渋谷亮

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索
渋谷亮 Football pictogram.svg
名前
愛称 やってぃ
カタカナ シブヤ リョウ
ラテン文字 Shibuya Ryo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1992-07-25) 1992年7月25日(30歳)
出身地 東京都世田谷区
身長 168cm
体重 62kg
選手情報
在籍チーム 北海道十勝スカイアース
ポジション MF
背番号 23
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015-2018 東京ヴェルディ 0 (0)
2016 → 鈴鹿アンリミテッドFC (loan) 12 (3)
2017 → ラインメール青森 (loan) 1 (0)
2018 → 北海道十勝スカイアース (loan) 14 (7)
2019- 北海道十勝スカイアース 14 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年5月5日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説)■サッカー選手pj

渋谷 亮(しぶや りょう、1992年7月25日 - )は、東京都世田谷区[1] 出身のサッカー選手。ポジションはポジションはミッドフィールダー(MF)。

来歴[編集]

東京ヴェルディ下部組織出身の選手。ヴェルディユース時代の2010年には東京都サッカートーナメントで優勝し、第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会にも出場している。ユース時代の同期には小林祐希、高野光司らがいる。

中央大学進学後は怪我に悩まされ、3年時にようやくリーグ戦初出場を果たす[2]。4年時には主将に就任するも、あまり出番はなかった。

大学卒業後、古巣の東京ヴェルディに入団。

2016年、東海社会人リーグの鈴鹿アンリミテッドFCに期限付き移籍。

2017年、JFLのラインメール青森に期限付き移籍。

2018年、北海道サッカーリーグの北海道十勝スカイアースに期限付き移籍[3]

2019年、北海道十勝スカイアースへ完全移籍[4]

略歴[編集]

ユース時代
  • 砧少年サッカーチーム
  • 東京ヴェルディジュニア (世田谷区立砧小学校)
  • 2005年 - 2007年 東京ヴェルディジュニアユース (世田谷区立砧南中学校)
  • 2008年 - 2010年 東京ヴェルディユース (東京都立狛江高等学校)
  • 2011年 - 2015年 中央大学学友会サッカー部
プロ経歴
  • 2015年 - 2018年 日本の旗 東京ヴェルディ
    • 2016年 日本の旗 鈴鹿アンリミテッドFC (期限付き移籍)
    • 2017年 日本の旗 ラインメール青森 (期限付き移籍)
    • 2018年 日本の旗 北海道十勝スカイアース (期限付き移籍)
  • 2019年 - 日本の旗 北海道十勝スカイアース

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2015 東京V 17 J2 0 0 - 0 0 0 0
2016 鈴鹿 8 東海1部 12 3 - 2 0 14 3
2017 青森 6 JFL 1 0 - - 1 0
2018 十勝 23 北海道 14 7 - - 14 7
2019 14 1 - - 14 1
2020 -
通算 日本 J2 0 0 - 0 0 0 0
日本 JFL 1 0 - - 1 0
日本 東海1部 12 3 - 2 0 14 3
日本 北海道 28 8 - - 28 8
総通算 41 11 - 2 0 43 11

タイトル[編集]

東京ヴェルディユース
  • 日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会 (2010年)
  • 東京都サッカートーナメント (2010年)
北海道十勝スカイアース
  • 北海道サッカーリーグ (2018年、2019年)

個人[編集]

  • 日本クラブユースサッカー選手権 (U-15)大会 MIP (2007年)
  • 北海道サッカーリーグ ベストイレブン (2019年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • 東京ヴェルディ1969の選手一覧
  • ラインメール青森の選手一覧

外部リンク[編集]

  • 渋谷亮 - J. League Data Siteによる選手データ (日本語)Lua エラー モジュール:EditAtWikidata 内、36 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)スクリプトエラー: モジュール「WikidataCheck」はありません。


This article "渋谷亮" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:渋谷亮.