アントニア・ウレホラ・ノゲーラ

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索



アントニア・ウレホラ・ノゲーラ
Antonia Urrejola Noguera
Antonia Urrejola 2022.jpg
2022年のアントニア・ウレホラ
生年月日 (1968-11-13) 1968年11月13日(53歳)
出身校 チリ大学
配偶者 Cristián Franz Thorud
テンプレートを表示

アントニア・ウレホラ・ノゲラ(Antonia Urrejola Noguera, サンティアゴ、1968年11月13日) [1]は、チリの弁護士、政治家、社会党(PS)関係者である。 [2]彼女は、2022年3月11日以来、ガブリエル・ボリッチ政権でチリの外務大臣を務めている。 [3]

米州機構(OAS)から2018年から2021年まで米州人権委員会(IACHR)の委員に選出され、2021年には委員長を務め、同委員会初の女性だけの理事会を指揮した。 [4]

家族と研究[編集]

経済学者、考古学者、教育学院教授であるカルロス・ウレホラ・ディットボーンと同じく教授のマリア・イネス・ノグエラ・エチェニケの娘として、1968年にサンティアゴで生まれた[5]。後者はチリの大統領フランシスコ・アントニオ・ピントとホセ・ホアキン・プリエット・ヴィアルの子孫である[6]

彼女は、Saint George's Collegeで初等・中等教育を修了し[2] 、チリ大学で法学の高等教育を修了した。その後、大学院で人権と移行期正義の学位を取得した。 [7]

政治家のクリスティアン・フランツ・トルードと結婚しており、ミシェル・バチェレ第2次政権時に環境総監を務めた。 [1]

政治的キャリア[編集]

2003年から2005年まで、チリ内務省の人権アドバイザーを務め[8] 、人権プログラム、「記憶」「真実」「正義」の問題に携わるほか、先住民族特別委員会委員、国有資産省委員などを歴任している。 2006年から2011年まで米州機構(OAS)事務総長上級顧問を務める。また、2014年から米州人権委員会(IACHR)に任命されるまで、大統領府大臣官房長の人権アドバイザーを務めた。 [8] [9]

2017年、OAS総会で2018年から2021年までの4年間の任期でIACHRの委員に選出された3人の候補者のうちの1人である。 [7]先住民の権利に関する報告官に選出され、ブラジル、ジャマイカ、トリニダード・トバゴ、ウルグアイ、キューバの報告官も務めた。 [9] [10]ウレホラは、ブラジルのフラビア・ピオベサン教授、メキシコのジョエル・エルナンデス・ガルシア外交官とともに選ばれた。 [8]彼女は、キューバの人権について組織に認識させるためのファシリテーターだった。 [10]

IACHRの代表[編集]

左から右:2021年のジュリサマンティラファルコン副代表、ウレホラ代表、フラビアピオベサン副代表。

2021年3月15日、ジョエル・エルナンデスの後任としてIACHRの議長に就任し、委員会初の女性だけの理事会を指揮した。第一副代表にはJulissa Mantilla Falcón、第二副代表にはFlávia Piovesanが就任した。 [4]

2021年6月にはOASに報告書を提出し、ニカラグアでは「深刻な政治的・民主的影響」を伴う人権危機が「深まっている」と警告し、その日までに124人以上が任意で拘束されたままであり、その中には大統領候補5人(クリスチアナ・チャモロ、アルトゥーロ・クルス、フェリックス・マラディアガ、フアン・セバスチャン・チャモロ、ミゲル・モラ)も含まれていると非難している。 [11]

2021年11月、委員の再選に応募したが、落選した。 [10]2021年12月31日に委員長を退任。

国務大臣[編集]

2022年1月21日、当時のガブリエル・ボリッチ次期大統領によって外務大臣に任命され、1990年の民主化以降、2000年3月のソレダ・アルベアルに次いで2人目の女性大臣に就任した[3]。同年3月11日、ボリッチ政権が正式にスタートすると同時にその任に就いた。 [12]

参考文献[編集]

  1. 1.0 1.1 Artaza, Francisco (21 de enero de 2022). “Quién es Antonia Urrejola, la nueva ministra de Relaciones Exteriores de Gabriel Boric”. La Tercera. 21 de enero de 2022閲覧。
  2. 2.0 2.1 Conoce a los 24 ministros del nuevo gobierno”. La Tercera (21 de enero de 2022). 21 de enero de 2022閲覧。
  3. 3.0 3.1 Presidente Boric nombra a los 24 integrantes de su gabinete: tendrá mayoría femenina, contará con la primera ministra del Interior de la historia y con varias figuras de la ex Concertación”. El Mostrador (2022年1月21日). 2022年1月21日閲覧。
  4. 4.0 4.1 Commissioner Prado congratulated the new Board of Directors of the IACHR”. Presidencia Venezuela (2021年3月15日). 2021年12月19日閲覧。
  5. Anales de la República; Antonia Urrejola Noguera”. www.anales.cl (3 de abril de 2022). 27 de abril de 2022閲覧。
  6. Díaz Vial, Raúl (1960). El Linaje de Vial, sucesión y vinculaciones. Madrid: Selecciones Gráficas. p. 951 
  7. 7.0 7.1 OAS (2009年8月1日). “OAS - Organization of American States: Democracy for peace, security, and development” (英語). www.oas.org. 2021年12月19日閲覧。
  8. 8.0 8.1 8.2 La Comisión Interamericana de Derechos Humanos” (英語). Global Americans (2017年11月30日). 2021年12月19日閲覧。
  9. 9.0 9.1 Tercera (2021年3月15日). “La abogada chilena Antonia Urrejola asume como presidenta de la Comisión Interamericana de DD.HH.”. La Tercera. 2021年12月19日閲覧。
  10. 10.0 10.1 10.2 Race and Equality recognizes and appreciates the role of Antonia Urrejola in promoting human rights in the region – Race and Equality” (英語). 2021年12月19日閲覧。
  11. Antonia Urrejola advierte en la OEA la "profundización" de la crisis de derechos humanos” (スペイン語). Confidencial (2021年6月23日). 2021年12月20日閲覧。
  12. Gabinete del presidente Gabriel Boric asume oficialmente sus cargos”. Biobio Chile (2022年3月11日). 2022年3月11日閲覧。

外部リンク[編集]

  • Lua エラー モジュール:Twitter 内、8 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)


This article "アントニア・ウレホラ・ノゲーラ" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:アントニア・ウレホラ・ノゲーラ.