Welcome to EverybodyWiki 😃 ! Nuvola apps kgpg.png Log in or ➕👤 create an account to improve, watchlist or create an article like a 🏭 company page or a 👨👩 bio (yours ?)...

大内一也

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


大内 一也(おおうち かずや、1973年(昭和48年)10月10日 - )は、日本の政治家。立憲民主党の山口県第1区総支部長。

経歴[編集]

山口県周南市に生まれる。 徳山高等学校から山口大学へ進学。1996年山口大学経済学部を卒業。 同年、NTT(現NTT西日本)に入社した。 青少年への教育に関心が高まり、2005年には、 「チャレンジカップ」を主催する教育企業である株式会社FCEエデュケーションに入社。その後、2012年に株式会社キャリア・クロップを設立し、主に学生、若者向けに就職支援、研修を行う。 2015年 千葉県鎌ケ谷市議会議員初当選。 市議会議員の職務に打ち込む中で、国政への意欲が高まり、2017年 3月26日 民進党山口県第1区総支部長に着任。 2017年 9月28日 山口県第1区から希望の党公認で衆議院議員に立候補したが、 自由民主党公認の高村正大に敗れ、比例復活も果たせなかった。 その後地元周南市にて介護職に関わる。 2018年4月26日施行 鎌ケ谷議会議員選挙では、最下位当選[1]を果たす。次点とはわずか2票差の僅差。 2018年 6月に国民民主党 山口県第1区総支部長に着任。 ​2019年 7月に行われた参議院選挙に国民民主党公認で立候補し、118491票[2]を獲得するも、現職の林芳正に敗れた。 2020年 9月に立憲民主党山口県第1区総支部長に着任。


所属団体・議員連盟[編集]

  • 立憲民主党


出典[編集]

  1. 鎌ケ谷議会議員選挙過去の選挙結果
  2. 第25回参議院議員通常選挙の投開票の状況山口県選挙管理委員会事務局

外部リンク[編集]


This article "大内一也" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:大内一也.