京急線衝突脱線事故

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


京急線衝突脱線事故とは、横浜市神奈川区の京急本線神奈川新町駅〜仲木戸駅間の踏切で起きた13t大型トラックと快特電車(8両編成)との衝突脱線事故である。この事故ではトラックの運転手67歳が死亡、電車内の乗客34名が負傷した。

概要[編集]

2019年9月5日午前11時40分ごろ、横浜市神奈川区の京急線の踏切でトラックと快特電車(8両編成) 衝突し、先頭から3両目までが脱線した。 この事故により、トラックを運転していた67歳の男性一人が死亡、34人がけがをした。[1]

現場当時の状況[編集]

現場には、トラックの荷台の中のみかんが散乱しており、1両目は大きく傾き脱線、同じく2・3両目も脱線した。 そして、事故当時、京急の職員が踏切で非常停止ボタンを押していたことが新たに分かった。[2]

脚注[編集]


This article "京急線衝突脱線事故" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:京急線衝突脱線事故.