ヒトの性的反応周期

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found ヒトの性的反応周期(ヒトのせいてきはんのうしゅうき、human sexual response cycle)は、生理学的反応の性的刺激への4期のモデルであり[1]、これは、発生順に、興奮、平坦、オルガスム、そして消退の各期である。この生理学的反応モデルは、William H. Masters と Virginia E. Johnsonによって、その1966年の著書『Human Sexual Response』で、最初に公式化された[1][2]。それ以来、ヒトの性的反応に関する他のモデルが、ヒトの性的反応周期モデルの特定の不正確さを批判した数人の学者によって公式化されてきた。

興奮期[編集]

興奮期(excitement phase)( 覚醒期(arousal phase)または 初期興奮期(initial excitement phase)としても知られる)は、ヒトの性的反応周期の第1段階であり、これは、キス、メイキングアウト、空想、そしてエロ画像の表示のような身体的または精神的なエロティックな刺激の結果として発生し、それは性的興奮につながる。この段階中は、身体は性交の準備をし、最初は平坦期につながる[1]。前戯の長さと使用される刺激方法の好みに関しては、広い社会文化的なバリエーションがある[3]。前戯中の性感帯の身体的および感情的な相互作用と刺激は、通例、少なくともある程度の初期覚醒を確立する。[要出典]

両性における興奮[編集]

両性間で、興奮期は心拍数、呼吸数の増加、および血圧の上昇に結果する[1]。2006年の調査では、乳首の直接な刺激によって若い女性の約82%と若い男性の52%で性的覚醒が発生するか増強され、7〜8%だけが覚醒を減少させたと報告されている[4]。一般にセックス・フラッシュ(sex flush)と呼ばれる皮膚の血管充血は、女性の約50〜75%、男性の25%で発生する。セックス・フラッシュは、より温かい条件下でより頻繁に発生する傾向があり、より涼しい温度ではまったく現れない場合がある。

女性のセックス・フラッシュの間に、ピンク色がかった斑点が乳房の下に発達し、次に乳房、胴体、顔、手、足裏、そしてことによると全身に、広がる[1]。血管充血はまた、性的覚醒中の陰核と膣壁の黒ずみの原因である。男性のセックス・フラッシュ中に、皮膚の色は女性よりも一貫して発達しないが、しかし、通例みぞおち(上腹部)から始まり、胸全体に広がり、首、顔、額、背中、そしてときどき肩と前腕まで続く。セックス・フラッシュは通例、オルガスムが発生した直後に消えるが、しかし、これには最大2時間ほどかかる場合があり、ときどき、激しい発汗が同時に起こる。フラッシュは通例、表われた順序とは逆に減少する[2]

特定の筋肉群の筋緊張(筋緊張亢進)の増加は、自発的および非自発的に発生し、男女間でこの段階で始まる[2]。テンプレート:Clarification neededまた、外部の肛門括約筋は、接触すると(または後でオルガスム中に接触せずに)ランダムに収縮することがある。

男性における興奮[編集]

男性では、陰茎が部分的または完全に勃起するとき、興奮期の始まりが観察され、しばしば、ほんの数秒間のエロティックな刺激の後である[1]。勃起は部分的に失われ、長時間の興奮期で繰り返し回復する可能性がある。両方の睾丸は会陰に向かって上向きに引き寄せられ、特に割礼された男性では、勃起に対応するために利用できる皮膚が少なくなる。また、陰嚢は、勃起過程で緊張したり厚くなったりすることがある。

女性における興奮[編集]

女性において、興奮期は数分から数時間続くことがある。血管充血の発症は、女性の陰核、小陰唇、および膣の腫れを引き起こす。膣口を取り巻く筋肉が引き締まり、子宮は上昇しサイズが大きくなる。膣壁は潤滑性の有機液体を生成し始める[1]。その間、乳房はわずかに大きくなり、乳首は固くなり勃起する。

平坦期[編集]

平坦期(plateau phase)は、オルガスムにさきだつ性的興奮の期間である。この期は、男女の循環と心拍数の増加、刺激の増加による性的快楽の増加、および筋肉の緊張のさらなる増加を特徴としている。また、呼吸は高められたレベルで継続する[1]。オルガスム期に進行せずにプラトー期に長時間あると、性的欲求不満が生じる可能性がある。

男性における平坦[編集]

この期では、男性の尿道括約筋が収縮し(尿が精液と混ざるのを防ぎ、逆行性射精を防ぐため)、陰茎の付け根の筋肉は、安定したリズミカルな収縮を始める[1]。男性は精液または尿道球腺液を分泌し始め、睾丸は身体に近づく可能性がある。

女性における平坦[編集]

女性の平坦期は、基本的に興奮段階における明らかな同じ変化の継続である。陰核は非常に敏感になり、わずかに引っ込み、バルトリン腺はさらに潤滑を生成する。膣の外側3分の1の組織が膨らみ、恥骨尾骨筋が引き締まり、膣の開口部の直径が小さくなる[1]。マスターズとジョンソンは、平坦段階で発生する変化をオーガズミック・プラットフォーム(orgasmic platform)と呼んでいる。オルガスムにけっして達しない人々にとって、これは性的興奮のピークである。

オーガスム期[編集]

オルガスムは男性と女性の両方によって経験され、性的反応周期の平坦期を終わらせる。オルガスムは、肛門と一次性器との両者を取り囲む下部骨盤筋の筋肉収縮の速いサイクルを伴なう。[要説明]オルガスムはしばしば、身体の他の領域での発声と筋肉のけいれん、そして一般的に陶酔感覚をふくむ、他の『非自発的な』(involuntary)行為と関連している。心拍数はさらに増加する[1]。タントラ的セックスの慣行は、性交の一般的な目標であることが多いオルガスムを達成するという目標を減らそうとする場合がある。

男性におけるオルガスム[編集]

男性では、オルガスムは通例、射精と関連している。各排出は、特に陰茎と腰で、性的快楽の継続的な脈動を伴なう[1]。他の感覚は、脊椎下部あるいは背中下部で強く感じられる場合がある。1回目と2回目のけいれんは通例、感覚が最も強いし、最大量の精液を生成する。その後、各収縮は、精液の量の減少と、より穏やかな快感に関連している[1]

女性におけるオルガスム[編集]

女性は子宮と膣収縮も経験する。女性におけるオルガスムは個人によって大きく異なる。それらは一般的に膣の潤滑の増加、膣壁の引き締め、そして全体的な喜びに関連している[1]。一部の女性には、潮吹き (女性器)(「"squirting"」とも呼ばれる)の可能性がある。

消退期[編集]

消退期(しょうたいき、resolution phase)は、オルガスムの後に起こるし、筋肉がリラックスし、血圧が下がり、そして身体が興奮状態からスロー・ダウンすることを可能にする[1]。不応期は、消退期の一部であり、通例、男性はふたたびオルガスムしないが、女性も不応期を経験する可能性がありますが、することができない時間枠である。

男性における消退[編集]

マスターズとジョンソンは、陰茎の2段階の腫脹を記述した――最初の段階では、陰茎は勃起状態から弛緩状態よりも約50パーセント大きくなる。これは不応期に起こる。第2段階(および不応期が終了した後)では、陰茎のサイズが小さくなり、弛緩状態に戻る[2]男性が不応期にオルガスムに達することは一般的に不可能である[2][5][6]。マスターズとジョンソンは、男性が再び興奮する前に、この期間を終了しなければならないと主張している[7]

不応期のため、男性が『複数のオルガスム』(multiple orgasms)に達することはまれであるけれども[8][9]一部の男性は、特に射精なしで、複数の連続したオルガスムを持っていると報告されている[10]。複数のオルガスムは、老いた男性よりも非常に若い男性でより一般的に報告されている[10]。若い男性では、不応期はわずか数分間しか続かないかもしれないが、しかし年配の男性では1時間超続く[11]

女性における消退[編集]

マスターズとジョンソンによると、女性は効果的な刺激があるかぎり、非常にすばやくふたたびオルガスムする能力がある。その結果、彼女らは比較的短期間で『複数のオルガスム』(multiple orgasms)を持つことができる[2][7]。女性は不応期を経験しないために、最初のオルガスムの直後に追加のオルガスムまたは複数のオルガスムを経験する可能性があると一般的に報告されているけれども[5][6]、いくつかの情報源は、男性と女性が不応期を経験すると述べている、なぜなら、女性はオルガスムの後、さらなる性的刺激が興奮を引き起こさない期間も経験する可能性があるから[12][13]。一部の女性にとって、クリトリスはクライマックス後に非常に敏感であり、そのために最初は追加の刺激が痛くなる[14]。最初のオルガスムの後、刺激が蓄積するにつれて、女性のその後のオルガスムも、より強くなるか、より楽しいものになる可能性がある[14][15]

両性の同一点と相違点[編集]

『性的覚醒』期では、性器の血圧が上昇する。これは、陰茎(上段)または陰核と陰唇(下段)の腫れにつながる。

マスターズとジョンソンは、いくつかの小さな違いにもかかわらず、男性と女性の両方の性的反応は基本的に類似していると主張している[1][2]。しかしながら、研究者らは、男性と女性の間には反応の点で多くの違いがあると主張している。まず、マスターズとジョンソンは男性用に1つのモデルを発表したが、しかし女性向けには3つの異なるモデルを発表した。彼らは、男性の性的反応は持続時間の点でのみ異なると述べた。したがって、異なるモデルを表示することは繰り返しになるだろう。一方、彼らは女性は強度と持続時間の両方が異なる反応を示す可能性があると述べている[2]。これらのバリエーションは問題を引き起こす可能性がある、なぜなら心理学者らは、誰もがこのモデルに適合するわけではないと主張しているから。たとえば、ほとんどの女性は、貫通性交中にオルガスムしない[16]。マスターズとジョンソンはまた、興奮期に男性の勃起を女性の膣分泌液と同一視する。Roy Levinは、この観察は誤りであると述べている。女性の陰核は、男性の陰茎と解剖学的平行物である。結果として、陰核の腫れは男性の勃起の相当物であるだろう[17]

別の側面は、主観的な性的覚醒と性器的覚醒の間の一致の欠如である。メレディス・L・チバース(Meredith L.Chivers)とJ・マイケル・ベイリー(J. Michael Bailey)による調査は、男性はカテゴリー固有の覚醒を示す傾向があることを示す。つまり、彼らは彼らの選好された性別によって性的に覚醒させられる。しかしながら、女性はカテゴリを非特異的に示す――彼女らの性器は、選好された性別と選好されざる性別の両方に覚醒を示す[18][19]。たとえ、女性が主観的に、たとえば性行為に従事する男女に興奮していると報告されても、彼らの性器はまた、性的活動に従事している男性2人に、そうしている女性2人、そしてセックスをしているヒト以外の動物にさえ性的興奮を示す[20]

全体として、マスターズとジョンソンのモデルは、女性のよりも男性の性的反応の良い例であるようにおもわれる[21]

批判[編集]

マスターズとジョンソンのモデルに基づいて行われた多くの研究がある。しかしながら、性的反応の諸段階の説明には不正確さが見られる。たとえば、Roy Levinは、触れられていなかったモデルのいくつかの領域を特定した[22]。まず、マスターズとジョンソンは、覚醒段階では膣のみが潤滑される、と述べている。レビンは、陰唇が独自の潤滑剤を生成する、と主張している。レビンはまた、女性の生理的覚醒の最初の兆候は、潤滑ではなく、膣への血流の増加であることを示す研究を発表している。彼はまた、男性とその性的反応に関する情報を払拭する。マスターズとジョンソンは、喜びが、放出された射精の量と積極的に関連していると報告しているが、しかし、ローゼンバーグ、ハザード、トールマン、そしてオールは、男性のグループにアンケートを行ない、かなり多くの男性が、ボリュームと比較して、肉体的な喜びが射精の強さに関連していると報告していることを発見した[23]。そのうえ、一部の研究者は、マスターズとジョンソンが報告したことにもかかわらず、一部の男性が複数のオルガスムを持つ可能性があることを発見した[24][25]

一部の研究者はまた、マスターズとジョンソンが生理学の観点からのみ性的反応を定義している方法を批判している。たとえば、EveraerdとLaanは、性的覚醒は男性と女性の両方における感情的な状態として定義できることを発見した[26]。また一部の研究者は、女性の主観的な性的覚醒と性器的覚醒の間には一致を欠いている、と述べている[16][18]。ローズマリー・バッソン(Rosemary Basson)は、このモデルは、特に長期的な関係にある女性にとっては、女性の性的反応を十分に説明していない、と主張している[16][27]

他のモデル[編集]

マスターズとジョンソンが本を出版した直後、何人かの学者はヒトの性的反応周期のモデルを批判した。たとえば、ヘレン・シンガー・カプラン(Helen Singer Kaplan)は、マスターズとジョンソンは生理学的観点から性的反応を評価しただけである、その心理的、感情的、および認知的要因を考慮に入れる必要がある、と主張した。その結果、彼女は3つのフェーズを含む性的反応周期のモデルを提案した――欲望、興奮、そしてオルガスム。彼女は、これらの3つのフェーズは相互に関連しているが、それらは神経生理学的メカニズムが異なる、と主張している[28]。同様に、ポール・ロビンソン(Paul Robinson)は、興奮期と平坦期は同一である、と主張した。彼は、興奮期がいつ終了するか、そして平坦期がいつ始まるかを明確に区別していないとしてマスターズとジョンソンの仕事を批判している[29]

発表されたもう1つのモデルは、インセンティブ動機モデル(incentive-motivation model)である。そのモデルでは、セックスへの欲求は、敏感な性的反応システムと環境に存在する刺激との相互作用から来る、と説明されている。研究者らは、このモデルは性的欲求が自発的ではないという考えを支持している、と主張している。さらに、このモデルは、事実は、性的欲求を感じるためにセックスをする、というよりむしろ、事実はセックスをしているから性的欲求を感じる、ということを意味する[30]

ローズマリー・バッソン(Rosemary Basson)は、性的反応の代替モデルを提案した。彼女は、線形モデルは男性の性的反応を説明するのに優れているが、女性の性的反応を説明するのは不十分である、と主張している。したがって、彼女は『円形モデル』(circular model)を発表した[27]。彼女は、パートナーへの親密さや愛着が性的刺激の効果を高める、と述べている。これは性的興奮の増強につながるし、最終的にはオルガスムを引き起こす可能性がある。その結果、このポジティブな性的興奮は、女性が感じる性的欲求を継続させるし、この欲求はパートナーとの親密さを増す。また一部の研究者は、この新しいモデルの観点から女性の性的機能を評価しようとしたが、矛盾した結果を発見した。GilesとMcCabeによっておこなわれたある研究では、性的反応の線形モデルが女性の性的機能(と機能不全)の優れた予測因子であるのに対し、円形モデルは不十分な予測因子であることがわかった[31]。ひとたびモデルの経路を変更すると、円形モデルは性的機能の優れた予測因子になった[31]。マレーシアの女性を調べた別の研究では、研究者らは、円形モデルが実際には女性の性的欲求と覚醒の良い予測因子であることを発見した[32]。円形モデルが女性の性的反応をより正確に説明しているかどうかを示すために、この分野でさらに研究を行なう必要がある。

性機能障害[編集]

ヒトの性的反応周期は、男性と女性の性機能障害を研究し分類するための基礎を築いた[33][34]。性機能障害には主に4つのカテゴリーがある――欲求障害、覚醒障害、オルガスム障害、および性的疼痛障害。それらはまだ『DSM-IV-TR』でそのように分類されている。しかしながら、最近の研究では、これらの機能障害をより適切に治療するために、性的反応の現在のモデルを修正する必要があることが示唆されている。一つの理由は、女性の性機能障害の間にはかなりの重複がある、ということである[35]。ある研究では、性的欲求低下障害(hypoactive sexual desire disorder)(HSDD)の患者では、女性の41%に少なくとも1つの他の性的機能障害があり、18%に3つのカテゴリーすべて(つまり、欲求、覚醒、およびオルガスム障害)の診断があった[36]

もう一つの問題は、女性の間で、欲求と覚醒の間に食い違いがあるということである。シンシア・グラハム(Cynthia Graham)は、女性の性的興奮障害(female sexual arousal disorder)(FSAD)を批判的に評価した後、女性らが、マスターズとジョンソンのモデルに反して、性的興奮が性的欲求に先行するときもあれば、覚醒の前に提示された欲求が するときもあると報告していることを発見した[37]。HSDDとFSADの併存症率が高いために、彼女はそれらを統合して「性的関心/覚醒障害」("Sexual Interest/Arousal Disorder")のカテゴリーにしたいと考えている。ハートマンと同僚らは、性的反応周期の現在のモデルについての彼らの見解を要約し、「DSM-IV基準と従来の応答サイクル分類システムを単純に拡張して継続するだけでは、実際の女性の性的問題を適切に反映する診断カテゴリーとサブタイプに到達することは不可能である」("by simply expanding and continuing DSM-IV criteria and the traditional response cycle classification systems, it is impossible to come to diagnostic categories and subtypes that adequately reflect real-life female sexual problems")と結論付けている[38]

脚注[編集]

  1. 1.00 1.01 1.02 1.03 1.04 1.05 1.06 1.07 1.08 1.09 1.10 1.11 1.12 1.13 1.14 1.15 John Archer; Barbara Lloyd (2002). Sex and Gender. Cambridge University Press. pp. 85–88. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 0521635330. https://archive.org/details/sexgender0000arch_l8q2  エラー: 日付が正しく記入されていません。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 2.7 Masters & Johnson Human Sexual Response, Bantam, 1981 モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。978-0-553-20429-2; 1st ed. 1966
  3. Gray, JP (June 1980). “Cross-Cultural Factors Associated with Sexual Foreplay”. The Journal of Social Psychology 111 (1): 3–8. doi:10.1080/00224545.1980.9924266. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。PMID 2818169. 
  4. The Journal of Sexual Medicine, Vol 3, May 2006. by Roy Levin.
  5. 5.0 5.1 Rosenthal, Martha (2012). Human Sexuality: From Cells to Society. Cengage Learning. pp. 134–135. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 9780618755714. https://books.google.com/books?id=d58z5hgQ2gsC&pg=PT154  エラー: 日付が正しく記入されていません。
  6. 6.0 6.1 The Sexual Response Cycle, University of California, Santa Barbara, http://www.soc.ucsb.edu/sexinfo/article/the-sexual-response-cycle 2012年8月6日閲覧。 
  7. 7.0 7.1 Dunn ME, Trost JE (October 1989). “Male multiple orgasms: a descriptive study”. Archives of Sexual Behavior 18 (5): 377–87. doi:10.1007/BF01541970. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。PMID 2818169. 
  8. See 133–135 Archived April 2, 2016, at Wikiwix、オルガスム情報、そしてpage 76 Gスポットおよび膣神経終末情報。Rosenthal, Martha (2012). Human Sexuality: From Cells to Society. Cengage Learning. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-0618755714 
  9. Andrology for the Clinician. Springer Science & Business Media. (2006). pp. 105. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 0495812943. https://books.google.com/books?id=5Ts_AAAAQBAJ&pg=PA105 
  10. 10.0 10.1 Our Sexuality. Cengage Learning. (2010). pp. 175–176. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-0495812944. https://books.google.com/books?id=MpRnPtmdRVwC&pg=PA175 
  11. Human Reproductive Biology. Academic Press. (2013). p. 146. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-0123821850. https://books.google.com/books?id=M4kEdSnS-pkC&pg=PA146 
  12. Daniel L. Schacter; Daniel T. Gilbert; Daniel M. Wegner (2010). Psychology. Macmillan. p. 336. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-1429237192. https://books.google.com/books?id=emAyzTNy1cUC&pg=PA336  エラー: 日付が正しく記入されていません。
  13. Irving B. Weiner; W. Edward Craighead (2010). The Corsini Encyclopedia of Psychology. 2. John Wiley & Sons. p. 761. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-0470170267. https://books.google.com/books?id=pa5vKqntwikC&pg=PA761  エラー: 日付が正しく記入されていません。
  14. 14.0 14.1 Rathus, Spencer A.; Nevid, Jeffrey S.; Fichner-Rathus, Lois; Herold, Edward S.; McKenzie, Sue Wicks (2005). Human Sexuality In A World Of Diversity (Second ed.). New Jersey, US: Pearson Education 
  15. Rachel Nuwer (2016年7月1日). “The enduring enigma of female sexual desire”. BBC- Future. http://www.bbc.com/future/story/20160630-the-enduring-enigma-of-female-desire 2017年9月12日閲覧。 
  16. 16.0 16.1 16.2 Basson, R. (2000). "The female sexual response: A different model". Journal of Sex and Marital Therapy 26, 51–65.
  17. Levin, R. J. (2008). "Critically revising aspects of the human sexual response cycle of Masters and Johnson: Correcting errors and suggesting modifications". Sexual and Relationship Therapy 23(4), 393-399.
  18. 18.0 18.1 Chivers, Meredith; Bailey, JM (October 2005). “A sex difference in features that elicit genital response”. Biological Psychology 70 (2): 115–120. doi:10.1016/j.biopsycho.2004.12.002. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。PMID 16168255. 
  19. Chivers, Meredith (November 2005). “A brief review and discussion of sex differences in the specificity of sexual arousal”. Sexual and Relationship Therapy 20 (4): 337–390. doi:10.1080/14681990500238802. 
  20. Chivers, Meredith; Seto, Michael; Blanchard, Ray (2007). “Gender and Sexual Orientation Differences in Sexual Response to Sexual Activities Versus Gender of Actors in Sexual Films”. Journal of Personality and Social Psychology 93 (6): 1108–1121. doi:10.1037/0022-3514.93.6.1108. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。PMID 18072857. http://indiana.edu/~sexlab/files/pubs/Chivers_Seto_Blanchard_2007.pdf 2018年8月21日閲覧。. 
  21. Giles, Katie; McCabe, Marita (October 2009). “Conceptualizing women's sexual function: linear vs. circular models of sexual response”. Journal of Sexual Medicine 6 (10): 2761–2771. doi:10.1111/j.1743-6109.2009.01425.x. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。PMID 19686428. 
  22. Levin, R. (2008). "Critically revisiting aspects of the human sexual response cycle of Masters and Johnson: Correcting errors and suggesting modifications". Sexual and Relationship Therapy 23(4), 393-399.
  23. Rosenberg, M. T., Hazzard, M. A., Tallamn, C. T., & Ohl, D. A. (2006). "Is the amount of physical pleasure with ejaculation related to volume or strength and force of ejaculation?" The Journal of Sexual Medicine 3(s1), 14-69.
  24. Hartman, W. & Fithian, M. (1984). Any Man Can: The Multiple Orgasmic Technique for Every Loving Man. New York: St. Martin's Press.
  25. Zilbergeld, B. (1992). The New Male Sexuality. New York: Bantam Books.
  26. Both, S., Everaerd, W., Laan, E. (2003). "Modulation of spinal reflexes by aversive and sexually appetitive stimuli". Psychophysiology, 40, 174-183.
  27. 27.0 27.1 Basson, R. (2001). "Using a different model for female sexual response to address women’s problematic low sexual desire". Journal of Sex & Marital Therapy, 27, 395-403.
  28. Kaplan, H. S. Disorders of Sexual Desire. New York: Brunner/Mazel, Inc., 1979
  29. Robinson, P. The Modernization of Sex: Havelock Ellis, Alfred Kinsey, William Masters and Virginia Johnson. New York: Harper & Row, Publishers, 1976
  30. Laan, E. & Both, S. (2008). "What makes women experience desire?" Feminism & Psychology 18(4), 505-514.
  31. 31.0 31.1 Giles, K. R. & McCabe, M. P. (2009). "Conceptualizing women's sexual function: Linear vs. circular models of sexual response". The Journal of Sexual Medicine 6, 2761-2771.
  32. Sidi, H., Naing, L., Midin, M., and Nik Jaafar, N. R. (2008). "The female sexual response cycle: Do Malaysian women conform to the circular model?" The Journal of Sexual Medicine 5, 2359–2366.
  33. Masters, W. H. & Johnson, V. E. (1970). Human Sexual Inadequacy. Toronto; New York: Bantam Books.
  34. Kaplan, H. S. (1974). The New Sex Therapy: Active Treatment of Sexual Dysfunctions. New York: Brunner/Mazel, Publishers, Inc.
  35. Balon, R., Segraves, R. T., & Clayton, A. (2007). "Issues for DSM-V: Sexual dysfunction, disorder, or variation along normal distribution: Toward rethinking DSM criteria of sexual dysfunctions". American Journal of Psychiatry, 164(2), 198-200.
  36. Segraves, R. T. & Segraves, K. B. (1991). "Hypoactive sexual desire disorder: Prevalence and comorbidity in 906 subjects". Journal of Sex and Marital Therapy, 17, 55-58.
  37. Graham, C. A. (2009). "The DSM diagnostic criteria for female sexual arousal disorder". Archives of Sexual Behavior, 39, 240–255.
  38. Hartmann, U., Heiser, K., Ruffer-Hesse, C., & Kloth, G. (2002). "Female sexual desire disorders: Subtypes, classification, personality factors and new directions for treatment". World Journal of Urology, 20, 79-88.

外部リンク[編集]


This article "ヒトの性的反応周期" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:ヒトの性的反応周期.