日本人の価値観

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

日本人の価値観(にほんじんのかちかん、Japanese values)は、日本文化において文化の前提とする特定思想で一般的な表現と私的な思考/感情の間の分別、日本の社会文化史上において最も重要であると考えられているもの [1]である。

概要[編集]

日本の神話では、神々は愛や怒りといった人間の感情を表しており、これらの物語では他者との積極的な関係をもたらす行動は報われ、他者と自分自身を識別する共感は非常に高く評価されている[2]。それとは対照的に、反社会的または他人に害を及ぼす行動は非難されている[2]。そのような悪意のある行為は、神話の中でその犯罪者を追放にすることによって処遇されているのである[2]

長期にわたって反社会的行動を看過する社会は存在し得ないだろうが、特に日本は超自然的な制裁よりもむしろ社会的なそれを強く信頼し、調和の恩恵を強調する社会の一つである[3]。日本の子どもたちは、人間の充足感は他の人との密接な関連性からできており、相互依存社会の一員であることを認識するように幼少期から学んでいくのである[3]。これは家庭から始まって、近所、学校、地域社会、職場などのより大きなグループにまで広がる[3]。他人への依存は人間の生育状態において自然な状態であるが、それが作り出す社会的義務(義理)が果たすにはあまりにも煩わしすぎるようになったときにのみ、それは否定的に見られる傾向がある[3]。日本の歴史や文化の中で例えば非常に慎重な話題である自殺に通じる場合がそうで、21世紀初頭には、学校でのいじめが非常に大きな社会問題となっていくのである [4]

対人関係でもほとんどの日本人はあからさまな競争と対立を避ける傾向があり、他者と仕事をするには自制が必要で、それは集団への貢献、感情的な安全、そして社会的アイデンティティに貢献することに誇りを持っているという恩恵をもたらすとしている[3]。和と呼ばれる、グループ内の調和概念は、協力の態度と社会的役割の認識を必要とするが、グループ内の各個人が個人的な義務を理解し、他人の状況に共感するならば、グループ全体として利益があり、すべてが個々の最善の努力を尽くした場合にのみ発揮することができる[3]。多くの場合、グループ内で全員と相談して初めて決定が下され、合意は普遍的な合意があったことを意味するのではなく、このスタイルの協議的意思決定は情報交換にグループの各メンバーを巻き込み、グループアイデンティティの感情強化をすることで、決定の実施をより円滑にしているのである[3]。グループ内での協力もまた、その問題が教育的に成功であろうと市場シェアであろうと、そのグループとそれに対応するグループ間競争に焦点を合わせていることが多い[3]。 制服 、名前、バナー、唱歌などは、部外者にとってもグループ内の人にとっても、他のグループとは異なるものとしてグループを識別し、公式であれ非公式であれ、グループ活動への参加は、個人がそのグループの一員とみなされることを望んでいることを象徴する声明なのでである[3]。このほか、仕事終わりの飲酒は、情報交換や社会的緊張の解放のための道具的な機会だけでなく、継続的な交友関係に対する欲求を非言語的に表現するための機会も提供しているのである[3]

日本で、グループで働くには、グループ間の相互依存を強め、グループのメンバーではない者との違いについての感覚を強化し、そうして成功したコミュニケーションチャネルを開発する必要が迫られる[5]。それでも、現代の社会で生活や仕事をしている個人間に起こる社会的相互作用を超えた社会的相互作用も必要で、新聞の購入など関係が短時間で重要事項でない場合、個人の価値観は維持されている[5]。しかし、近隣であるかどうかにかかわらず関係がビジネス、結婚、雇用などなど、長期にわたって続くと予想される場合、良い関係を確立し維持するために細心の注意が払われるうることもあり、このような関係は多くの場合希望者への提供、 go-between仲人 、なこうどとして機能することができ、相対、友人、または同僚のソーシャルネットワークを活用することによって関係が開始される[5]。仲人は、ほとんどの場合各家族の経歴を調べたり、公私に仲介、相談に乗ったりする、 結婚の取り決め(場合によっては見合い)について交渉する人を指す。しかし、この種の個人的な調停は日本の生活の多くの面で一般的事項である[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. Takeo Doi, The Anatomy of Dependence: Exploring an area of the Japanese psyche – feelings of indulgence. Kodansha International Ltd.: 1973.
  2. 2.0 2.1 2.2 Dolan & Worden 1992, pp. 93-94.
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 3.8 3.9 Dolan & Worden 1992, p. 94.
  4. School bullying in Japan”. BBC. 2008年1月13日閲覧。
  5. 5.0 5.1 5.2 5.3 Dolan & Worden 1992, pp. 94-95.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 集団主義#日本文化論
  • 日本の政治 日本の政治的価値
  • 恥 恥の社会
  • ジョン・ネイスン ジャパンアンバウンド:誇りと目的のための揮発性国家の探求 の作者

外部リンク[編集]


This article "日本人の価値観" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:日本人の価値観.