俳句の可能性

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found俳句の可能性』(はいくのかのうせい)とは、俳人の宇多喜代子が書いた随筆で、光村図書が出版する「こくご3」のために書き下ろしたもの。

内容[編集]

これは教科書を使う中学三年生に俳句の詳しい情報や俳句の意味、筆者である宇多の解釈、俳句の面白さを伝えている随筆である。

解説[編集]

この随筆には意識して読まないと分からない部分がある進出な語句もでるため注意が必要なのである。

実際にこれはこの教育文を読んだ一部の人間が簡略化し、著者の思いを述べたのでそれをここに記す。

どの子にも 涼しく風の 吹く日かな

この句について、"思い"というのは書かれていなかったが、様々な事を読者に伝えていました。

  • 「どの子」とは誰なのか
  • 風の吹いている場所はどこなのか
  • 現在のことなのか、過去のことなのか
  • 時間は午前なのか午後なのか

ここで著者は読者にこのような形は俳人がいろいろな人がそれぞれ違う想像をかきたてることができるように作ったと思われる。と述べている。まず最初に読者がこのように意識して読むとわかるという事をしてもらい、最後にこの俳句の形について述べている。

いくたびも 雪の深さを 尋ねけり

子規は重い病気で病院のベッドで横になっていたとき、ふと小さく開いた障子から雪が激しく降っているのを見つけました。しかしベッドから下りることが出来ず、雪がどれ程積もったか確かめられない子規が病室を出ていく看護士や家族に幾度もどれぐらい積もったと聞いたのです。皆は「足首が埋まるぐらいまで積もったよ」「膝の辺りまで積もったよ」と言いました。それを聞いた子規は公園ではどのくらい雪が積もっているのだろう。と想像をした。著者は「けり」を特別な言葉で「切れ字」という事を読者に伝えていた。

跳箱の 突き手一瞬 冬が来る

体育館で跳び箱を跳んだ瞬間をカメラで撮ると自分では感じない「冬だ。」と思える大気が見える。「一瞬」と「跳箱」全くもって無関係ではあるが、意識して読むことで、作者がこの二つを一つにして冬が来たこと、季語がなくても季節がわかるようにしてあることが感じられる。冬は長いが、あえてそこを一瞬という形にして表現できたのも俳句のいいところである。

たんぽぽの ぽぽと絮毛の たちにけり

たんぽぽの「ぽ」という言葉を意識して言ってみよう。すると唇が丸くなり、声の響きもよくなるのだ。これは句にも出てくる「たんぽぽ」の丸くて軽い様子を表している。

分けいつても分けいつても青い山

この句は「っ」を「つ」にしており、また、五・七・五という正確なリズムではない。また季語が入っておらず、春夏秋冬の分からない俳句。しかし、それも俳句のいいところである。

後書き[編集]

俳句はいろいろな言葉や約束があり、難しいと思うかもしれないが、特別な言葉で作らなくてもいい、紹介した俳句にはどれも身近なものが沢山ある。意識すれば家族や友人、そこら辺の石、雑草、今君が使っている鉛筆、全てが俳句の主役になる。俳句を作る時にカッコよくしようとか、難しくしようとか考えなくていい。ただこれにしようと思えば、その思ったことは俳句になる。難しく考えず、気軽に俳句を書けばいい。その俳句は、その時の自分の思いや気持ちを書いたある意味アルバムなのだ。

語句[編集]

俳句の可能性には様々な俳句の約束、語句がでる、それを踏まえてこの俳句の可能性を今一度読んでほしい。

  • 定型
    • 俳句のルールである五・七・五のリズムを定型という。このルールには種田山頭火の使用する自由律俳句のように例外が存在する。

歳時記[編集]

歳時記とは季節の言葉をまとめた本。俳句では季語を分類し、解説や例句を付けたものをいう。

外部リンク[編集]


This article "俳句の可能性" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:俳句の可能性.