矢野一成

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

矢野一成
生誕 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
出身地 日本の旗 日本 福岡県久留米市
死没 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
学歴 九州産業大学芸術学部 デザイン学科中退
ジャンル ロック
ポップス
職業 ドラマー
ボーカリスト
担当楽器 ドラム
活動期間 1990年〜
事務所 (有)イルファ
公式サイト http://kazunariyano.com/

矢野 一成(やの かずなり、1968年2月24日 - )は、日本のミュージシャン(ドラマー、ボーカリスト)である。福岡県久留米市出身。血液型O型

概要[編集]

12歳よりドラムを始める。

バンドマンでサックス奏者だった父親の影響と、近所に住んでいたチェッカーズのドラマー「故クロベェ」にスティックをもらったのもきっかけのひとつ。

学生時代、久留米と福岡を拠点に数々のバンドにて活動。

最も影響を受けたバンドは、「RCサクセション」 「ARB」 「THE MODS」 「ルースターズ」 「サンハウス」

最も影響を受けたアルバムは、「アメリカン・グラフィティー・サントラ盤」

2015年8月には富士山麓に10万人のファンが集結して行われた長渕剛オールナイトライブにドラマーとして参加し魂のドラムを叩き抜いた。

略歴[編集]

  • 1990年 福岡よしもとのイベントにて芸人のバックバンドとしてドラムを叩き、初めてプロとしてのギャラを貰う。当時の芸人には「博多華丸・大吉」「ター坊・ケン坊(ター坊は後のカンニング竹山、ケン坊はケン坊田中として福岡で活動中)」等がいた。
  • 1991年 「Body Sonic」結成。福岡西新JA-JAを中心に活動。1994年脱退。
  • 1994年 「博多ザ・ブリスコ」加入。1996年脱退。
  • 1996年 「MOON・BEAM」加入。福岡Drum Logosのこけら落とし公演や、スティービー・サラスのオープニングアクト等を勤める。98年同所において600人を動員するワンマンライブを成功させ(福岡のアマチュアバンド単独動員記録)その後活動の拠点を東京に移し、下北沢、渋谷のライブハウスを拠点に活動を続け、同時に数々のソロアーティストやバンドのサポートを開始。
  • 2004年 「LA-PPISCH(レピッシュ)」のギタリスト「杉本恭一」のソロ活動に参加。2013年まで「杉本恭一& The Dominators」として活動する。
  • 2007年 「LA-PPISCH」のデビュー20周年企画より同バンドのサポートメンバーとなる。
  • 2007年 「筋肉少女帯」のアルバム「新人」内で3曲レコーディングメンバーとして参加。
  • 2010年 プロデューサー&ベーシストの上田健司によるブッキングにより「長渕剛」のレコーディング、ツアーメンバーとして参加する。
  • 2012年 「LA-PPISCH」25周年記念アルバムレコーディング(caldera)同ツアーに参加(6人の侍)
  • 2013年 活動の拠点を東京から福岡に戻す。
  • 2014年 「長渕剛」 All Time Best Tourに参加。
  • 2015年 「長渕剛」Road to Fuji Hall Tourに参加。 同年8月「長渕剛」富士山麓10万人オールナイトライブに参加。
  • 2016年 ギタリストの盟友ichiroとのコラボライブを開始。
  • 2017年 ichiroとのアコースティックユニット「羊猿会」結成。
  • 現在では地元九州のアーティストのサポート、ドラムチューナー、バンドアレンジ、また、後進の指導にもあたっている。

自身のバンド「MOONBEAM」は活動継続中。

バンド[編集]

「MOONBEAM」(ムーンビーム)
(メンバー)
Guitar&Vocal 柿木一宏(カッキン)
Bass 有江嘉典(Vola & The Oriental Machine / 杉本恭一バンド / the pillows)

作品[編集]

  • MOON・BEAM

CD
1998 「Rock'n Roll Train」
2000 「DAWN GOT A DOWN」
2000 「DAWN E.P」
2001 「GIVE ME FEEDBACK」
2001 「どっちだっていい世界」
2004 「peaceful love」(the moonbeam名義)
2012 「LIVE at NOW HERE 20120204」
2012 「EVERY TIME FROM NOW HERE」

DVD
2014 「CROSS BEAMS 20140302」

  • 杉本恭一(2004~Recording & Live)

CD
2004 「PENNY ARCADE」
2005 「Marking Point」
2006 「magnetism」
2009 「Electric Graffiti」
2009 「テールピース ギフト」
2011「Macka Rocka」

DVD
2004 「Kyoichi solo tour 2004『弾きGo~LEE』-冬景色フアイナル-」
2006 「水戸華之介/杉本恭一『華恭~ふたりのビッグ・ショー』」
2010 「Tail Peace Tour 2009」

  • LÄ-PPISCH(2007~Recording & Live)

CD
2013 「caldera」

DVD
2013 「LÄ-PPISCH 25th Anniversary Tour ~6人の侍~at SHIBUYA AX 2012.11.22」

  • 長渕剛(2010~Recording & Live)

CD
2010 「絆-KIZUNA-」
2010 「TRY AGAIN」
2015 「富士の国」
2017 「BLACK TRAIN」

DVD
2011 「ARENA TOUR 2010-2011 ”TRY AGAIN” LIVE at YOYOGI NATIONAL STADIUM」
2014 「TSUYOSHI NAGABUCHI “ARENA TOUR 2014 ALL TIME BEST” Live one love, one heart」
2016 「富士山麓 ALL NIGHT LIVE 2015」

  • 扇愛奈(2006~2010 Recording & Live)

CD
2006 「レベルアップ」
2007 「海鳴りライダー」
2009 「ハッキン・チューニン」

  • 筋肉少女帯

CD
2007 「仲直りのテーマ」
2007 「新人」(M2. M10. M14)

脚注[編集]

外部リンク[編集]


This article "矢野一成" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:矢野一成.