リモート実務検定

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索
リモート実務検定
英名 remote working examination
略称 R検・リモート検定
実施国 日本の旗 日本
資格種類 民間資格
分野 コンピュータ・情報処理
試験形式 CBT(Computer Based Testing)
認定団体 リモート実務検定協会
認定開始年月日 2020年
等級・称号 3級
公式サイト http://remotejitsumu.work/
特記事項 検定の実施・運営は、リモート実務検定協会が担当。
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

リモート実務検定(りもーとじつむけんてい)は、リモート実務検定協会が認定するリモート実務に関する民間資格である。

概要[編集]

就活生、転職活動者や企業のためのリモート業務に必要な知識とノウハウを問う検定。

  • リモート実務能力を客観的に評価することができる。
  • 学生、社員のリモート実務知識の習得に利用できる。
  • リモートワーク実施時において遵守する必要がある法令を学習できる。
  • 合格者は履歴書やエントリーシートの資格欄や名刺に書くことができる。
  • 就職、転職、昇格試験などでのアピールポイントにすることができる。
  • 社員のリモート実務能力を客観的に計ることができ、配属先等の評価基準の一つとして利用できる。
  • オンライン(インターネット)で受験できる。
  • 受験申込み~合格証の発行を、オンライン(インターネット)で行える。

受験資格[編集]

学歴・年齢・性別・国籍による制限はない。

検定級[編集]

  • 3級 これからリモート業務を行う就活生、転職活動者、企業のための入門的な基礎知識などが問われる。
    • リモートワークとは
    • リモートワークの種類
    • リモートワークが生まれた背景
    • 政府機関によるリモートワーク普及に向けた取組み
    • 地方自治体によるリモートワーク普及に向けた取組み
    • リモートワークを導入することのメリット
    • リモートワーク導入に必要な要素
    • リモートワークにおける適切な労務管理
    • 労働基準法の適用に関する留意点
    • リモートワークにおける適切な執務環境
    • リモートワークにおける適切な情報通信システム
    • リモートワークにおけるセキュリティ対策    ほか

受験資格-学歴・年齢・性別・国籍による制限はない。 試験方式-CBT(Computer Based Testing)

検定実施日[編集]

2020年9月5日~11日の各日

試験会場[編集]

全国のCBTテストセンター

外部リンク[編集]

スクリプトエラー: モジュール「navbox/former」はありません。


This article "リモート実務検定" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:リモート実務検定.