Welcome to EverybodyWiki 😃 ! Nuvola apps kgpg.png Log in or ➕👤 create an account to improve, watchlist or create an article like a 🏭 company page or a 👨👩 bio (yours ?)...

稲荷來明

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

スクリプトエラー: モジュール「Message box」はありません。

いなり らいあ
稲荷 來明
稲荷 來明
なちゅ芸能社所属俳優写真集より
本名 中山 明(なかやま あきら)
別名義
  • 曾我廼家 明(そがのや あきら)
  • 西条 晃(さいじょう あきら)
  • 新田 隆(にった りゅう)
生年月日 (1971-11-18) 1971年11月18日(49歳)
出生地 東京都板橋区
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
身長 178cm
血液型 A型
職業
  • 舞台俳優
  • 劇作家
  • 脚本家
  • 舞台演出家
ジャンル 大衆演劇・舞台
活動期間 1973年〜
活動内容 1973年:初舞台
所属劇団

劇団晃グループ

  • 『劇団晃(AKIRA)』
  • 『劇団桃(ぴーち)』
  • 『劇団皐心(こころ) 』
  • 『劇団来魅(くるみ)』
  • 『劇団姫凛(ぷりん)』等
公式サイト
  • 劇団晃グループ稲荷來明
  • テンプレートを表示

    稲荷 來明(いなり らいあ、(本名、中山 明)、1971年11月18日 - )は、東京都板橋区出身の日本の舞台俳優。大衆演劇の演劇作家。血液型A型。身長178cm

    プロフィール[編集]

    • 1971年に大衆演劇の劇団新進座内で生まれ育つが、1973年に両親と別れ、劇団新進座の座長の3男として育てられる。当時 十条「篠原演芸場」浅草「木馬館」などの劇場を始めとし、関東一円を巡業をしていた。

    2歳のころから芝居・舞踊、共に師匠(劇団新進座の座長)に基本を習い、子役として芝居に出演したり舞踊を踊ったり歌謡ショーでは歌も歌い、テレビ番組にも出演したこともある。 小学生時代は東京都板橋区立板橋第九小学校に本籍を置き、毎月巡業地近くの小学校に転校し、仮在学をして毎日2~3時間の授業を受けながら舞台出演していた。 中学生時代も同様に、東京都板橋区立板橋第三中学校に本籍を置き、毎月巡業地近くの中学校に転校し、仮在学をして毎日2~3時間の授業を受けながら舞台出演していた。 中学卒業後、約1年9ヵ月舞台から離れるが、再び役者になるべく、師匠の元を離れ関東の数劇団で長い下積時代に突入した。 その頃から自己流で日本舞踊や長唄、演歌や歌謡曲をはじめ、色々なジャンルの舞踊を踊るようになった。

    • 2006年8月、下積を終え当時の劇団(組合)を脱退。
    • 2006年11月、愛知県名古屋市で劇団『晃』を結成。
    • 2009年1月にグループ劇団の、劇団『皐心』・劇団『来魅』を結成。
    • 2010年には舞台俳優を続けながら本格的に演劇作家、演出家の道に進む。
    • 2012年10月、劇団『晃』から劇団『桃』に改名し、稲荷來明が座長公演の時のみ劇団『晃』とする。
    • 2013年5月、劇団『姫凛』を結成し、名古屋・姫路の拠点から北海道・東京・大阪に拠点を移し、中部・近畿だけではなく、日本全国で公演を実現。海外公演等も行うようになる。
    • 2016年5月、舞台中の怪我により舞台俳優業を無期限活動休止になる。
    • 2017年6月、劇団『桃』東北巡業にサプライズ特別出演より舞台俳優復帰。
    • 2018年1月から、劇団『晃』再始動
    • 2018年2月、公演前の事前検査結果で癌があることが発覚。公式Twitterで転移があることも発表。医師に入院をすすめられるも、命の限り舞台を努めたいと、座長公演を(2018年6月)現在も進行中。

    現在は、劇団座長、舞台俳優、劇作家、脚本家、演出家として活動している。

    作家作品[編集]

    • 『明石海峡の決闘』(2007)
    • 『ひなまつりの夜』(2007)
    • 『あゝヒロシマ』(2007)
    • 『墓掘り佐兵衛』(2008)
    • 『來明の四谷怪談』(2008)
    • 『來明の森の石松の最期』(2008)
    • 『Last忠臣蔵』(2009)
    • 『信長本能寺の最期』(2009)
    • 『天城越え』(2010)
    • 『流氷の手紙』(2010)
    • 『風は吹いている』(2010)
    • 東日本大震災追悼社会劇『最後の避難放送』(2011)
    • 『処刑場に走る女』(2012)
    • 『Moon Crying 月が泣いている』(2012)
    • 『怒りの銃弾』(2012)
    • 『三億円強奪事件 毒殺された少年』(2012)
    • 『津山事件人生の二筋道』(2012)
    • 『棄老伝説 楢山節考(長楽寺の捨石)』(2015)
    • 『血煙飯盛山白虎隊』(2015)
    • 『三人の名付け親』(2015)
    • 『恋の磐梯月夜』(2015)
    • 『和子、時効十四日前の逮捕』(2015)
    • 『來明版大奥』(2017)
    • 『外道の花道』(2017)
    • 『On my way 行く途中です』(2017)

    他多数 【時代劇・明治異色劇・新派・喜劇・現代社会劇】等、約170本の作品。

    主演舞台[編集]

    • 『国定忠治御用旅』(2007)(2008)(2009)(2010)(2017)
    • 『忠臣蔵』(2007)(2009)(2010)(2011)
    • 『瞼の母』(2007)(2009)(2015)
    • 『婦系図 湯島の白梅』(2008)(2010)
    • 『宇都宮吊天井』(2007)(2008)
    • 『冥途の飛脚』(2009)(2011)
    • 『恩讐を越えて』(2009)(2012)
    • 『佐倉義民伝 佐倉惣五郎の最期』(2009)(2011)
    • 『伊豆の踊子』(2010)
    • 『キリシタンの女』(2011)
    • 『名奉行!大岡越前』(2011)
    • 『柴田勝家の恋』(2011)
    • 『一本刀土俵入り』(2012)(2017)
    • 『清水次郎長の生涯』(2012)
    • 『なにわ忠臣蔵』(2012)
    • 『桂春団治浪花しぐれ』(2012)
    • 『大奥 絵島生島事件』(2012)
    • 『泣き虫兄弟鴉』(1012)
    • 『仇討読本』(2013)
    • 『馬子唄ざんげ』(2013)
    • 『情けのかけそば』(2014)
    • 『両国夫婦花火』(2015)
    • 『座頭市懺悔旅』(2018)

    他多数 約200本のお芝居に主演。

    ミュージカル[編集]

    • 『ミュージカル鶴の恩返し』
    • 『來明版 ミュージカル走れメロス』
    • 『ミュージカル忠臣蔵物語』
    • 『ミュージカル下田のお吉』
    • 『ミュージカル八百屋お七』
    • 『ミュージカル新内明烏 浦里』
    • 『ミュージカル明治一代女』
    • 『ミュージカル残菊物語』
    • 『ミュージカル心中天網島小春』
    • 『ミュージカル曽根崎心中』

    他多数。

    公演[編集]

    期間
    1日だけの単発公演から、1ヶ月・2ヶ月のロング公演まで。ツアー公演もあり。
    公演地
    日本全国・海外公演もあり。
    文化会館・コンサートホール・芸術劇場・大衆演劇場・仮設舞台・劇場併設型ホテル・劇場併設型健康ランド、等で公演。
    構成
    第一部 : お芝居
    第二部 : 口上
    第三部 : 舞踊絵巻
    第四部 : 特別ショー
    基本的に四部構成の3時間程の上演(特別公演時は4時間程)で、昼の部・夜の部、の公演。過去最高、1日5回公演あり。
    主なホール 劇場
    • 『石川厚生年金会館』
    • 『福井フェニックスプラザ』
    • 『琵琶湖ホール』
    • 『北海道厚生年金会館』
    • 『長崎ブリックホール』
    • 『宮崎市民文化ホール』
    • 『倉敷市民会館』
    • 『宇都宮市文化会館』
    • 『松本文化会館』
    • 『パシフィコ横浜』
    • 『仙台サンプラザ』
    • 『高知県立県民文化ホール』
    • 『石川厚生年金会館』
    • 『桐生市市民文化会館』
    • 『郡山市民文化センター』
    • 『兵庫県立芸術文化センター』
    • 『茨城県立県民文化センター』
    • 『弘前市民会館』
    • 『盛岡市民文化ホール』
    • 『山形市民会館』
    • 『大宮ソニックシティ』
    • 『川口総合文化センターりりあ』
    • 『千葉県文化会館』
    • 『市原市市民会館』
    • 『東京芸術劇場』
    • 『町田市民ホール』
    • 『富山県民会館』
    • 『静岡市民文化会館』
    • 『名古屋市民会館』
    • 『三重県総合文化センター』
    • 『和歌山県民文化会館』
    • 『吹田市文化会館メイシアター』
    • 『八尾市文化会館』
    • 『神戸文化ホール』
    • 『姫路市文化センター』
    • 『とりぎん文化会館』
    • 『島根県民会館』
    • 『広島国際会議場フェニックスホール』
    • 『山口市民会館』
    • 『福岡市民会館』
    • 『旭川市民文化会館』
    • 『北見市民会館』
    • 『網走市民会館』
    • 『釧路市民文化会館』
    • 『帯広市民文化ホール』
    • 『弘前市民会館』
    • 『成田国際文化会館』
    • 『千葉県南総文化ホール』
    • 『船橋市民文化ホール』
    • 『幕張メッセ』

    他多数 順不同

    テレビ出演[編集]

    • 歴史への招待 - NHK総合テレビ
    • 芸術劇場 - NHK教育テレビ
    • NNNドキュメント - NNN系
    • テレポートTBS6 - TBS
    • FNNスーパータイム - フジテレビ
    • ANNスーパーJチャンネル - テレビ朝日
    • 出没!アド街ック天国 - テレビ東京

    出典[編集]

    スクリプトエラー: モジュール「Message box」はありません。

    外部リンク[編集]


    This article "稲荷來明" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:稲荷來明.

    Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。