伊予鉄道横河原線見奈良駅脱線事故

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 伊予鉄道横河原線見奈良駅脱線事故(いよてつどうよこがわらせんみならえきだっせんじこ)とは、2022年2月7日16時17分頃、伊予鉄道横河原線見奈良駅にて伊予鉄道3000系電車が脱線したものである。原因は現在同社と運輸安全委員会で調査中。

概要[編集]

2022年2月7日16時17分頃走行していた3000系3両編成が見奈良駅構内に進入する際ポイント付近で3306号運転台側の台車が脱線。妻面側の台車以降は脱線せず2番線側に進入していた。乗務員2名、乗客13名が乗っていたがいずれも怪我は無かった[1]

事故による影響[編集]

この事故により発生から翌日の8日終電まで梅本駅~横河原駅間では運転見合わせ、事故発生直後から高浜駅~梅本駅間での運転が行われた。不通区間である梅本駅~横河原駅間は振替バスの運行が行われたが、ほとんどの便・列車で遅延が生じた。

事故発生後〜復旧まで[編集]

振替輸送の手配はかなり早い段階で行われたが各駅での脱線事故に伴う運休や振替輸送についての掲示等は慣れない事故による社内の混乱の影響か、翌8日の午後まで行われず各駅への社員配置も充分ではなかったため利用客に混乱が生じた。2月8日10時ごろに愛媛県警察松山南警察署と運輸安全委員会の調査官2名が現地入りし現場調査を行った[2](実際には運輸安全委員会の調査官2名と国交省関係者3名)。8日12時頃に現地調査が終了し復旧作業が開始、ここでパンタグラフを下げ電源遮断、作業開始から約6時間後の18時頃に当該の3306の復旧が完了、同時に破損したポイント(発条転轍機)や枕木、レールの復旧が開始された。当該編成は8日夜見奈良駅→松山市駅間を自力で走行、翌9日午前5時ごろに松山市駅→古町駅併設の車庫に回送され完全復旧し9日始発より運転を再開した。[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. 伊予鉄道が一部区間で脱線”. NHK. 2022年2月7日閲覧。
  2. 伊予鉄道脱線 運輸安全委が調査”. NHK. 2022年2月8日閲覧。
  3. 伊予鉄 脱線の横河原線が運転再開”. NHK. 2022年2月9日閲覧。


This article "伊予鉄道横河原線見奈良駅脱線事故" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:伊予鉄道横河原線見奈良駅脱線事故.