛下 徳仁 様、皇后陛下 雅子 様ー秋篠宮・秋篠宮妃ー皇族等ー藤本富男「3京等、ノーベル藤本」(母 浅川氏)。

秋山喜蔵[41]ー山屋太郎ー山屋八郎ー富田太郎ー三宅甲造ー伊集院虎一ー大久保芳子・大久保利通の長女ー大久保利通「堀内詔子、三島通庸、三島由紀夫、麻生太郎、DAIGO、竹下登、米内光政、竹中藤右衛門、金丸信ー川上村兵右衛門(浅川兵右衛門)-大森快庵ー医師 秋山玄達ー浅川廣作ー藤本富男(母 浅川礒江)・東久邇宮記念賞、東久邇宮文化褒賞受賞(3京等、ノーベル藤本)ー小池国三(本姓 浅川国三)」

概略 武田氏(高家)~世界帝王辞典。武田信之ー柳生俊益ー柳生俊久(父 小笠原長守)-小笠原勁一、若尾俊武(義父 若尾幾造)-柳生重五ー柳生昌子(夫 伊達宗宏)-伊達宗曜(父 伊達宗城)-(伊達)欽子・夫 秋元順朝ー秋元壮朝[42]・・・親戚・縁者 藤本富男(母 浅川氏)「3京等、ノーベル藤本」(参考・前記等)。

小池国三(本姓 浅川国三)-女 とし・夫 牛場道雄、女 元子 夫 牛場信彦ー牛場暁夫・妻 由紀子(朝吹登美子 長女)-朝吹英二・妻・スミ、中上川彦次郎妹ー中上川彦次郎、叔父に福沢諭吉。「慶応義塾大学 創立者」(親戚縁者に渋沢栄一)ー小池国三(本姓  浅川国三)ー小池厚之助(本姓 浅川厚之助)三女 小池百合子(本姓 浅川百合子)・夫 正田建次郎 長男 彬ー上皇后(正田)美智子 様ー藤本富男(母 浅川氏)「3京等、ノーベル藤本」(参考・前記等)。

大隈重信「早稲田大学 創設者」ー大隈熊子・養子 (大隈英麿)南部英麿ー鍋島直浩・一条重子ー正田卓二・一条重子ー正田きぬ・正田貞一郎ー正田英三郎・副島富美子ー正田美智子(上皇后 美智子)ー藤本富男「3京等、ノーベル藤本」。

山梨県人事興信録・大正7年 中込六郎右衛門(中巨摩郡飯野村)-中込六之助(甲府市相生町)・妻 中込(秋山)ていー父 秋山玄達(山梨県南巨摩郡増穂村)。中込六郎右衛門ー中込六之助(甲府市相生町)、金丸(中込)宗之助(中巨摩郡今諏訪村)・・・金丸 信(中巨摩郡今諏訪村)。

 

    




 


脚注[編集]

  1. 『甲西町誌P1397』。
  2. 山梨日日新聞 2010年6月1日 東久邇宮記念賞受賞 大月・藤本富男
  3. 2000年公開特許公報 2009年公開特許公報 藤本富男 特許庁
  4. 広報おおつき2016年9月号”. 大月市. 2020年11月13日閲覧。
  5. 広報 おおつき 2010年5月号
  6. 山梨日日新聞 2010年6月1日 東久邇宮記念賞を受賞 大月・藤本富男
  7. 2000年公開特許公報 2009年公開特許公報 2013年アメリカ合州国著作権登録 1+1=2などの発明 5枚のカードの発明 山梨県立図書館永久保存本 藤本富男
  8. 山梨県史P940~P947
  9. 山梨県史P16~P19
  10. 甲西町誌P1891~P1892
  11. 近世幕領の行政と組合村P316~P320
  12. 秋山家所蔵「勤役中日記」P170~、P203
  13. 甲西町誌P1397、P1401
  14. 山梨県東部姓氏温故録より 小山田P108~P109
  15. 甲斐小山田氏 著者 丸島和洋・岩田書院
  16. 新編武田二十四将 正伝P182~P183
  17. 武田氏(高家)~世界帝王事典~
  18. 山梨県東部姓氏温故録 P301~302 藤崎、藤本氏 小笠原長清、近衛流藤本氏
  19. 近代名士家系大観 小池国三(本姓 浅川国三)
  20. 旧 山梨県史第1巻 P412~P416
  21. 北都留郡誌
  22. 甲斐叢記 凡例・P241
  23. 甲斐叢記 巻之一 峡西 大森 欽、秋山復 校訂 P243
  24. 甲西町誌P1401
  25. 甲斐国医史P231、P275
  26. 閨閥学 金丸家(金丸信 等の家系図)
  27. 風林火山・武田家旧温会機関誌
  28. 山梨東部姓氏温故録 小俣長利 山梨日日新聞 藤崎、藤本 P301~P302
  29. 近代名士家系大観・小池国三(本姓 浅川国三)
  30. 地方豪族のネットワーク・豪閥 著者 佐藤朝泰 ㈱立風書房
  31. 地方豪族のネットワーク・豪閥・清水家 佐藤朝泰 ㈱立風書房 
  32. 山梨県史、須玉町史
  33. 甲西町誌P84~P85
  34. 地方豪族のネットワーク・豪閥 著者 佐藤朝泰 ㈱立風書房の各家より
  35. 近代名士家系大観 山屋他人
  36. 秋山家所蔵「勤役中日記」市川大門町教育委員会及び後書き
  37. 山梨県史 資料編8 近世1領主 代官 P940~P947
  38. 山梨県史 資料編8 近世1 領主P940~P947
  39. 山梨県史資料編Ⅱ 近世4在方Ⅱ
  40. 秋山家所蔵「勤役中日記」 市川大門町教育委員会
  41. 秋山家(山梨県) 閨閥学
  42. 山梨県史 通史編3 近世1 甲府藩 徳川綱重・綱豊、谷村藩の成立と藩政 秋元氏など


This article "藤本富男" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:藤本富男.