Welcome to EverybodyWiki 😃 ! Nuvola apps kgpg.png Log in or ➕👤 create an account to improve, watchlist or create an article like a 🏭 company page or a 👨👩 bio (yours ?)...

鴨哲登志

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

鴨 哲登志(かも てつとし、1947年 - )は、日本の政治家。元習志野市議会議員(5期)。妻は全国コミュニティ・ユニオン連合会会長の鴨桃代。

来歴[編集]

山口県下関市生まれ。千葉大学教育学部附属中学校卒業[1]。県立千葉高等学校卒業後、一旦は就職するが、中央大学法学部に入学。大学在学中に全共闘運動に参加し、1971年に大学に籍を置いたまま国鉄労働組合本部書記局に就職。1976年から日本社会党・社会主義青年同盟専従職員。

1987年、習志野市議会議員選挙に出馬し、初当選を果たす。以後、5期20年間にわたって市議を務め、5期目の任期中には市議会副議長も務めた。市議在職中の所属会派は「改革クラブ」。市議在職中からは行政書士として住民向けの法律相談にも関わった。2007年4月の第16回統一地方選挙では市議選に出馬せず、無所属で習志野市長選挙に出馬したが、自民・公明両党の推薦を受けて5選を目指した現職の荒木勇市長に敗れ、落選した。2011年の同市長選挙にも「新しい風の会」を組織して立候補したが、同選挙では荒木市政の継承を主張した宮本泰介が当選し、鴨は3位に終わった。

家族・趣味[編集]

鴨の妻は、学生運動で知り合った保育士(当時は「保母」)の千葉県職員、桃代である。2人の男児の父となったが、2人とも難病となり、長男を失った。育児との両立の困難さにより桃代は退職を余儀なくされた。この経験が桃代を「非正規雇用者でも個人で参加できる労働組合」の結成へと動かし、桃代は1988年にはなのはなユニオンの書記長(同年に委員長)、2002年には全国コミュニティ・ユニオン連合会(全国ユニオン)の会長となった。夫の哲登志は妻の活動を支え、2007年の習志野市長選では桃代が妻として、かつ全国ユニオンの会長として、夫への投票を呼びかけた。

また、鴨はサッカーの愛好家であり、習志野市サッカー協会の副会長を務め、千葉県シニアリーグに参加するチーム「習志野四十雀」のメンバーとなっている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]


This article "鴨哲登志" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:鴨哲登志.