ルパン三世に登場する架空国家一覧

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

ルパン三世のロゴ

ルパン三世に登場する架空国家一覧(ルパンさんせいにとうじょうするかくうこっかいちらん)は、モンキー・パンチ原作のルパン三世に登場する、架空の国家を一覧にしたものである。

この一覧は未完成です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています

一覧[編集]

カリオストロ公国
  • 登場作品 - ルパン三世 カリオストロの城
1979年12月15日に公開されたモンキー・パンチ原作のアニメ ルパン三世の劇場映画第2作「カリオストロの城」に登場する小さな公国。カリオストロ公が統治するが、作品中では分家の伯爵が摂政となって統治しているようである。
カリオストロ公国の人口はおよそ3,500人という設定である。地理上の正確な位置は不明であるが、劇中の新聞などの資料から、公国では主にフランス語が公用語と推定さるが、作中にはカールやグスタフなどはドイツ系の名を持つ人物が登場しているため、恐らくフランス系とドイツ系の国民が混在する国家と思われる。また、地理的にはフランスとドイツに挟まれた場所にあるものと推定される。フランスとドイツに挟まれた小さな国と言えばルクセンブルク大公国があるが、「世界一小さな国連加盟国(バチカンよりは大きいが、かなり小さいものの、カーチェイスを繰り広げられるほどの面積は保有している)」とあるため、ルクセンブルクより面積は小さいと思われる。
壮麗な塔を持つ歴史のあるカリオストロ城と湖上の城下町、古代ローマ時代に作られた水道橋を持ち、周囲を美しい山々と湖に囲まれた、緑豊かな国である。また、作品のクライマックスでは湖の対岸にある公家の庭園の池底には、壮麗な古代ローマの遺跡がほぼ無傷な状態で残っていた。なお、作中では城を中心とする首都と思しき町以外に街らしいものは登場していない。
カリオストロ家の家紋は下半身が魚になったヤギ座のヤギをモチーフにした紋章を使用している。紋章の中には分割が見受けられないことから、古代から血統を守り続けている、西洋ではまれな公家一族と思われる。
西ドロア
  • 登場作品 - LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標
アニメ ルパン三世の「LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標」に登場する国。東西に分断されているドロア国の西側の国家で、おそらくモデルは東西分裂時代の西ドイツ。
東ドロア
  • 登場作品 - LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標
アニメ ルパン三世の「LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標」に登場する国。東西に分断されているドロア国の東側の国家で、おそらくモデルは東西分裂時代の東ドイツ。この作品のカギとなってくる暗殺事件の被害者歌姫クイーン=マルタがいた。
マランダ共和国
  • 登場作品 - LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標
アニメ ルパン三世の「LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標」に登場する共和国。

関連項目[編集]

  • ルパン三世


This article "ルパン三世に登場する架空国家一覧" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:ルパン三世に登場する架空国家一覧.